本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

まとめ記事 初心者の方におすすめ 海外取引所

日本人でも使える海外取引所おすすめ5選を紹介!選ぶ際の注目ポイントも解説

仮想通貨への投資に関心がある方の中には、海外取引所の利用を検討している方もいるだろう。

しかし海外取引所は、

  • 日本人を受け入れているのはどの海外取引所か?
  • 海外取引所各社でどんな違いがあるのか?

といったことが分かりにくい。

そこで今回は、日本人でも使える海外取引所の中からおすすめ5社をピックアップし、サービスの概要や他社との違いなどを解説していく。

海外取引所選びで迷っている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてもらいたい。

この記事からわかること

  • おすすめの海外取引所5社の違い
  • おすすめ海外取引所5社の魅力と難点(デメリット)
  • 海外取引所を比較する際の注目ポイント

日本人でも使える海外取引所一覧(比較表)

まずは、これから紹介するおすすめ海外取引所5社を一覧に取りまとめた。

取扱銘柄数や手数料などをよく見比べて、自分に合った仮想通貨取引所を見つけるための手がかりにしてもらいたい。

ちなみに今回紹介する5社は、いずれも言語表記に関しては日本語に対応しており、英語が不得手な方でも問題なく使える形になっている。

BybitBitgetKuCoinGate.ioMEXC
取扱銘柄数*11,000種類以上630種類以上700種類以上1,700種類以上1,700種類以上
現物取引:手数料Maker:0.005~0.1%
Taker:0.015~0.1%
Maker:0.0125~0.1%
Taker:0.035~0.1%
Maker:-0.005~0.3%
Taker:0.025~0.3%
Maker:0.0~0.2%
Taker:0.02~0.2%
Maker:0.0~0.1%
Taker:0.0~0.1%
先物取引:手数料Maker:0.0~0.02%
Taker:0.025~0.055%
Maker:0.008~0.014%
Taker:0.032~0.042%
Maker:-0.01~0.02%
Taker:0.03~0.06%
Maker:0.0~0.015%
Taker:0.02~0.05%
Maker:0.0%
Taker:0.02%
日本語対応
自動売買(ボット)
コピートレード
トラベルルール通知対象国通知対象国
(Sygna)
評価スコア*27.26.77.46.66.4
公式サイトBybit公式サイトBitget公式サイトKuCoin公式サイトGate.io公式サイトMEXC公式サイト
*1:2024年1月時点 *2:CoinMarketCap調べ(2024年1月時点)

日本人でも使える海外取引所おすすめ5選

続いては、先ほど一覧で紹介した海外取引所5社のサービス概要特徴を個別に見ていこう。

Bybit(バイビット)

Bybitのトップ画面
取扱銘柄数*1,000種類以上
取引手数料現物取引*
⇒ Maker 0.10%、Taker0.10%
先物取引*
⇒ Maker 0.01%、Taker0.06%
*割引プログラムあり
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
主要なサービス現物取引(取引所)
ワンクリック購入
マージン取引
取引ボット
コピートレード
ステーキング
レンディング
日本語表記
公式サイトBybit公式サイト
*2024年1月時点

Bybitの特長・魅力

  • 1,000種類以上*の仮想通貨を扱っている
  • デリバティブ取引の種類が豊富
  • 低コストで仮想通貨を売買できる
  • レンディングやステーキングなど、取引以外のサービスも充実
  • トラベルルールの対象外(通知対象国外)

*2024年1月下旬時点

Bybitのデメリット

  • 一部の競合と比べると、取扱銘柄が少ない

Bybit(バイビット)は、世界160か所の国と地域でサービスを展開し、2,000万人以上のユーザーを抱えている人気の海外取引所だ。

1,000種類以上の仮想通貨がラインナップされており、それらを0.1%以下*のリーズナブルな手数料で売買することができる。*現物取引の場合

また現物取引だけでなく、レバレッジ取引取引ボット(自動売買ツール)コピートレードステーキングなど、多彩なサービスが用意されている。

競合他社と取扱銘柄数を比べると、MEXCGate.ioなど、Bybitのラインナップを上回るところもある。

しかし他社に劣る部分と言えばその程度で、基本的には大きな落ち度が見当たらない、総合的に優れた事業者となっている。

Bybit公式サイトはこちら

Bitget(ビットゲット)

Bitgetのトップ画面
取扱銘柄数*630種類以上
取引手数料現物取引*:
Maker 0.1%、Taker0.1%
先物取引*:
Maker 0.014%、Taker0.042%
*割引プログラムあり
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる*
*割引プログラムあり
主要なサービス現物取引
先物取引
マージン(レバレッジ取引)
自動売買
コピートレード
日本語表記
公式サイトBitget公式サイト
*2024年1月時点

Bitgetの特長・魅力

  • 取扱銘柄数は630種類以上*
  • 現物取引の取引手数料は0.1%以下
  • レバレッジ取引の最大倍率は125倍
  • トラベルルールの対象外(通知対象国外)

*2024年1月下旬時点

Bitgetのデメリット

  • おすすめ5社の中ではもっとも取扱銘柄数が少ない

Bitget(ビットゲット)は、セーシェル共和国に本拠地を置く海外取引所だ。

プロサッカー選手のリオネル・メッシ氏をオフィシャルパートナーに据えて、グローバルにプロモーションをおこなっている。

サービスの内容に関しては、Bybitと同様、大きなデメリットは見られない。

割安な手数料で取引することができ、サービスのバリエーションも充実している。

ただ、あえて難点を挙げるとすれば、Bitgetは今回紹介する5社の中で取扱銘柄数がもっとも少なくなっている。

Bitget公式サイトはこちら

KuCoin(クーコイン)

KuCoin
出典:KuCoin
取扱銘柄数*700種類以上
取引手数料現物取引*:
⇒ Maker 0.10%、Taker0.10%
先物取引*:
Maker 0.02%、Taker0.06%
*「トップ仮想通貨」、「VIPレベル0」の場合
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
主要なサービス現物取引(取引所)
現物取引(クイック取引)
P2P取引
レバレッジ取引(信用取引、先物取引)
ボット取引
ステーキング
レンディング
NFTマーケットプレイス
日本語表記
公式サイトKuCoin公式サイト
*2024年1月時点

KuCoinの特長・魅力

  • 取扱銘柄数は700種類以上*
  • ユニークな仕組み投資商品にトライできる
  • レバレッジ取引の最大倍率は125倍
  • トラベルルールの対象外(通知対象国外)

*2024年1月下旬時点

KuCoinのデメリット

  • 競合他社と比べて、取引手数料がやや割高

KuCoin(クーコイン)は、世界で3,000万人以上の投資家に選ばれている人気の海外取引所だ。

先にデメリットを挙げると、今回紹介する5社の中ではKuCoinが、ユーザーにとってもっともコスト的に不利な手数料体系となっている。

KuCoinの現物取引の手数料体系では、取扱銘柄がよりメジャーな「トップ仮想通貨」から、よりマイナーな「クラスC」までの4段階に分類されている。

「トップ仮想通貨」と「クラスA」に含まれるものは競合他社と変わらない手数料で取引できるが、マイナーな「クラスB」「クラスC」の銘柄を取引する際には、やや割高な手数料が徴収されてしまう

KuCoinの手数料体系
出典:KuCoin

一方で、他社と差別化されるユニークな特長として、KuCoinには「Snowball」「Shark Fin」といった独自の仕組み投資商品が用意されている。

そうしたユニークな商品に触れてみたい方は、KuCoinを選ぶとよいだろう。

ちなみに、SnowballShark Finの仕組みについては、別途以下の記事で解説している。

興味がある方はぜひ、チェックしてみてほしい。

KuCoin公式サイトはこちら

Gate.io(ゲート・アイオー)

Gate.ioのトップ画面
出典:Gate.io
取扱銘柄数*1,700種類以上
取引手数料現物取引*:
⇒ Maker 0.20%、Taker0.20%
先物取引*:
⇒ Maker 0.015%、Taker0.050%
*割引プログラムあり
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
主要なサービス現物取引
クレジットカード決済
信用取引(レバレッジ取引)
先物取引(期限付き、無期限)
コピートレード
ステーキング
Lend&Earn(レンディング)
自動売買
日本語表記
公式サイトGate.io公式サイト
*2023年12月時点

Gate.ioの特長・魅力

  • 業界トップクラスの1,700種類以上*もの仮想通貨が揃う
  • サービスのバリエーションが豊富
  • 高い流動性の元、安定した取引が可能
  • 顧客資産の安全性が高い

*2024年1月下旬時点

Gate.ioのデメリット

  • 競合他社と比べて、取引手数料がやや割高
  • トラベルルールの通知対象国(ケイマン諸島)にある

Gate.io(ゲート・アイオー)の魅力は何といっても、その取扱銘柄の豊富さだ。

本記事執筆時点(2024年1月下旬)で、1,700種類以上もの仮想通貨がラインナップされている。

ただ手数料に関しては、競合他社よりも少しだけ割高(現物取引だと0.2%以下に設定されている。

KuCoinのような取扱銘柄のクラス分けもないため、使い様によってはKuCoinよりも、さらにコスト面の出費が増えてしまうかもしれない。

Gate.io公式サイトはこちら

MEXC

MEXCのトップ画面
出典:MEXC
取扱銘柄数*1,700種類以上
取引手数料現物取引*
⇒ Maker 0.1%、Taker0.1%
先物取引*
Maker 0.00%、Taker0.02%
*割引プログラムあり
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
主要なサービス現物取引
先物取引
レバレッジETF
コピートレード
セービング
日本語表記への対応
公式サイトMEXC公式サイト
*2023年12月時点

MEXCの特長・魅力

  • 業界トップクラスの1,700種類以上*もの仮想通貨が揃う
  • 現物取引の取引手数料が無料
  • サービスのバリエーションが豊富
  • レバレッジ取引の最大倍率は200倍

*2024年1月下旬時点

MEXCのデメリット

  • トラベルルールの通知対象国(シンガポール)にある

MEXCも先ほどのGateo.ioと同様に、業界トップクラスとなる1,700種類以上*の仮想通貨が用意されている。*2024年1月下旬時点

また取引手数料が、現物取引・先物取引ともに非常にリーズナブルだ。

唯一のデメリットとして、MEXCは「トラベルルール」の仕様上、多くの国内取引所から直接仮想通貨を送れない状態となっている。

トラベルルールに関して自身が使用している国内取引所との相性が悪い方は、いざ使ってみたときに、MEXCに不便さを感じるかもしれない。

MEXC公式サイトはこちら

海外取引所の比較ポイント

さてあらためて整理すると、自分に合った海外取引所を探す際は、以下の点にぜひ着目してみてほしい。

海外取引所の比較ポイント

  • 取扱銘柄数
  • 取引手数料
  • トラベルルールの仕様(国内取引所との相性)
  • サービスのバリエーション
  • 客観的な評価スコア

取扱銘柄数

イメージ画像

国内取引所があるにも関わらず、わざわざ海外取引所に手を伸ばす方は、その多くが国内にはない銘柄へ投資することを目的としていることだろう。

最初は目星を付けていた銘柄さえ取引できればいいかもしれないが、先々いろいろな銘柄への投資にチャレンジしていく可能性を考えると、その選択肢はできるだけ多いところの方がいいはずだ。

取引手数料

ここまで紹介してきたとおり、海外取引所の取引手数料にはそれぞれ差が見られる。

許容値には投資家それぞれに差があるだろうが、投資益の最大化を徹底的に追及するのであれば、よりコストを抑えられるところを選ぶべきだ。

トラベルルールの仕様(国内取引所との相性)

トラベルルールとは、犯罪者やテロリストによる仮想通貨の悪用を防止するためにつくられた、仮想通貨取引所間における情報共有のルールだ。

このルールの弊害として、一部の仮想通貨取引所同士では、仮想通貨を相互に送金できない状況が生まれている

そのため海外取引所を探す際には、トラベルルールへの対応状況もよく調べて、見比べておきたい。

サービスのバリエーション

海外取引所の多くは、国内取引所とは比べ物にならない、多彩なサービスを取り揃えている。

だがよくよく見ていくと、各社でそのサービスのバリエーションに違いがあることがわかる。

そのため余裕があれば、現物取引以外の各社のサービスも、よく見比べておくとよいだろう。

また、使いたいサービスが具体的に定まっている場合は、それが提供されているかどうかをあらかじめ確認しておこう。

客観的な評価スコア

海外取引所で何をしたいか定まっていない場合は、メディアによる客観的な評価スコアをもとに、利用先を選ぶのも1つの手だ。

例えばデータアグリゲーターの「CoinMarketCap」では、10点満点で、世界中の仮想通貨取引所のスコア付けがなされている。

日本人が利用できない海外取引所も含まれているが、興味がある方はぜひ、CoinMarketCapを覗いてみるとよいだろう。

CoinMarketCap:仮想通貨取引所ランキング

海外取引所の評価スコア
出典:CoinMarketCap

海外取引所に関するよくある質問

それでは最後に、海外取引所に関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • 2社以上の併用は可能ですか?
  • 年齢制限はありますか?
  • 海外取引所を使った場合の税金はどうなりますか?

2社以上の併用は可能ですか?

海外取引所は、2社以上を同時に使うこともできる。

また海外取引所の口座は無料でつくることができ、維持コストもかからない

そのためどこを使うべきか迷った場合は、とりあえず気になる海外取引所の口座を複数開設し、実際に使ってみてから利用先を決めるのも1つの手だ。

年齢制限はありますか?

大半の海外取引所は、国内取引所と同じように年齢制限が設定されている。

気になる海外取引所があれば、事前に利用規約をチェックしておくとよいだろう。

海外取引所を使った場合の税金はどうなりますか?

海外取引所を利用したとしても、日本居住者に対しては、日本の税制に従って税金の支払いが課される。

海外の税制で課税されたり、日本と海外で重複して課税されたりすることはない。

日本人でも使える海外取引所まとめ

今回は、日本人の利用を受け入れている海外取引所の中からおすすめ5社をピックアップして紹介した。

この記事のまとめ

  • おすすめ5社は、いずれも日本語表記に対応
  • 取引手数料はBybitBitgetMEXCがよりリーズナブル
  • 取扱銘柄数はGate.ioMEXCが業界トップクラス
  • Gate.ioMEXCは、トラベルルールの弊害を被っている

海外取引所は基本的にいずれも、豊富な銘柄をリーズナブルな手数料で取引できるようになっている。

しかし今回紹介したように、それぞれ取扱銘柄数サービスの内容などに少しずつ違いがある。

そうした違いをよく確認し、自分に合ったところを見つけられたら、ぜひ口座をつくり、実際に取引をするところまでチャレンジしてみてほしい。

ちなみに今回取り上げた5社の中でも、特にサービスのバランスが良いのはBybitだろう。

まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会にBybitの利用を検討してみてほしい。

Bybit公式サイトはこちら

-まとめ記事, 初心者の方におすすめ, 海外取引所
-,

Crypto Marker