本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

海外取引所

【取扱銘柄が1,700種以上】Gate.io はどんな仮想通貨取引所?特徴や評判を解説

今回取り上げるのは、海外取引所の1つ「Gate.io(ゲート・アイオー)だ。

Gate.ioは、海外取引所の中でもトップクラスとなる1,700種類以上もの仮想通貨を取り揃えており、世界中の投資家から支持を集めている。

またGate.ioは日本でもサービスを展開しており、日本人投資家からも一定の支持を得ている。

本記事ではそんなGate.ioについて、主な特徴や利用のメリット、ユーザーからの評判などを解説していく。

海外取引所の利用を検討している方は、ぜひ最後まで目を通し、今後の参考にしてもらいたい。

この記事からわかること

  • Gate.ioの基本情報
  • Gate.ioを利用するメリット
  • Gate.ioへの評判・口コミ
  • Gate.ioでの口座開設方法
  • 最初にやっておくべき設定(二段階認証、資金パスワードの設定)

Gate.ioは、日本語表記に対応していて、英語が不得手な方でも問題なく扱える。

また、口座は無料でつくることができるので、口座開設がまだの方はぜひGate.io公式サイトを覗いてみてほしい。

出典:Gate.io

Bitgetの特長

  • 取扱通貨が1,700種類以上
  • 日本語表記に完全対応
  • サービスのバリエーションが豊富
  • セキュリティ、資産保護の体制が万全

Gate.io公式サイトはこちら

Gate.io(ゲート・アイオー)とは?

Gate.ioのトップ画面
出典:Gate.io
取扱銘柄数*1,700種類以上
取引手数料現物取引*:
⇒ Maker 0.20%、Taker0.20%
先物取引*:
⇒ Maker 0.015%、Taker0.050%
*割引プログラムあり
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
主要なサービス現物取引
クレジットカード決済
信用取引(レバレッジ取引)
先物取引(期限付き、無期限)
コピートレード
ステーキング
Lend&Earn(レンディング)
自動売買
日本語表記
公式サイトGate.io公式サイト
*2023年12月時点

Gate.io(ゲート・アイオー)は、2013年に設立され、現在はケイマン諸島に本拠地を構えている仮想通貨取引所だ。

業界では古参に数えられる仮想通貨取引所の1つで、日本人投資家を含めて、世界中に1,400万人以上のユーザーを抱えている。

またGate.io は取扱銘柄とサービスの充実度が高く、特に取扱銘柄は1,700種類以上と、海外取引所の中でも屈指の品揃えを誇る。

Gate.io公式サイトはこちら

Gate.ioの特徴・メリット

さてGate.ioは、次のような特徴および利用のメリットを有している。

主な特徴・メリット

  • 取扱銘柄数が海外取引所の中でもトップクラス
  • 高い流動性の元、安定した取引が可能
  • サービスのバリエーションが豊富
  • オンチェーン(Web3)のサービスも提供
  • 顧客資産の安全性が高い

取扱銘柄数が海外取引所の中でもトップクラス

日本の仮想通貨取引所は新規上場銘柄の取り扱いが厳しく、今のところ最もラインナップが豊富なところでも、その数は50種類弱となっている。

一方でGate.ioでは、先ほども述べたとおり、1,700種類を超える仮想通貨*が揃う。*2023年12月末時点

Gate.ioの取扱銘柄数
出典:Gate.io(2023年12月末時点)

ちなみに、海外取引所の中でも1,000種類以上の銘柄を揃えるところは珍しく、Gate.ioの品揃えは業界屈指となっている。

海外取引所の例*

  • Bybit:980種類以上
  • Bitget:550種類以上
  • Kraken:200種類以上

*2023年12月末時点

高い流動性の元、安定した取引が可能

仮想通貨の主な取引形式は、仮想通貨取引所とユーザーの間で取引をする「販売所」と、ユーザー同士で取引する「取引所」の2種類がある。

また後者は、言わずもがなユーザーの数が取引の流動性および安定性に直結する。

さてここで、日本の仮想通貨取引所に目を向けてみると、例えばGMOコインの累計口座開設数は、2022年11月末時点で約55万口座となっている。

GMOコインの口座数
出典:GMOコイン

一方でGate.ioのユーザー数は前述のとおり1,400万人を超えており、例に上げたGMOコインを含めて、国内にはユーザー数でGate.ioに及ぶものはない。

つまりGate.ioは、取引所形式の取引において、国内取引所よりも安定した取引環境を実現していると言えるだろう。

サービスのバリエーションが豊富

Gate.ioでは、現物取引だけでなく、以下のようなさまざまなサービスが用意されている。

主なサービス

  • 現物取引
  • クレジットカード決済
  • P2P取引
  • 信用取引(レバレッジ取引)
  • 先物取引(期限付き、無期限)
  • コピートレード
  • 取引ボット
  • ステーキング
  • Lend&Earn(レンディング)
  • 自動売買
  • 暗号資産ローン

これらのサービスには、国内内取引所だと利用できない(存在しない)ものも多く含まれている。

また、こうしたサービスを有効活用すれば、より効率的な資産運用をおこなうことができるだろう。

オンチェーン(Web3)のサービスも提供している

Gate.ioはブロックチェーンを基盤としたサービスも手がけており、手持ちのウォレットを接続することで、以下のようなサービスを利用することができる。

オンチェーンのサービス
出典:Gate.io

また、独自のウェブウォレット「Gate Walletが用意されており、Gate Walletを外部のDAppsとのゲートウェイとして使うことも可能だ。

Gate Wallet
出典:Chromeストア

顧客資産の安全性が高い

グローバルにサービスを展開しているGate.ioは、さまざまな施策によって、ユーザーの資産の安全性を保っている。

まずセキュリティ面では、大半の資産の管理にコールドウォレット(オフラインのウォレット)を用いたり、マルチシグを採用したりしている。

マルチシグとは?

ユーザーが仮想通貨を売買・送金する際、資産を守る鍵となる電子署名(シグネーチャー)を複数利用する方式のこと。

Gate.ioのウォレット
出典:Gate.io

また、Gate.ioの準備金率(ユーザーからの預かり資産に対するGate.ioの資産比率)は、常に100%以上でキープされている。

つまりユーザーの資産の安全性が、ほぼ確実に保証されているということだ。

Gate.ioの準備金率1
出典:Gate.io

ちなみに準備金率の情報は、トータルの数値はもちろんのこと、銘柄ごとでもリアルタイムで公開されている。

Gate.ioの準備金率2
出典:Gate.io

Gate.ioへの評判・口コミ

ここで参考までに、Gate.ioを実際に使っている先輩ユーザーからの口コミを、いくつかピックアップして紹介しておく。

取り扱っている通貨の種類、トレード、ステーキング、スタートアップ(通貨エアドロップ)などなど、慣れたら物凄く使いやすい取引所です。

日本にも早く参入してほしいと願うばかりです。

AppStore

仮想通貨の種類がハンパないです。

数ある中で、魔界コインを手に入れるにはここが一番いいかも。

AppStore

取扱いコインの量が多く、NFTゲームをやる人には開設するべき取引所だと思う。

AppStore

取り扱い通貨の数が多く、操作もしやすくてオススメです♪

AppStore

Gate.ioに対する声はやはり、豊富な取扱銘柄に対するものが目立つ。

マイナーな銘柄も多く取り扱われているので、ハイリスク・ハイリターンな投資を好む方や、NFTゲームのプレイヤーから特に好まれているようだ。

同様の目的を持つ方は、ぜひこの機会にGate.ioの利用を検討してみるとよいだろう。

Gate.io公式サイトはこちら

Gate.ioでの口座開設方法

続いて、Gate.ioでの口座開設方法を紹介しよう。

Gate.ioでの口座開設方法

  • Gate.ioのアプリをダウンロードする
  • アカウントを作成する
  • 本人確認(KYC)をおこなう

Gate.ioのアプリをダウンロードする

Gate.ioの口座を開設するには、本人確認の材料として、顔写真をアップロードしなければならない。

自身のスマホにGate.ioのアプリを用意しておくと、そのアップロードの手続きがスムーズにできる。

そこでまずは、Gate.ioのアプリをダウンロードしておこう。

アプリはiOS版・Android版ともに、無料でダウンロードできる。

Gate.io-ビットコイン&暗号資産を購入

Gate.io-ビットコイン&暗号資産を購入

GATE GLOBAL UAB無料posted withアプリーチ

アカウントを作成する

次にGate.ioのアプリ内、もしくはGate.ioの公式サイトで、アカウントを作成しよう。

公式サイトの場合は、トップ画面にある「登録」ボタンをクリックすると、アカウント作成手続きに進める。

Gate.ioでの口座開設1
出典:Gate.io

アカウントはメールアドレスもしくは携帯電話番号を入力し、ログイン用のパスワードを設定するだけで作成される。

Gate.ioでの口座開設2
出典:Gate.io

なおアカウント作成の際に、以下の招待コードを入力しておくと、手数料割引などの特典を受けることができる。

招待コード:AwdHVQtc

本人確認(KYC)をおこなう

アカウントを作成し、Gate.ioにログインできたら、最後に本人確認(KYC認証)をしておこう。

アカウントページのトップにある「本金確認」ボタンをクリックすると、本人確認手続きに進める。

Gate.ioでの口座開設3
出典:Gate.io

なお本人確認手続きは、基本情報の入力・身分証明書の提出・顔認証による「本人確認(KYC)と、住所確認の2段階がある。

Gate.ioのサービスをひととおり利用するためには、少なくとも「本人確認(KYC)」まで済ませておこう。

Gate.ioでの口座開設4
出典:Gate.io

本人確認(KYC)の「今すぐ認証」ボタンをクリックすると、基本情報の入力画面が表れる。

そこで国籍と居住国を選択し、名前と身分証明書の番号を入力しよう。

ちなみに身分証明書は、マイナンバーカード・パスポート・運転免許証の3種類から選択が可能だ。

Gate.ioでの口座開設5
出典:Gate.io

基本情報の入力が済んだら、先ほど選択し、番号を入力した身分証明書の画像をアップロードする。

Gate.ioでの口座開設6
出典:Gate.io

最後に、PCカメラやGate.ioアプリで顔写真を撮影・アップロードすれば、本人確認手続きは完了だ。

Gate.ioでの口座開設7
出典:Gate.io

手続き後に審査がおこなわれ、問題がなければその日の内に、取引ができる状態になる。

このようにオンラインでの簡単な手続きでアカウントと口座をつくれるので、興味がある方はぜひ、Gate.ioの口座開設にトライしてみてほしい。

Gate.io公式サイトはこちら

Gate.ioでの二段階認証の設定方法

さてGate.ioでは、口座をつくったあとに再三、二段階認証の設定資金パスワードの設定を求められる。

そこで口座開設後は、すみやかにそれらの手続きを済ませておくことを勧める。

二段階認証の設定方法は、以下のとおり。

二段階認証の設定方法

  • スマホにAuthenticatorアプリをダウンロード
  • AuthenticatorアプリでQRコードを読み込む
  • ワンタイムパスワードを入力する

スマホにAuthenticatorアプリをダウンロード

まずは自身のスマホに、GoogleやMicrosoftなどのAuthenticatorアプリをダウンロードしよう。

Google Authenticator

Google Authenticator

Google LLC無料posted withアプリーチ

AuthenticatorアプリでQRコードを読み込む

次に、Gate.ioのアカウントページのトップにある「セキュリティ認証」から、「2段階認証(ワンタイムパスワード)」を選択する。

Gate.ioの二段階認証の設定1
出典:Gate.io

QRコードが表示されるので、それをAuthenticatorアプリで読み込もう。

すると自身のAuthenticatorアプリで、Gate.io用のワンタイムパスワードが生成されるようになる。

Gate.ioの二段階認証の設定2
出典:Gate.io

ワンタイムパスワードを入力する

最後に、アカウント作成時に登録したメールアドレスなどへ認証コードを送信し、その認証コードと、Authenticatorアプリで生成したワンタイムパスワードをそれぞれ入力しよう。

Gate.ioの二段階認証の設定3
出典:Gate.io

以上で、二段階認証の設定手続きは完了だ。

Gate.ioでの「資金パスワード」の設定方法

続いて、Gate.ioからの出金時に用いる資金パスワードの設定もしておこう。

アカウントのメニューにある「セキュリティ設定」から、「パスワード管理」⇒「資金パスワード」と進むと、設定をおこなうことができる。

Gate.ioでの資金パスワードの設定
出典:Gate.io

Gate.ioに関するよくある質問

それでは最後に、Gate.ioに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • Gate.ioの口座に日本円を入金することはできますか?
  • Gate.ioでクレジットカードは使えますか?
  • P2P取引とは何ですか?

Gate.ioの口座に日本円を入金することはできますか?

Gate.ioの口座は、日本円に対応していない。

そのため利用の際は、国内取引所からGate.ioに対し、ビットコインやイーサリアムといった取引の元手となる仮想通貨を送金しておく必要がある。

ちなみにGMOコインなら、手数料無料でビットコインなどを送金できる。

MEXCとの併用にうってつけなので、まだ口座をお持ちでない方はぜひ、GMOコインのこともこの機会にチェックしてみてほしい。

Gate.ioでクレジットカードは使えますか?

Gate.ioは口座内に日本円を入れることはできないが、クレジットカードを使い、円建てでビットコインなどを買うことはできる。

ただ、クレジットカード決済は便利な一方で取引コストが割高となるため、利用はあまりおすすめしない。

Gate.ioのクレジットカード決済
出典:Gate.io

P2P取引とは何ですか?

P2P取引は、Gate.ioの手を介さずに、ユーザー同士で仮想通貨を直接取引できる取引形式だ。

P2P取引では、以下のように日本円で仮想通貨を買えることもある。

Gate.ioのP2P取引
出典:Gate.io

ただP2P取引は、相手方から提示される取引の内容次第で、受け手側に取って不利な取引となるケースもあるため、利用の際は注意が必要だ。

Gate.io(ゲート・アイオー)とは?まとめ

今回は海外取引所のGate.ioについて、主な特徴や評判などを解説した。

この記事のまとめ

  • Gate.ioは、日本人でも使える海外取引所の1つ
  • 業界最多クラスとなる1,700種類以上の銘柄を取り揃えている
  • オンチェーンのものも含めて、サービスのバリエーションが豊富
  • 準備金率を100%以上にするなど、ユーザーの資産保護が適切になされている

Gate.ioでは、海外取引所でもトップクラスとなる1,700種類以上もの仮想通貨がラインナップされている。

無料でアカウント(口座)をつくることができるので、国内取引所では物足りない方は、ぜひGate.ioの利用を検討してみてはいかがだろうか。

Gate.io公式サイトはこちら

-海外取引所
-, ,

Crypto Marker