本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

海外取引所

【日本人OK】Bybit(バイビット)とは?メリット・デメリットや評判を徹底解説!

仮想通貨(暗号資産)取引所には大きく分けて、日本法人が運営する国内取引所と、海外法人が手がける海外取引所がある。

それぞれ特徴が異なっており、海外取引所に興味を持っている方も多くいることだろう。

そうした方に向けて今回は、海外取引所の中でも日本人投資家からの人気が高い「Bybit(バイビット)」を取り上げる。

利用のメリット・デメリット、ユーザーからの口コミなどを紹介していくので、海外取引所に興味があるならぜひ最後まで目を通ししてもらいたい。

この記事からわかること

  • Bybitの基本情報
  • Bybitの主なメリットとデメリット
  • Bybitに対する向き不向き
  • Bybitの日本人ユーザーの口コミ
  • Bybitでの口座開設方法

Bybitは日本人投資家の利用も受け付けており、ネットから手軽に口座開設を申し込むことができる。

まだ口座をお持ちでないなら、ぜひこの機会にBybit公式サイトを覗いてみるとよいだろう。

Bybit公式サイトはこちら

Bybit(バイビット)とは?

出典:Bybit
取扱銘柄数*1,000種類以上
取引手数料現物取引*
⇒ Maker 0.10%、Taker0.10%
先物取引*
⇒ Maker 0.01%、Taker0.06%
*割引プログラムあり
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
主要なサービス現物取引(取引所)
ワンクリック購入
マージン取引
取引ボット
コピートレード
ステーキング
レンディング
日本語表記
公式サイトBybit公式サイト
*2024年1月時点

Bybit(バイビット)は、2018年に設立された、セーシェル共和国に本拠地を置く仮想通貨取引所だ。

世界130カ国以上でサービスを展開しており、データアグリゲーターのCoinMarketCapのスコアでは世界5位となる6.8ポイントが付けられている。

CoinMarketCapでの仮想通貨取引所のランキング
出典:CoinMarketCap

CoinMarketCapのスコアとは?

CoinMarketCapでは、ウェブトラフィック係数、平均流動性、取引高、および取引所によって報告された取引高に基づき、総合的に仮想通貨取引所のスコア付け、およびランク付けがなされている。

スコアは0.0~10.0の間で算出されており、数値が高いほど仮想通貨取引所としての評価が高いと言える。

また、海外取引所の中には日本人投資家を受け付けていないところも多いが、Bybitは日本人でも利用することが可能だ。

Bybit公式サイトはこちら

Bybit(バイビット)のメリット

さて、Bybitを利用した場合にユーザーは、次のようなメリットを享受することができる。

Bybitの主なメリット

  • 1,000種類を超える仮想通貨を取引できる
  • 最大で125倍までレバレッジをかけられる
  • 日本語表記に対応している
  • デリバティブ取引の種類が豊富
  • クレジットカードやPayPayで仮想通貨を買える

960種類を超える仮想通貨を取引できる

本記事執筆時点(2024年1月)において、国内取引所でもっとも取扱銘柄が多いのはBinance Japanであり、その取扱銘柄数は47種類となっている。

一方でBybitの取り扱い銘柄数は、1,000種類を超えている。

新規上場の審査ルールの違いもあり、海外取引所のBybitでは、まさに国内取引所とは桁違いの数の銘柄を取引できるのだ。

Bybitの取り扱い銘柄
出典:Bybit

最大で125倍までレバレッジをかけられる

国内取引所ではいずれも、法規制によってレバレッジ取引の倍率が最大2倍までとされているが、Bybitのレバレッジ取引なら、最大で125倍までレバレッジをかけられる。

つまり投資資金が少なくても、より大きなリターンを狙えるということだ。

過剰に制限されることなく、大きな裁量権を与えられるのは投資家にとってありがたい。

ただし、言うまでもないがリスクの取り過ぎは禁物だ。

日本語表記に対応している

海外取引所は、残念ながら日本語表記に対応していないところも多い。

その場合、例えばGoogle ChromeなどのWebブラウザの翻訳機能を使えば、日本語への翻訳も可能だが、そうした外部の翻訳機能を使うとどうしても適切な日本語表現にならない部分も出てしまう。

一方でBybitの場合は、Bybit自体の機能として、日本語表記に対応している。

Bybitの言語選択画面
出典:Bybit

そのため日本語の表現に違和感がなく、ストレスなく利用することが可能だ。

また、カスタマーサポートも日本語に対応しているため、万が一のトラブルの際もスムーズに運営側とコミュニケーションを取ることができる。

デリバティブ取引の種類が豊富

デリバティブ取引とは、レバレッジ取引を含む原資産(仮想通貨)から派生した取引のことだ。

日本の仮想通貨取引所におけるデリバティブ取引は、一般的にレバレッジ取引のみだが、Bybitの場合は以下のようにデリバティブ取引のサービスが多数用意されている。

主なデリバティブ取引

  • USDT無期限先物取引
  • インバース型無期限先物取引・先物取引
  • USDC無期限先物取引・先物取引
  • USDCオプション取引
  • コピートレード

現物取引だけでなく、これらのデリバティブ取引も駆使すれば、より効率よく資産を運用していけるだろう。

取引以外のサービスも充実している

Bybit は、裁量取引以外のサービスも充実している。

その他の主なサービス

  • ByVotes:新しいトークンに投票して、エアドロップ(無料配布)を受けられるサービス
  • 取引ボット:自動売買ツール
  • Bybitステーキング:仮想通貨をステークして、ステーキング報酬を得られるサービス
  • 流動性マイニング:流動性プールに仮想通貨を預け入れて、報酬を得られるサービス
  • 暗号資産ローン:自身が保有する仮想通貨を担保に、他の仮想通貨を借りられるサービス
  • Bybit Wallet:仮想通貨の保管や、DAppsとの接続ができるソフトウェアウォレット

こうした国内取引所にはないサービスが使える点も、海外取引所のBybit ならではの魅力だ。

Bybit公式サイトはこちら

クレジットカードで仮想通貨を買える

Bybitの「ワンクリック購入」では、クレジットカードで仮想通貨を手軽に購入することができる。

ただし、利便性が良い一方で、手数料はどうしても割高になる。

クレジットカード決済の手数料

  • VISA:3.05%
  • MasterCard:2.7%

便利ではあるがこのように割高な手数料がかかるため、基本的には国内取引所でビットコインやイーサリアムなどを用意し、それを元手に取引した方がよいだろう。

なお、Bybitと合わせて使う国内取引所は、仮想通貨の送金手数料がかからないDMM Bitcoinがおすすめだ。

DMM Bitcoinについては以下の記事で紹介しているので、ぜひ合わせてチェックしてみてほしい。

Bybit(バイビット)のデメリット・リスク

続いて、Bybitのデメリットとリスクも確認しておこう。

Bybitのデメリット・リスク

  • 日本の法律で認可されていない
  • 信託保全がなされていない
  • 日本円を入金できない

日本の法律で認可されていない

日本において仮想通貨取引所は、資金決済法に基づく事業者登録をしなければ、サービスの提供をしてはならないことになっている。

資金決済法第63条の2

(暗号資産交換業者の登録)

暗号資産交換業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ、行ってはならない。

ところがBybitは、その事業者登録をしないまま、日本人に対してサービスを展開している。

つまり、法律に違反しているということだ。

違反状態のBybitを使うことによって、ユーザー側がペナルティを課されることはないが、万が一利用中にトラブルが発生した場合には、日本の法律では守ってもらえない恐れがある。

また、金融庁は再三にわたってBybitに対して警告を発しているため、将来的にBybitが日本人へのサービス提供を止めてしまうことも十分に考えられる。

信託保全がなされていない

信託保全とは、企業者が投資家から預かった資産を信託銀行へと信託し、管理することを指す。

国内取引所ではいずれも信託保全がおこなわれており、事業者が万が一倒産したとしても、ユーザーの資産が不当に損なわれることはない。

一方でBybit利用規約やリスク開示書には、信託保全に関する記述がない。

そのためBybitが万が一倒産してしまうと、預けている仮想通貨が返ってこない恐れがある。

日本円を入金できない

世界130カ国以上でサービスを展開するBybitは、複数の法定通貨の入金に対応しているが、残念ながらその中に日本円は含まれていない。

先ほど紹介したように、クレジットカード決済やP2P取引(仮想通貨取引所の仲介を必要としない取引)で、日本円で仮想通貨を購入することも可能だが、それらのサービスは手数料が割高になるなどデメリットも多い。

そのため、いずれかの国内取引所とBybitの併用が基本となるのだが、国内取引所のみを使うケースと比べれば、どうしても手間やコストの負担が増えることになる。

Bybit(バイビット)が向いている人

ここまで紹介してきたメリット・デメリットを踏まえて、Bybitは次のような人に適している仮想通貨取引所だと言えるだろう。

Bybitが向いている人

  • より多くの仮想通貨に投資したい人
  • 国内取引所にはないサービスにチャレンジしてみたい人
  • 手間やコストの増加を許容できる人
  • 海外取引所の潜在的リスクを理解・許容できる人

Bybitの魅力は何といっても、国内取引所とは比べ物にならない銘柄数とサービスの充実度だ。

日本円を入金して取引することができないため、国内取引所と比べて手間とコストが増えがちだが、自身の中でそのデメリットよりも銘柄の豊富さやサービスの内容の魅力が上回るなら、Bybitを使ってみるとよいだろう。

Bybit公式サイトはこちら

Bybit(バイビット)が向かない人

一方でBybitは、次のような人には不向きだ。

Bybitが向かない人

  • 海外取引所の利用が怖い人
  • リスクの理解・許容が難しい人

Bybitは世界130カ国以上でサービスを展開する業界大手であり、CoinMarketCapのスコアも高い一定の信頼をおける仮想通貨取引所だ。

ただ、日本の法律には違反した状態となっているため、そのことに漠然とした怖さをおぼえる人もいるだろう。

また、信託保全がなされていないというリスクもある。

そうした怖さやリスクを許容できない人には、Bybitは向かないだろう。

Bybit(バイビット)の評判・口コミ

ここでBybitを実際に使っている日本人ユーザーの口コミをいくつか紹介しておく。

仮想通貨(暗号資産)買うなら、 手数料は必ず確認しよう。

販売所なんかで買っちゃダメ。

損したくないなら、必ず板取引で買うこと。

日本ならbitbankかGMOコイン。

海外ならBybit。

同じモノを買うなら、安ければ安いほどイイ!

Twitter

国内はbitbank。

取引所であり、スプレッド気にしなくていい、手数料最安水準!

海外はbybit。

手数料最安水準で銘柄数が豊富、アプリが使いやすい!

いずれも使ってみた経験談です。

Twitter

仮想通貨の取引は、銘柄数,レバレッジ倍率,スプレッドの全ての面から、海外取引所がオススメです。

中でも、個人的にはクレジットカード入金可能(最重要)かつ日本語対応しているBybit一択です。

Twitter

今まで、ETHをBybitステーキング年率最大2.5%をしておりましたが、Bybit流動性マイニングがローンチされており、最大年率6%!

早速、1ETH超で本日開始。

上手く利息が取れるか!

Twitter

Bybitは、板取引によって数多くの銘柄を低コストで取引ができる点が、多くの投資家に評価されている。

また、ステーキングなどのサービスに対する評価も上々だ。

今回は4つほど口コミをピックアップしたが、SNS上では他にも多くのユーザーの声が上がっている。

Bybitの利用を検討しているなら、ぜひこう言った生の声も参考にしてみてほしい。

Bybit公式サイトはこちら

Bybit(バイビット)での口座開設の流れ

それでは最後に、Bybitでの口座開設の流れを紹介する。

Bybitでの口座開設手順

  1. アカウントを作成する(メールアドレスなどを登録)
  2. メール認証をおこなう
  3. 本人確認をおこなう

余談だがBybitはもともと、メールアドレスを登録してアカウントを作成するだけで、いくつかの制限がある状態となるが取引を始めることができた。

しかし2023年5月8日以降は、国内取引所と同様に、本人確認もおこなわないと取引ができない仕様に変更されている。

アカウントを作成する(メールアドレスなどを登録)

まずはBybit公式サイトにアクセスし、アカウントを作成しよう。

Bybitでの口座開設1
出典:Bybit

アカウントを作成する際は、メールアドレスもしくは携帯番号の登録と、パスワードの設定をおこなう必要がある。

なお、既存のGoogleアカウントやAppleアカウントを使うことも可能だ。

メール認証をおこなう

メールアドレスを登録すると、間違いなく本人がアカウント作成をおこなっていることを確認するために、登録したアドレス宛てに認証コードが届く。

その認証コードを入力すれば、アカウント作成は完了だ。

Bybitでの口座開設2
出典:Bybit

本人確認をおこなう

あとは本人確認手続きをおこなうだけだ。

アカウントが作成されると、自動的にBybitにログインするので、ページトップの「本人確認」をクリックしよう。

Bybitでの口座開設3
出典:Bybit

本人確認では、身分証明書と自撮り写真の提出を求められる。

利用できる本人確認書類は、IDカード(マイナンバーカード)、パスポート、在留カードの3種類だ。

いずれかを選んで提出すると、Bybitで審査がおこなわれ、およそ1時間後には取引を始められる。

このようにBybitは、オンラインで完結する手続きで簡単に口座をつくることができる。

また、口座開設の際に手数料もかからない。

国内取引所にはない仮想通貨への投資に興味があるなら、この機会にBybitの利用を検討してみてはいかがだろうか。

Bybit公式サイトはこちら

Bybit(バイビット)とは?まとめ

今回は海外取引所のBybitについて、メリット・デメリットやユーザーからの口コミなどを紹介した。

この記事のまとめ

  • 国内取引所と違って、Bybitでは1,000種類以上もの仮想通貨を取引できる
  • デリバティブ取引やステーキングなど、現物取引以外のサービスも豊富
  • 手数料は割高だが、クレジットカード決済で仮想通貨を買うことも可能
  • 日本の法律で認可されたサービスではないので、利用には注意が必要

Bybitは世界130カ国以上でサービスを展開し、1,000万人以上のユーザーを抱える人気の海外取引所だ。

1,000種類以上もの仮想通貨を取り扱い、サービスの内容も充実している。

日本の法律で認可されていないため、利用には相応のリスクもあるが、国内取引所にはないさまざまな銘柄への投資に興味がある方は、この機会にBybitの利用を考えてみてはいかがだろうか。

Bybit公式サイトはこちら

-海外取引所
-,

Crypto Marker