本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

海外取引所

【プロの戦略をコピー】Bitgetのコピートレード|利用メリットや使い方を解説

海外取引所のBitget(ビットゲット)では、現物取引や先物取引を楽しめるだけでなく、多彩なサービスをとおして、自分に合ったやり方で仮想通貨を運用することできる。

今回取り上げるのは、そんなBitgetのサービスの1つ「コピートレードだ。

コピートレードを使えば、実績あるトレーダーBot(自動売買ツール)の取引をかんたんに自動コピーすることができる。

本記事ではBitgetのコピートレードについて、利用のメリットや使い方をわかりやすく解説していくので、興味がある方はぜひ最後まで読んでみてほしい。

この記事からわかること

  • Bitget|コピートレードの基本情報
  • コピートレードを利用するメリット
  • コピートレード利用時の注意点
  • コピートレードの使い方
出典:Bitget

Bitgetの特長

  • 取扱通貨が750種類以上*
  • 日本語表記に完全対応
  • 取引手数料が0.1%以下
  • サービスのバリエーションが豊富
  • 独自トークン「BGB」を発行

*2024年5月時点

Bitget公式サイトはこちら

Bitgetのコピートレードとは?

Bitgetのコピートレード
出典:Bitget

Bitgetのコピートレードは、熟練のトレーダー、もしくは実績あるBotの取引をリアルタイムで自動コピーできるサービスだ。

ユーザーは、トレーダーやBotの取引の詳細や統計情報を見て、信頼できる相手を選択する。

そして、選んだトレーダーもしくはBotの取引を自動コピーすることにより、独自の戦略を立てずとも、コピー相手の技術と戦略を活かして利益を追求することができる。

Bitget公式サイトはこちら

Bitget|コピートレードのバリエーション

さてBitgetのコピートレードには、以下の3種類が用意されている。

コピートレードの種類

  • 現物コピートレード
  • 先物コピートレード
  • Botコピートレード

現物/先物コピートレード

現物/先物コピートレードでは、文字どおり現物取引もしくは先物取引で、トップトレーダーの取引をコピーすることができる。

利用コストは、それぞれ以下のとおり。

利用コスト

【現物コピートレード】

  • 通常の現物取引の取引手数料
  • コピー相手への成功報酬(取引の利益×10~20%)

【先物コピートレード】

  • 通常の先物取引の取引手数料
  • 資金調達料
  • コピー相手への成功報酬(取引の利益×10~20%)

資金調達料とは?

先物取引で発生するコストの1つ。

先物取引の価格と現物価格との差に基づいて、ユーザーが支払わなければならない。

現物/先物コピートレードのそれぞれで、通常の取引と同じ各種コスト+コピー相手への成功報酬が、コストとしてかかる仕様になっている。

Botコピートレード

Botコピートレードでは、実績のあるBot(自動売買ツール)、もしくはBotを使っている熟練トレーダーの戦略をかんたんにコピーすることができる。

また、現物取引と先物取引のどちらでもコピー可能だ。

Botコピートレードでは、コピー相手への成功報酬がない代わりに、以下の2種類の手数料が用意されている。

2種類の手数料

【戦略手数料】

Bot購入の対価として、Bot作成者に支払う手数料

【サブスク手数料】

Botを使っているトレーダーの戦略をコピーした際に、毎月支払うサブスク料金

なお、戦略手数料とサブスク手数料は、いずれもBot作成者側、もしくはBotを使っているトレーダー側がゼロ(無料)に設定することもできる。

そうした仕様から、人気のBotやトレーダーの戦略は、どれもタダ*でコピーできるものばかりとなっている。*取引手数料や資金調達料の支払いは別途必要

BitgetのBot
出典:Bitget
BitgetのBotトレーダー
出典:Bitget

Bitget|コピートレードのメリット

続いて、Bitgetのコピートレードを利用することで享受できるメリットを、より詳しく確認しておこう。

主な利用メリット

  • 稼ぐ技術がいらない
  • 取引のチャンスを逃さずに済む

稼ぐ技術がいらない

データが限られるので正確なところはわからないが、一般的に、稼げている個人投資家の割合は3割程度だと言われている。

つまり、7割が損をしてしまうほど、稼げる投資技術を習得するのは困難だということだ。

一方でBitgetのコピートレードを使えば、実績を残している熟練トレーダーBotの取引をかんたんにコピーすることができる。

そのため稼ぐ技術を持っていない人でも、比較的安定したリターンを得ることが可能だ。

取引のチャンスを逃さずに済む

Bitgetのコピートレードでは、選んだトレーダー、もしくはBotの取引を自動でコピーしてくれる。

元手の用意と初期設定さえしてしまえば、あとは基本的に、仕掛けから決済まで手間いらずだ。

自分で取引をする必要がないため、市場動向の監視も不要で、取引のチャンスを逃すこともない

Bitget|コピートレードの注意点

Bitgetのコピートレードは、手間いらずで安定性の高いリターンを期待できる、優秀なサービスだ。

ただ利用の際は、次のような注意点があることを覚えておいてほしい。

利用時の注意点

  • 利用コストが割高
  • 必ず稼げるとは限らない

利用コストが割高

先ほど紹介したようにコピートレードの内で「Botコピートレード」は、その大半が手数料無料で使える。

一方で「現物/先物コピートレード」は、コピー相手のトレーダーに対し、収益×10~20%の成果報酬を支払わなければならない。

コピー相手のトレーダーはボランティアで戦略を公開しているわけではないため、報酬を支払うのは当然のことだ。

ただ、ユーザーの視点からすると、この成果報酬の比率はかなり割高感がある。

必ず稼げるとは限らない

コピートレードを使い、長期間安定した実績を残しているトレーダーやBotをコピーすれば、自身も安定したリターンを得られる可能性は高い。

しかしだからといって、損失を被る確率がゼロになるわけではない

相場の状況次第では、いくら実績あるトレーダーやBotでも損をすることはあるので、利用の際はその事実を肝に銘じておく必要があるだろう。

コピー相手を選ぶ際の注目ポイント

コピートレードを利用するには、最初にコピーする相手を厳選する必要がある。

選ぶ際は、以下の3つのポイントに注目してほしい。

3つの注目ポイント

  • フォロワー数(Botは購入回数)
  • 長期のROI
  • 利益配分比率

フォロワー数(Botは購入回数)

Bitgetで戦略を公開しているトレーダーは、2024年4月時点で13万人を超えている。

コピートレードのトレーダー数
出典:Bitget

またBotも大量にあり、それらの戦略内容や実績を1つ1つ精査することは、実質的に不可能だ。

そこでまずはチェック対象を、

  • 現物/先物コピートレードならフォロワー数が多いトレーダー
  • Botコピートレードなら購入回数が多いBot

に、絞ることを勧める。

フォロワー数や購入回数が多ければ、一定の信用を見込めるからだ。

ちなみに現物/先物コピートレードでは、一覧ですべてのトレーダーをフォロワーの多い順(累積)に簡単に並べ替えることができる。

コピートレードのフォロワー数
出典:Bitget

長期のROI

フォロワー数によるフィルターをかけたら、次はROI(総投資収益率)をチェックしよう。

ROI(総投資収益率)とは、レーダーの資金(証拠金)に対する損益の割合のことで、この数値がプラスだと利益が出ていることになる。

なおROIは、トレーダーの詳細画面にあるチャートにて、直近24時間から過去180日間までチェックすることができる。

短期の損益はあまり参考にならないので、できるだけ長期間のROIを確認するようにしよう。

コピートレードのROI
出典:Bitget

利益配分比率

利益配分比率とは、現物/先物コピートレードにおいて、コピー相手に支払う成果報酬の比率のことだ。

コピートレードの利益配分比率
出典:Bitget

当然ながらフォロワー(ユーザー)からするとこの数値は、より小さい方が望ましい

いくらこれまでの実績が優れていようとも、他のトレーダーと比べて利益配分比率が過大だと感じる相手をコピーすることは、あまりおすすめしない。

コピートレードの使い方

それでは最後に、コピートレードの使い方を紹介しておこう。

なおここでは、例として「現物コピートレード」を取り上げる。

コピートレードの使い方

  • コピー相手を選ぶ
  • コピーする通貨ペアを決める
  • モードを決める
  • リスク管理設定をおこなう
  • 取引ペアの自動コピー機能を設定する
  • コピートレードを始める

コピー相手を選ぶ

まずはトレーダーの中から、コピーしたい相手を選ぼう。

選び方については、前述の内容を参考にしてもらいたい。

またコピー相手を選んだら、その相手の「コピー」ボタンをクリックしよう。

コピートレードの使い方1
出典:Bitget

コピーする通貨ペアを決める

コピーボタンをクリックすると、次のようなパラメータ設定画面が表示される。

パラメータ設定画面
出典:Bitget

そこでまずは、取引に用いる通貨ペアを編集しよう。

コピートレードの使い方2
出典:Bitget

なお、コピー相手の取引内容をそのまま真似するなら、通貨ペアは「すべてを選択」した状態にしておこう。

コピートレードの使い方3
出典:Bitget

モードを決める

コピートレードは、「通常モード」と「倍率設定モード」の2種類がある。

どちらかを選択して、パラメータを設定しよう。

通常モードは、あらかじめ設定したおいた金額で投資をしてくれる。

例えば「10USD」と設定しておくと、トレーダーの取引をコピーするたびに、自動的に10USD分、投資対象を取引してくれる。

コピートレードの使い方4
出典:Bitget

一方で倍率設定モードは、トレーダーが投じた投資金額に対し、自身が定める倍率*をかけた金額で取引することができる。*1以下(0.5など)の倍率を設定することも可能

コピートレードの使い方5
出典:Bitget

ポジションの比率(≒リスクの取り方)を含めて、トレーダーの戦略をコピーしたい場合は、倍率設定モードを選ぶといいだろう。

リスク管理設定をおこなう

Bitgetのコピートレードでは、任意で利確・損切りのラインを決めておくこともできる。

必要と思えば、それぞれ設定しておこう。

コピートレードの使い方6
出典:Bitget

取引ペアの自動コピー機能を設定する

取引ペアの自動コピー」を有効にしておくと、コピー先のトレーダーが新しい通貨ペアを追加したときに、自身が取引する通貨ペアにも自動的に反映してくれる。

コピーの再現性を上げるなら、オンにしておこう。

コピートレードの使い方7
出典:Bitget

コピートレードを始める

設定は以上で、パラメータ設定画面の「次へ」ボタンを押すと、以下のような設定内容の確認画面が表示される。

コピートレードの使い方8
出典:Bitget

そこで内容を確認し、「確認」ボタンをクリックすると、設定した各パラメータに従いつつ、コピー相手のトレーダーが取引をするたびに自動で取引を真似してくれる。

ちなみにパラメータ設定は、「通常設定」と「アドバンス設定」の2種類があり、ここまで紹介してきたのは「通常設定」の流れだ。

コピートレードの使い方9
出典:Bitget

アドバンス設定では、これまで解説したパラメータ設定を通貨ペアごとにおこなうことができる。

ただ、通貨ペアごとで細かく設定するつもりがなければ、通常の状態で一括設定をしておけばOKだ。

このようにBitgetのコピートレードは、かんたんな設定でお手軽に使える。

興味がある方はぜひ、実際にコピートレードにトライしてみてほしい。

Bitget公式サイトはこちら

Bitgetのコピートレードまとめ

今回はBitgetのコピートレードについて、利用のメリットや使い方などを解説した。

この記事のまとめ

  • Bitgetのコピートレードでは、実績あるトレーダーやBotの取引を自動コピーできる
  • 現物/先物コピートレードは、コピー先への成果報酬にやや割高感がある
  • 一方でBotコピートレードでは、多くのBotが無料で使える
  • コピー先は、フォロワー数が多く実績も安定している相手がおすすめ

Bitgetのコピートレードでは、自力で稼ぐ技術が身についていない方でも、安定したリターンを期待できる。

今回紹介したようにかんたんな設定で使えるので、興味がある方はぜひ、コピートレードにチャレンジしてみてほしい。

Bitget公式サイトはこちら

-海外取引所
-, , ,

Crypto Marker