本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

海外上場の仮想通貨

【ビットコインの対抗馬?】KASコイン(Kaspa)の将来性や価格予想を解説

今回取り上げる「KASコイン」は、ビットコインに代わって電子決済での普及を目指している仮想通貨だ。

投資家からの期待値も高く、例えばデータアグリゲーターのCoinMarketCapでも、多くの投資家がその名を検索する注目銘柄の1つとなっている。

出典:CoinMarketCap(2023年6月28日時点)

今回はそんなKASコインと、基盤となっている「Kaspa」について、主な特徴やこれまでの値動き、将来性などを解説していく。

この記事からわかること

  • KASコインとKaspaの基本情報・主な特徴
  • KASコインのこれまでの値動き
  • KASコインとKaspaの将来性
  • KASコインの価格予想
  • KASコインを購入できる仮想通貨取引所

KASコインは残念ながら、今のところ国内取引所での取り扱いがなく、購入の際は海外取引所を使用しなければならない。

KASコインを扱う海外取引所の中では、日本語表記に対応している「Bybit」が日本人投資家にうってつけだ。

KASコインへの投資に関心がある方は、Bybit公式サイトもこの機会にぜひチェックしてみてほしい。

出典:Bybit

Bybitの特長

  • 1,000種類以上の仮想通貨を取引できる
  • 100倍125倍までレバレッジをかけられる
  • 取引手数料がリーズナブル
  • 日本語表記に完全対応
  • デリバティブ取引の種類が豊富

Bybit公式サイトはこちら

Bybitの特徴や口座開設方法はこちら▷

KASコイン(Kaspa/カスパ)とは?

Kaspaのトップ画面
出典:Kaspa
名称KASコイン
ティッカーシンボル・通貨単位KAS
ローンチ時期2022年
価格*0.14ドル/KAS
時価総額ランキング*28位
サイトURLhttps://Kaspa.org
*2024年2月10日時点、CoinMarketCap調べ

KASコインは、2022年にローンチされたPoWの新しいレイヤー1プロダクト「Kaspa(カスパ)」のネイティブトークンだ。

PoWとは?

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)は、ブロックチェーン上の取引を検証し、記録するためのコンセンサスアルゴリズムの1種だ。

他のコンセンサスアルゴリズムと比べてPoWは、セキュリティの面で優れている。

ただし、セキュリティを担保する上で複雑な演算が必要であり、ひいては処理時間が長くかかるケースが一般的だ。

PoWを採用しているブロックチェーンの代表格と言えばビットコインだ。

だがビットコインは、取引の処理速度に難があるために、今のところ電子決済システムでの普及があまり進んでいない。

そこでKaspaおよびKASコインは、ビットコインのデメリットを解消し、より流通しやすい仮想通貨となることを目指している。

ちなみにKASコインは、今のところ国内の仮想通貨取引所には上場しておらず、購入したい場合はBybitなどの海外の仮想通貨取引所を利用する必要がある。

Bybit公式サイトはこちら

Kaspa/KASコインの特徴

イメージ図

さて、KaspaとKASコインは、次のような特徴を有している。

主な特徴

  • ブロックDAGを採用している
  • 効率的なPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用
  • わずか1秒で1ブロックを生成
  • スケーラビリティが高い
  • ビットコインのような半減期がある

ブロックDAGを採用している

KASコインの基盤であるKaspaは、その構造に「ブロックDAG」を採用している。

DAGは"Directed Acyclic Graph"の略称であり、日本語では「有効非巡回グラフ」と訳される数学的構造の1種だ。

ブロックDAGは、そのDAGの構造を持つブロックチェーンであり、1本の直線の形状をした従来のブロックチェーンと違い、多くの枝分かれが存在する構造となっている。

KaspaのブロックDAG
出典:Kaspa公式サイト

枝分かれをすることによってブロックDAGでは、トランザクションの並列処理が可能だ。

また、Kaspaは「GHOSTDAG」という独自のメカニズムを用いることによって、並行して作成されたブロックを孤立させずに共存させ、コンセンサスに従って順序付けできるようになっている。

効率的なPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用

Kaspaのコンセンサスアルゴリズムは、ビットコインでも採用されている「PoW」だ。

しかし、同じPoWといってもKaspaは「KHeavyHash」という独自のハッシュアルゴリズムを採用することによって、従来のPoWのブロックチェーンよりも、格段に効率よくトランザクションを処理できるようになっている。

また、処理効率で優れているため、電力消費を抑えて環境負荷も低減できるという利点も持つ。

わずか1秒で1ブロックを生成

例えばビットコインの場合は、トランザクションを処理して1つのブロックを生成するまでに約10分かかると言われている。

しかしKaspaは、先ほど挙げたブロックDAGと高効率なPoWアルゴリズム「KHeavyHash」の恩恵で、高速でトランザクションを処理し、わずか1秒で1ブロックを生成できるようになっている。

また、単にそのように高速処理ができるだけでなく、安全性も上手く両立している。

スケーラビリティ問題の心配がない

ビットコインでは、ユーザー過多によって処理の遅延や手数料の高騰が起こる、いわゆる「スケーラビリティ問題」に悩まされてきた。

一方でKaspaでは、そうしたスケーラビリティ問題が起きる可能性が極めて低い。

なぜなら、短期間にユーザー数やトランザクションが増えようとも、ブロックDAGによって同時に処理できるからだ。

前述のとおり、Kaspaでのブロックレートは1秒/ブロックとされているが、それはユーザー数の多寡にまず影響されない。

ビットコインのような半減期がある

半減期とは、仮想通貨の供給量(新規発行数量)が半分になる時期のことだ。

半減期がある銘柄は、それによって通貨価値の希釈のペースをゆるやかにすることができる。

ビットコインやライトコインなどと同様に、KASコインでもこの半減期が採用されている。

ただし、おおよそ4年周期で半減期が来るビットコインと違い、KASコインは年に1回のペースで半減期が来るように設計されている。

KASコインの値動き

続いて、KASコインの値動きを確認しておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のとおりだ。

2023年末までの値動き

次にKAS/USDチャートで、市場上場を果たした2022年6月から2023年末までの値動きを振り返っておこう。

KASコインのチャート
出典:TradingView

ごらんのとおりKASコインは、これまでのところ堅調な値上がりを見せている。

なおここ数年の仮想通貨市場は、マクロ経済(主に金融引き締め政策)の影響を強く受けて、地合いがあまりよくない。

にもかかわらずKASコインは値上がりし続けており、投資家からの期待値の高さが伺い知れる。

この波に乗りたいという方は、Bybitなどを使い、実際にKASコインへの投資にトライしてみてはいかがだろうか。

Bybit公式サイトはこちら

Kaspa/KASコインの将来性に関わるポイント

ここで、次の3つの要素からKaspaとKASコインの将来性を考察してみよう。

今後に関わる注目要素

  • マイニング対象として上位の人気を誇る
  • より高速かつ安全なプロトコルの実装を目指している
  • PoWブロックチェーンは先行者利益を持つ競合が多い

マイニング対象として上位の人気を誇る

これまでマイニング市場の中心だったイーサリアムは、2022年にコンセンサスアルゴリズムをPoSへと変更し、マイニングができなくなった。

そのためマイニング市場は衰退していくかと思われたが、イーサリアムの後釜をKASコインが埋めることとなり、今やその需要は以前のイーサリアムを上回っている。

こうしたマインニングの需要は、中長期的にKASコインを下支えしていくだろう。

より高速かつ安全なプロトコルの実装を目指している

Kaspaでは現在、新しいコンセンサスプロトコル「DAG Knight」の開発が進められている。

DAG Knightのイメージ図
出典:Kaspa

DAG Knightが実装されれば、GHOSTDAGよりもさらに高速かつ安全に、トランザクションを処理できるようになるとのことだ。

また、利便性が向上すれば、自ずとKASコインのユーザーは増えていくはずだ。

PoWブロックチェーンは先行者利益を持つ競合が多い

後発のプロダクトであるKaspaは、先行するPoW型のブロックチェーン(ビットコインライトコインなど)と比べて、性能面では多くの部分で上回っている。

ところが、ビットコインやライトコインの先行者利益は非常に大きく、性能面で優れているからと言って、必ずしも後発のプロダクトが市場シェアを奪えるとは限らない。

むしろ、過去の他のプロダクトを見ても、市場シェアの奪取の難易度は非常に高いと言えるだろう。

KASコインに投資するのであれば、そうした厳しい状況の中で、どのように競合に立ち向かうのか注目しておきたいところだ。

参考)主要なPoWチェーン

KASコインの価格予想

仮想通貨のデータアグリゲーターの中には、各銘柄の価格予想を発信しているところがいくつかある。

今回はその中から、「PricePrediction」と「DigitalCoinPrice」という2つのプラットフォームをピックアップし、KASコインの価格予想を紹介する。

まず、PricePredictionにおけるKASコインの今後10年価格予想は以下のとおりだ。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2024$0.1870$0.1923$0.2173
2025$0.2914$0.2991$0.3259
2026$0.4196$0.4346$0.5108
2027$0.6201$0.6375$0.7472
2028$0.8504$0.8823$1.08
2029$1.25$1.29$1.45
2030$1.85$1.92$2.17
2031$2.64$2.73$3.26
2032$3.86$3.97$4.66
2033$5.67$5.82$6.78

またDigitalCoinPriceでは、次のような価格予想が発信されている。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2024$0.13$0.30$0.31
2025$0.30$0.32$0.36
2026$0.42$0.47$0.51
2027$0.54$0.58$0.65
2028$0.54$0.58$0.65
2029$0.67$0.73$0.77
2030$0.95$1.04$1.05
2031$1.38$1.46$1.48
2032$1.94$2.01$2.03
2033$2.65$2.73$2.74

参考として、記事執筆時点(2023年6月末)のKASコインの価格と、史上最高値は以下のとおり。

  • 史上最高値:0.154ドル(2023年11月20日)
  • 記事執筆時の価格:0.14ドル(2024年2月10日)

両者の予想を見比べると、値上がり幅には差があるものの、長期目線で値上がりし、史上最高値も易々と更新するだろうという見立ては共通している。

もちろんこれらはあくまで予想であり、安直に信用するのは危険だが、Kaspaの性能や将来性を勘案すると、絵空事とも言い切れないのではないだろうか。

KASコインの購入方法

それではここで、KASコインの購入方法を紹介しておこう。

最初にも述べたようにKASコインは、残念ながら国内取引所での取り扱いがない。

そのため購入の際には、国内取引所と海外取引所を併用することになる。

具体的な購入の手順は、以下のとおり。

KASコインの購入方法

  • 国内取引所で口座を開設
  • 国内取引所で元手となるビットコインを購入
  • 海外取引所で口座を開設
  • 国内取引所から海外取引所にビットコインを送金
  • 海外取引所でKASコインを購入

国内取引所で口座を開設する

まずは、海外取引所での取引の元手として、ビットコインを用意したい。

そこでビットコインの調達のために、国内のいずれかの仮想通貨取引所で口座を開設しよう。

ビットコインを扱っている国内取引所であればどこを使ってもよいのだが、その中でもおすすめはDMM Bitcoinだ。

DMM Bitcoinのトップ
出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特長

  1. 取扱銘柄数が国内最多クラス
  2. オリジナルの注文方法「BitMatch注文」を使って、取引コストを安く抑えられる
  3. 仮想通貨の送金手数料が無料

国内の仮想通貨取引所の多くは、仮想通貨を外部に送金する際、手数料の支払いを求められる。

ところがDMM Bitcoinを使えば、手数料無料でビットコインを外部へと送金することができる。

まだ口座をお持ちでないないなら、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの利用を検討してみてはいかがだろうか。

DMM Bitcoin公式サイトはこちら

国内取引所で元手となるビットコインを購入する

国内取引所の口座を用意したら、次はビットコインを調達しよう。

もしDMM Bitcoinでビットコインを調達するなら、オリジナルの注文方法である「BitMatch注文」を積極的に使ってみてほしい。

BitMatch注文は、一定の有効期限内(発注から30秒)に注文が成立すると、ミッド(仲値)価格で取引できる注文方法だ。

またBitMatch注文では、以下の画像を見てもわかるとおり、販売所のスプレッドを気にせずに取引できるようになっている。

DMM Bitcoinの注文画面
出典:DMM Bitcoin
  • 左:通常の注文(販売所)
  • 右:BitMatch注文の注文画面

スプレッドの代わりに取引手数料が別途発生するものの、その手数料はスプレッドと比べるとかなり割安だ。

DMM BitcoinのBitMatch注文
出典:DMM Bitcoin

このようにDMM BitcoinではBitMatch注文を使うと、通常の注文(販売所)よりもコストを抑えつつ、ビットコインを調達できる。

海外取引所で口座を開設する

次は、KASコインの取り扱いがあり、なおかつ日本人の利用を受け付けている海外取引所で口座を用意しよう。

主な選択肢は、以下のとおり。

条件を満たす主な海外取引所

これらの中でも日本人にとって使い勝手が良いのは、「Bybit(バイビット)」だろう。

Bybitのトップ画面
出典:Bybit
取扱銘柄数*1,000種類以上
取引手数料現物取引*
⇒ Maker 0.10%、Taker0.10%
先物取引*
⇒ Maker 0.01%、Taker0.06%
*割引プログラムあり
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
主要なサービス現物取引(取引所)
ワンクリック購入
マージン取引
取引ボット
コピートレード
ステーキング
レンディング
日本語表記
公式サイトBybit公式サイト
*2024年1月時点

Bybitの特長

  • 1,000種類以上の仮想通貨を取引できる
  • 100倍125倍までレバレッジをかけられる
  • 取引手数料がリーズナブル
  • 日本語表記に完全対応
  • デリバティブ取引の種類が豊富

Bybitでは、2024年2月時点で1,000種類以上もの仮想通貨が揃い、それらの銘柄を0.1%以下*の手数料で取引できる。*現物取引(取引所)の場合

また、日本語表記に対応しており、日本人投資家でも直感的に扱える。

口座開設の方法を含めて、Bybitのより詳しい情報は以下の記事で解説しているので、気になる方はそちらもぜひ参照してもらいたい。

Bybit公式サイトはこちら

国内取引所から海外取引所にビットコインを送金

Bybitなどの海外取引所の口座を用意できたら、その口座に元手となるビットコインを送金しよう。

なお国内取引所では、2023年6月1日にトラベルルールが開始されたことから、一部の国内取引所もしくは海外取引所に対し、仮想通貨を直接送金できなくなってしまった

もしも自身が使用している国内取引所から、海外取引所へとビットコインを送れなければ、ウォレットを中継するようにしよう。

トラベルルールとは?

ラベルルールは、マネーロンダリングなどの不正行為への対策のために生まれた顧客情報の共有に関するルールだ。

トラベルルールへの対応のため、各仮想通貨取引所は専用のシステムを導入したが、そのシステムにはいくつかの種類があり、なおかつシステム間に今のところ互換性がない。

また、互換性がないことによる弊害で現状、一部の仮想通貨取引所同士で仮想通貨の送金・受取ができない状況が生まれている。

ちなみにプライベートのウォレットは、トラベルルールと関係がない

したがってウォレットを中継すれば、手間とコストが余計にかかるが、問題なく送金することができる。

海外取引所でKASコインを購入

ひととおりの準備が整ったら、最後に海外取引所でKASコインを購入しよう。

なお海外取引所では、ステーブルコインでの取引が主流となっている。

BybitにおいてもKASコインの通貨ペアは、ステーブルコインのUSDT(テザー)とのペアのみとなっており、一旦用意したビットコインをテザーへと換金してからKASコインの取引をおこなうことになる。

出典:MEXC

以上、KASコインの購入方法を簡潔に紹介した。

日本語表記に対応しているBybitを使えば、日本人でもスムーズにKASコインの取引をおこなうことができる。

またBybitでは、現物取引であれば取引手数料がかからない。

KASコインへの投資に興味がある方は、ぜひこの機会にBybitのサイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

Bybit公式サイトはこちら

Kaspa/KASコインに関するよくある質問

最後に、KaspaとKASコインに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • KASコインを管理できるウォレットはありますか?
  • Kaspaにコミュニティはありますか?
  • KASコインのマイニングのやり方を教えてください。

KASコインを管理できるウォレットはありますか?

Kaspaでは、ブラウザ上で動くウェブウォレット「Kaspa Wallet」と、PCのデスクトップ上で使うウォレット「KDX」が用意されており、それらでKASコインを管理・運用することができる。

また「Tangem」など、サードパーティのウォレットの中にも、KASコインに対応しているものがいくつかある。

Kaspaのウォレット
出典:Kaspa

Kaspaにコミュニティはありますか?

Kaspaでは、Discordをとおしてコミュニティが形成されている。

だれでも無料で参加できるので、興味がある方は足を踏み入れてみるとよいだろう。

Discordの招待画面
出典:Discord

KASコインのマイニングのやり方を教えてください。

KASコインのマインニングは、専用のソフトウェアをPCなどにダウンロードすれば、だれでもおこなうことできる。

また、マイニングプールを使い、他のマイナーと協力してマイニングをおこなうことも可能だ。

なお、KASコインのマイニングに対応したソフトウェアとマイニングプールは、どちらもKaspaのサイトから確認できる。

Kaspaのマイニング
出典:Kaspa

Kaspa/KASコインとは?まとめ

今回はPoWを採用しているブロックチェーン「Kaspa」と、そのネイティブトークンである「KASコイン」について、特徴や将来性などを解説した。

この記事のまとめ

  • Kaspaは、2022年にローンチされた後発のPoWブロックチェーン
  • 電子決済システムでの普及と定着を目指している
  • ブロックDAGによって、トランザクションの高速処理が可能
  • ブロックDAGは、スケーラビリティの面でも優れている
  • アップデートによって、さらなる高速化を目指している

Kaspaは、トランザクションの高速処理によって、ビットコインがなし得なかった電子決済システムでの普及と定着を目指している。

性能面は上々であり、投資家から寄せられる期待も大きい。

またKASコインは、2022年の市場上場から現在まで、堅調な値動きを見せている。

今回紹介した情報をとおして、KASコインに将来性を感じた方は、実際にご自身でKASコインへの投資にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

なおKASコインを扱う海外取引所の中でも、日本語表記に対応しているBybitを使えば、よりスムーズに取引ができるはずだ。

まだ口座をお持ちでないなら、この機会にぜひ、Bybit公式サイトも覗いてみてほしい。

Bybit公式サイトはこちら

-海外上場の仮想通貨
-, ,

Crypto Marker