本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

国内上場の仮想通貨

Astar NetworkのAstarトークンとは?日本で期待される理由、将来性を解説

今回取り上げる「Astar Network」とそのネイティブトークンである「Astarトークン」は、日本人が創設に関わった数少ないブロックチェーンのプロダクトの1つだ。

当然ながら日本での注目度は高く、メディアなどでもその名がたびたび取り上げられている。

この記事ではそんなAstar NetworkおよびAstarトークンについて、主な特徴や過去の値動き、将来性などを解説していく。

特に、Astarトークンへの投資に興味がある方は、ぜひ最後まで読んでもらいたい。

この記事からわかること

  • Astar NetworkとAstarトークンの特徴
  • Astarトークンの値動き
  • Astar NetworkとAstarトークンの将来性
  • Astarトークンの価格予想
  • Astarトークンを扱う国内の仮想通貨取引所

Astarトークンを取り扱う国内取引所は、2024年3月時点で5社存在する。

その中でも「GMOコイン」なら、取引所形式の現物取引により、リーズナブルな手数料でAstarトークンを買える。

またステーキングサービスによって、Astarトークンをただ保有するだけでインカムゲインを得ることができる。

Astarトークンに興味がある方は、この機会にぜひ、GMOコインのこともチェックしておくとよいだろう。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコイン公式サイトはこちら

Astar Network/Astarトークンとは?

Astar Network のトップ画面
出典:Astar Network
名称Astarトークン
シンボル・通貨単位ASTR
ローンチ時期2022年1月
価格*0.13ドル/ASTR
時価総額ランキング*113位
主な上場先GMOコイン
BitTrade
bitbank
*2024年3月19日時点、CoinMarketCap調べ

Astarトークンは、「ポルカドット」のパラチェーンの1つである「Astar Network(アスターネットワーク)」のネイティブトークンだ。

ポルカドット/パラチェーンとは?

ポルカドットは、ブロックチェーン同士の相互運用性に重点が置かれたパブリックブロックチェーンである。

またその「パラチェーン」とは、ポルカドットのメインネットワーク(リレーチェーンという)に接続されたブロックチェーンのことだ。

パラチェーンは共通規格の開発キットでつくられたブロックチェーンで、ポルカドットのセキュリティや相互運用性などを享受しつつ、それぞれが独自のルールや機能を有している。

出典:ポルカドット

そんなAstar NetworkにおいてAstarトークンは、ネットワーク手数料(ガス代)の支払いステーキング報酬などに用いられている。

またAstarトークンは、日本との関わりが深いこともあり、国内でもGMOコインBitTradeなど複数の仮想通貨取引所で取り扱いがある。

GMOコイン公式サイトはこちら

Astar Network/Astarトークンの特徴

Astar NetworkとAstarトークンは、主に次のような特徴を持っている。

主な特徴

  • ポルカドットのパラチェーン
  • ハブとしての機能を持つ
  • DAppsの相互運用が可能
  • 日本企業との連携を進めている
  • DApps開発者向けのインセンティブの仕組みがある
  • イーサリアムのL2チェーンをローンチ

ポルカドットのパラチェーン

出典:ポルカドット

前述のとおりAstar Networkは、ポルカドットの「パラチェーン(Parachain)」の1つである。

ポルカドットのメインチェーン(リレーチェーン/Relaychainという)のセキュリティ性能などを享受しつつ、Astarトークンによる独立した経済圏を確立している。

ちなみにポルカドットのメインチェーンは、パラチェーンを接続できる「スロット」の数に限りがある。

Astar Networkは数多の競合がいる中、「パラチェーンスロットオークション」をとおして将来性を認められ、そのスロットを勝ち取った。

ハブとしての機能を持つ

Astar Networkの主たる目的は、さまざまなブロックチェーン間の主要ハブとしての地位を確立することだ。

ハブとして、

  • ポルカドットのメインチェーン
  • ポルカドットの他のパラチェーン
  • イーサリアムチェーン
  • Cosmosチェーン

など様々なブロックチェーンをつなぎ、異なるブロックチェーン間での自由な資産移動コミュニケーションを可能にしている。

出典:Astar Network

DAppsの相互運用が可能

Astar Networkは「Wasm」と「EVM」の両方をサポートしている。

Wasmとは?

Wasm(WebAssembly)はプログラミング言語の1種で、他のプログラミング言語のコンパイルターゲットとして用いられる。

コンパイルとは、プログラミング言語で記述されたソフトウェアの設計図(ソースコード)を、コンピュータが実行可能な形式(オブジェクトコード)に変換する作業のこと。

エンジニアが Wasmを活用すると、別のプラットフォーム上のDAppsAstar Networkへと移植することができる。

EVMとは?

EVM(Ethereum Virtual Machine、イーサリアム仮想マシン)とは、イーサリアムネットワーク上でスマートコントラクトを実行するための仮想環境のことだ。

EVMをサポートしているAstar Networkでは、イーサリアムチェーン上で用意されたスマートコントラクトを修正なしで、イーサリアムチェーンと同じように稼働させられる

WasmとEVMをサポートすることによりAstar Network は、

  • ポルカドットのエコシステム内の各種DApps
  • イーサリアムなど外部のブロックチェーン上の各種DApps

これらの相互運用を可能にしている。

日本企業との連携を進めている

Astar Networkの創設者は、Stake Technologies(シンガポール)でCEOを務める渡辺創太氏だ。

創設者が日本人ということもあり、Astar Networkは日本企業との連携を積極的に進めている。

これまでの代表的な提携先は、以下のとおり。

Astar Networkの主な提携先

  • 博報堂
  • SMBC日興証券株式会社
  • ‎NTTドコモ
  • トヨタ

DApps 開発者向けのインセンティブの仕組みがある

Astar Networkは、DApps開発者をより多く呼び込むために、「DAppステーキング」というユニークなインセンティブの仕組みを取り入れている。

出典:Astar Network

まずAstar トークンの所有者は、同トークンをステーキングすることで、好みのDAppsへの応援の意思を示すことができる。

また、ステーキング報酬としてAstarトークンを獲得できる。

一方でDAppsの開発者側は、ステーキングされた金額に応じた報酬を得られるようになっている。

つまり、より多くの支持を得られるDAppsを提供すれば、支持に応じて得られる利益も増えていくということだ。

このようにDAppステーキングは、ユーザーと開発者の双方がインセンティブによって、エコシステムの成長に対し精力的に取り組める仕組みとなっている。

イーサリアムのL2チェーンをローンチ

2024年3月、Astar Networkの開発チームは、イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーンである新しいネットワークAstar zkEVM」をローンチした。

Astar zkEVMは、イーサリアムのセキュリティなどを活用しつつ、高速かつ低コストな利用環境を実現している。

出典:Astar Network

なおAstar zkEVMが誕生したからと言って、将来的にAstar Networkがなくなるわけではない

Astar Networkはポルカドットエコシステムの構成要素(パラチェーン)の1つとして、またAstar zkEVMはイーサリアムエコシステムの構成要素(L2チェーン)の1つとして、それぞれ稼働している。

Astarトークンの値動き

ここで、Astarトークンの値動きを確認しておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のチャートのとおりだ。

2023年末までの値動き

次にASTR/USDTチャートで、2022年1月から2023年末までの値動きをチェックしていこう。

Astarトークンのチャート
出典:TradingView

Astarトークンは2022年1月にローンチされ、同月に市場への上場も果たした。

2022年3月末から4月上旬にかけて投機的な動きによって一時高騰するも、4月10日をピークに下落に転じ、5月には市場上場時の価格(約0.14ドル)すら割り込んでしまった。

その後しばらくは目ぼしい値動きが見られなかったが、2023年終盤にかけて仮想通貨市場全体が活況となり、その流れに乗って久々に市場上場時の価格を上抜いてみせた。

ただ、復調してきていると言っても、2022年4月に付けた史上最高値にはまだ遠く及ばない。

過去の高値と比べるとまだまだ割安な水準にあるので、今後のさらなる復調に期待する方は、今の内にAstarトークンに投資してみてはどうだろうか。

GMOコイン公式サイトはこちら

将来性に関わる注目ポイント

続いては次の4つの要素から、Astar NetworkおよびAstarトークンの将来性を考察してみよう。

今後に関わる注目要素

  • 上場先が増える可能性あり
  • ポルカドットの動向に影響を受ける
  • 提携先とのプロダクト開発に注目
  • Astar2.0に進んでいる

上場先が増える可能性あり

Astarトークンは、2022年1月にローンチされた比較的新しい仮想通貨だ。

そのため、まだまだこれから上場先の増加に期待が持てる。

創設者が日本人ということもあって、特に国内取引所での新規上場に対する期待は大きい

もしも上場先が増えれば、Astarトークンの流動性の増加につながる。

また新規上場の話題は、投資家に好感されることが多く、短期的な高騰のきっかけになりやすい。

ポルカドットの動向に影響を受ける

Astar Networkはポルカドットのパラチェーンであり、言うまでもなくポルカドットの影響を色濃く受ける。

そのため、Astarトークンに投資するのであれば、ポルカドットの開発などの動向も逐一チェックしておきたいところだ。

なお、ポルカドットとそのネイティブトークン「DOTトークン」に関しては、以下の記事で別途解説している。

興味がある方はぜひ、チェックしてみてほしい。

提携先とのプロダクト開発に注目

前述のとおりAstar Networkは、国内のさまざまな大手企業と提携を結んでいる。

それらの企業からAstar Networkを基盤としたプロダクトがリリースされたり、Astar Networkの協力の元で新しいソリューションが生まれたりしていけば、自ずとAstar Networkの知名度は上がっていくはずだ。

また、日本ではブロックチェーンの開発企業の活動を妨げないように、税制改正を含めた環境改善が進められており、そうした環境の変化も今後のAstar Networkを後押しするだろう。

Astar2.0に進んでいる

Astar Networkは、2023年6月に「Astar2.0」の計画を発表した。

Astar2.0の構成要素およびその概要は、以下のとおり。

Astar2.0の構成要素

出典:Astar Network

ステーキング2.0:

DAppsの開発者、ユーザー、プロジェクトがよりよいインセンティブを得られるように、DAppステーキングのプログラムを更新する。

スーパーノヴァ:

スーパーノヴァ(超新星爆発)のように、Web3の世界に大きなインパクトをもたらすことを目指す、大型アップデート

Astar Link:

Astarは、現在断片化されているブロックチェーンのすべてのレイヤーをつなぎ、開発者やユーザーに統一された体験を提供するハブ「Astar Link」へとアップデートされる。

Astar財団:

Astar財団は、Astar Networkソースコードの主要な貢献者であり管理者でもある。

コミュニティ活動などのさまざまな取り組みを通じて、Astar Networkを拡大するためのリソースを展開している。

トケノミクス2.0:

持続可能なトークン構造と、低いインフレ率を実現可能な「トケノミクス2.0」へのアップデート。

Startale Labs:

Startale Labsは、ブロックチェーンの開発ツールなどを構築しているIT企業で、日本市場におけるWeb3の普及を促進する。

Astarガバナンス:

Astar Networkは今後少しずつ非中央集権化(分散化)され、最終的には、コミュニティによる投票で意思決定がなされる形態へと移行していく。

Astar2.0によって、よりよい利用環境が構築されれば、自ずとエコシステムは拡大していくだろう。

Astarトークンの価格予想

仮想通貨のデータアグリゲーターの中には、各銘柄の価格予想を発信しているところもいくつかある。

今回はその中から、「PricePrediction」と「DigitalCoinPrice」という2つのプラットフォームをピックアップし、Astarトークンの価格予想を紹介する。

まず、PricePredictionにおけるAstarトークンの今後10年の価格予想は以下のとおりだ。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2024$0.1967$0.2040$0.2268
2025$0.2714$0.2796$0.3365
2026$0.4070$0.4182$0.4870
2027$0.5635$0.5844$0.7183
2028$0.8449$0.8741$0.9821
2029$1.23$1.27$1.43
2030$1.79$1.85$2.16
2031$2.58$2.65$3.04
2032$3.69$3.82$4.57
2033$5.41$5.61$6.29

またDigitalCoinPriceでは、次のような価格予想が発信されている。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2024$0.12$0.28$0.29
2025$0.28$0.33$0.34
2026$0.39$0.46$0.47
2027$0.51$0.59$0.60
2028$0.51$0.59$0.60
2029$0.63$0.71$0.72
2030$0.89$0.96$0.98
2031$1.28$1.34$1.36
2032$1.81$1.89$1.90
2033$2.47$2.52$2.56

参考までに、記事執筆時点のAstarトークンの価格と、これまでの史上最高値は以下のとおり。

  • 記事執筆時の価格:0.13ドル(2024年3月19日)
  • 史上最高値:0.33ドル(2022年3月31日)

PricePredictionとDigitalCoinPriceはどちらも、「Astarトークンは長期的に見て値上がりしていくとの見解を示している。

特にPricePredictionの方は、「将来的にAstarトークンの価格が5ドルを超えるというより強気な予想となっている。

これらはあくまで予想であり、Astarトークンの将来を確約しているわけではないのだが、投資の是非を検討する際にはよい判断材料の1つとなるだろう。

GMOコイン公式サイトはこちら

Astarトークンを買える仮想通貨取引所

本記事執筆時点(2024年3月)で、Astarトークンの取り扱いがある国内取引所は次の5社だ。

Astarトークンを扱う国内取引所

ここでは、これらの内でおすすめ3社(GMOコインBitTradebitbank)の基本情報と特徴をそれぞれ紹介していく。

GMOコイン

GMOコイン
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコインは、東証プライム上場のGMOインターネットグループに属している。

グループで培われた技術が用いられているため、GMOコインでは安全かつ快適に、仮想通貨取引を楽しめる。

またGMOコインでは、ユーザー同士で取引をする「取引所を使い、リーズナブルな手数料でAstarトークンを売買することが可能だ。

さらにレンディングステーキングなど、Astarトークンを使えるサービスの充実度が高い点も大きな魅力となっている。

GMOコイン公式サイトはこちら

BitTrade

BitTrade
出典:BitTrade
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
取扱銘柄*BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XEM、XLM、MONA、ETC、EOS、ONT、TRX、QTUM、XYM、LSK、ADA、DOT、ENJ、IOST、BSV、JMY、OMG、COT、HT、XTZ、DEP、PLT、FLR、ASTR、BOBA、ATOM、DOGE、SHIB、BAT、SAND、AXS、MKR、DAI、MATIC、SXP
【全40種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
無料
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料
(BTCの場合)
0.0005BTC
その他のサービス貸暗号資産
積立暗号資産
*2024年3月時点

BitTradeの特長

  • 取扱銘柄数が国内トップクラス
  • わずか2円から取引を始められる
  • ビットコイン・イーサリアム・リップルの取引手数料が無料*
  • フォビトークンを保有すると手数料の割引を受けられる
  • レンディングによる資産運用も可能

*現物取引(取引所)の場合

BitTradeは、国内最多クラスの銘柄ラインナップが魅力の仮想通貨取引所だ。

以前は「Huobi Japan」という名称だったが、2023年1月に現在の「BitTrade」へとリブランディングされた。

BitTradeでAstarトークンを取引する際は、BitTradeとユーザーの間で取引をする「販売所」と、ユーザー同士で取引できる「取引所」の2種類から、取引形式を自由に選択できる。

BitTradeが提示する価格でより手軽に取引したい場合「販売所」手数料を安く抑えたい場合「取引所」を選んで取引するとよいだろう。

BitTrade公式サイトはこちら

bitbank

bitbankのトップ画面
出典:bitbank
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)  
取扱銘柄*BTC、XRP、LTC、ETH、MONA、BCH、XLM、QTUM、BAT、OMG、XYM、LINK、MKR、BOBA、ENJ、MATIC、DOT、DOGE、ASTR、ADA、AVAX、AXS、FLR、SAND、APE、GALA、CHZ、OAS、MANA、GRT、RNDR、BNB、ARB、OP、DAI、KLAY、IMX、MASK
【全38種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.02%、Taker0.12%
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
その他のサービス貸して増やす(レンディング)
*2024年3月時点

bitbankの特長

  • 取扱銘柄数が国内トップクラス
  • 「販売所」と「取引所」から、自分に合った取引形式を選べる
  • 取引コストが割安な「取引所」の取扱銘柄が充実している
  • 取引ツールが高性能(TradingViewを搭載)

bitbankもBitTradeと同じように、国内屈指の取扱銘柄数を誇っている。

取引の形式もBitTrade同様、「販売所」と「取引所」の2種類から選択可能だ。

またbitbankでは、PC版・アプリ版とも取引ツールに高性能チャートの「TradingView」が搭載されている。

そのためbitbankは、本格的な値動きの分析をしたい中級者以上の方に適しているだろう。

bitbank公式サイトはこちら

Astar Network/Astarトークンに関するQ&A

最後に、Astar Network およびAstarトークンに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • Astar NetworkのDAppsはどこで探せますか?
  • Astar NetworkのDAppステーキングのやり方を教えてください。
  • ポルカドットのエコシステムの中で、Astar Networkは人気がありますか?

Astar NetworkのDAppsはどこで探せますか?

Astar Network上のDAppsは、公式サイトにあるエコシステム紹介ページにおいて、一覧で確認することができる。

カテゴリーごとに検索をかければ、目的に合ったDAppsを見つけられるだろう。

出典:Astar Network

Astar NetworkのDAppステーキングのやり方を教えてください。

DAppステーキングは、Astar Networkのポータルでおこなうことができる。

出典:Astar Network

実施方法は以下のとおりだ。

DAppステーキングのやり方

  • 国内取引所でAstarトークンを購入
  • ウォレットを用意
  • ウォレットにAstarトークンを送金
  • Astar Networkのポータルへアクセス
  • ポータルとウォレットを接続
  • 応援したいDAppsを選ぶ
  • 応援したいDAppsにAstarトークンをステーキング

ポルカドットのエコシステムの中で、Astar Networkは人気がありますか?

2024年3月時点で、ポルカドットのパラチェーンは50種類存在している。

出典:Polkadot-subscan

またパラチェーンはそれぞれ独自トークンを持っており、その独自トークンの中だとAstarトークンの時価総額はトップクラスである。

独自トークンの時価総額だけでは正確な判断はできないのが、ポルカドットのエコシステムの中で、Astar Networkは上位の需要を獲得していると思われる。

Astarトークン(ASTR/アスター)とは?まとめ

今回は、Astar NetworkとそのネイティブトークンであるAstarトークンについて、特徴や将来性などを解説した。

この記事のまとめ

  • Astar Networkは、ポルカドットのパラチェーンの1つ
  • 異なるブロックチェーンのハブとなることを目指している
  • DAppsの開発者にインセンティブが届く仕組みになっている
  • 創設者は日本人で、日本の企業や投資家からも期待を寄せられている
  • 今後Astar2.0へのアップデートがおこなわれていく見込みである

AstarトークンおよびAstar Networkは、日本におけるブロックチェーンのパイオニアである渡辺創太氏の手で開発された。

そのため、海外のみならず日本においても、多くの企業や投資家から高い注目を集めている。

この記事をとおして興味を持った方は、実際にAstarトークンに触れてみてはいかがだろうか。

なお、Astarトークンを扱う国内取引所の中で「GMOコイン」なら、リーズナブルな手数料で同銘柄を買えて、さらにステーキングやレンディングで運用することもできる。

まだ口座をお持ちでないなら、ぜひこの機会にGMOコインのこともチェックしてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

-国内上場の仮想通貨
-, , , ,

Crypto Marker