本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

国内上場の仮想通貨

【話題のL2チェーン】Arbitrum/ARBトークンとは?特徴や将来性を解説

イーサリアムチェーンには、約30種類ものレイヤー2ブロックチェーンが連なっている。

今回取り上げる「Arbitrum(アービトラム)」も、そうしたレイヤー2ブロックチェーンの1つだ。

またArbitrumの独自トークン「ARBトークン」は、レイヤー2ブロックチェーンの各銘柄の中だと、MATICに次いで2番目の規模の時価総額*を誇る。*2024年3月21日時点、CoinMarketCap調べ

ARBトークンの時価総額
出典:CoinMarketCap

本記事ではそんなArbitrumとARBトークンについて、主な特徴や将来性などをわかりやすく解説していく。

見出しテキスト

  • ArbitrumとARBトークンの特徴
  • ARBトークンのこれまでの値動き
  • ArbitrumとARBトークンの将来性
  • ARBトークンの価格予想
  • ARBトークンを買える国内の仮想通貨取引所

ARBトークンを扱う国内取引所はいくつかあるが中でもOKCoin Japanなら、現物取引(取引所)を使って、リーズナブルな手数料で同銘柄を買える。

また、取扱銘柄数が国内最多クラスなのも魅力的だ。

無料で口座をつくれるので、まだ使ったことがなければ、OKCoin Japanのこともこの機会にチェックしてみてほしい。

出典:OKCoin Japan

OKcoin Japanの特長

  • 取扱銘柄数が国内でトップクラス
  • マーケットの流動性が高く、安定した取引が可能
  • 積立やステーキングなど、サービスが充実している

OKCoin Japan公式サイトはこちら

Arbitrum/ARBトークンとは?

Arbitrum
出典:Arbitrum
名称ARBトークン
シンボル・通貨単位ARB
基盤のチェーンArbitrum
価格*1.75ドル/ARB
時価総額ランキング*27位
上場先OKCoin Japan
bitbank
Binance Japan
*2024年3月21日時点、CoinMarketCap調べ

Arbitrum(アービトラム)は、イーサリアムチェーンとつながっているレイヤー2ブロックチェーンの1つだ。

イーサリアムチェーンの負荷軽減を目的として、2021年8月にローンチされた。

後ほどくわしく紹介するがArbitrumのエコシステムは、

  • Arbitrum One(メインチェーン)
  • Arbitrum Nova(サブチェーン)
  • Orbitチェーン(ツールで開発できるL2・L3チェーン)

によって構成されている。

またArbitrumは、「Arbitrum DAO」によって分散型(非中央集権型)の運営がなされている。

ガバナンストークンである「ARBトークン」を保有すれば、運営の意思決定に参加することが可能だ。

ARBトークンは、2023年8月にOKCoin Japanから、国内市場への初上場を果たした。

また2024年3月時点では、bitbankBinance Japanも、ARBトークンを取り扱っている。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

Arbitrum/ARBトークンの特徴

さて、ArbitrumおよびARBトークンは、次のような特徴を有している。

主な特徴

  • イーサリアムのL2チェーン
  • Arbitrum OneとArbitrum Novaがある
  • レイヤー3ブロックチェーンをつくれる
  • ARBトークンはガバナンストークン

イーサリアムのL2チェーン

前述のとおりArbitrumは、イーサリアムチェーンのレイヤー2(L2)ブロックチェーンの1つである。

イーサリアムチェーンの負荷軽減および処理能力向上を主たる目的として、開発された。

ArbitrumはDApps(分散型アプリ)の稼働レイヤーとして機能し、イーサリアムチェーンの負荷軽減に貢献している。

また、DAppsでおこなわれた取引のデータを個別に処理するのではなく、ある程度の数をひとまとめにしてイーサリアムに送る(ロールアップという)ことで、データの処理効率を高めている。

イメージ

Arbitrum OneとArbitrum Novaがある

Arbitrumには、メインチェーンの「Arbitrum One」と、サブチェーンの「Arbitrum Nova」がある。

Arbitrum Oneは、先ほど紹介した「ロールアップ」という技術を採用している。

一方でArbitrum Novaは、利用コストの削減に重点が置かれた「Arbitrum AnyTrust」という技術を基盤にしている。

そうした背景からArbitrum Novaは、トランザクションの頻度が多いNFTゲームSNSアプリの開発基盤として用いられている。

レイヤー3ブロックチェーンをつくれる

2023年6月にArbitrumの開発チームは、独自ブロックチェーンを開発できるツールキット「Arbitrum Orbit」をローンチした。

Arbitrum Orbitでは以下の図のように、

  • イーサリアムとつながるレイヤー2ブロックチェーン
  • Arbitrum OneもしくはNovaにつながるレイヤー3ブロックチェーン

といった、2パターンの独自ブロックチェーン(どちらもOrbitチェーンというをつくることができる。

Orbitチェーン
出典:Arbitrum

また、Orbitチェーンは柔軟性・拡張性に優れており、前述の「ロールアップ」や「Arbitrum AnyTrust」といったArbitrumの技術を活用しつつ、開発者ごとの目的に合った環境を構築できるようになっている。

ARBトークンはガバナンストークン

Arbitrumは、DAOをとおして分散型(非中央集権型)の運営がなされている。

ガバナンストークンとして「ARBトークン」を発行しており、その保有者は投票をとおして、Arbitrumの運営に参加することができる。

ちなみにレイヤー2ブロックチェーンの中には、例えばPolygonチェーンなど、独自の仮想通貨をガス代(ネットワーク手数料)の支払い手段に用いているところもある。

一方でArbitrumエコシステムでのガス代の支払いには、メインチェーン(イーサリアムチェーン)と同じく、イーサリアムが用いられている。

ARBトークンはガス代の支払いに使えないので、注意が必要だ。

Arbitrum/ARBトークンの値動き

それではここで、ARBトークンの値動きを確認しておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のチャートのとおりだ。

記事執筆時点までの値動き

次にARB/USDチャートで、市場へ上場した2023年3月末から、本記事執筆時点(2024年3月末)までの値動きをおさらいしておこう。

ARBトークンのチャート
出典:TradingView

ARBトークンは、エアドロップを経て2023年3月末に市場への上場を果たした。

また、上場からしばらくは下落基調となっていたが、2023年終盤に上昇に転じ、史上最高値を更新している。

この高騰の主要因は、仮想通貨市場全体が活況になってきたことだ。

次のチャートは、記事執筆時点から直近1年*における市場全体の時価総額推移を示しているのだが、これを見ると2023年10月末頃から時価総額が右肩上がりで増えていることがわかる。*2023年3月末~2024年3月末

市場全体の時価総額
出典:CoinMarketCap

このように仮想通貨市場が活気づくのに合わせて、ARBトークンも大きく飛躍することとなった。

この上昇トレンドに乗りたい方は、ぜひ今からでもOKCoin Japanなどをとおして、ARBトークンへの投資にトライしてみてはいかがだろうか。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

Arbitrumの将来性に関わるポイント

続いて以下の3つの要素から、ArbitrumおよびARBトークンの将来性を考察してみよう。

将来性に関わる注目要素

  • Orbitチェーンが増えていく見込み
  • L2チェーン間の競争に注目
  • イーサリアムの動向にも注目

Orbitチェーンが増えていく見込み

前述のとおりArbitrumの開発チームは、2023年6月にブロックチェーンの開発キット「Arbitrum Orbit」をローンチした。

そのキットでつくれるOrbitチェーンは、今後少しずつ増えていくと見られている。

またOrbitチェーンが増えて、Arbitrumのエコシステムが拡大していけば、自ずとARBトークンの実需も増していくはずだ。

L2チェーン間の競争に注目

Arbitrumのようなイーサリアムチェーンにつながるレイヤー2(L2)ブロックチェーンは、2024年3月時点で約30種類存在している。

それらのL2ブロックチェーン同士で相互運用を目指す動きもあるが、一方で言うまででもなく、市場シェアの奪い合いは避けられない。

そのためARBトークンに投資するなら、Arbitrumと競合のL2ブロックチェーンとの相対的な位置関係の変化にも注目していきたいところだ。

例えば、ネイティブトークンの時価総額ランキングは、競合と比較する際の指針の1つになるだろう。

ちなみに2024年3月時点だと、ARBトークンはL2ブロックチェーンのネイティブトークンの中で、MATICに次ぐ2番目の規模を誇っている。

ARBトークンの時価総額
出典:CoinMarketCap

イーサリアムの動向にも注目

Arbitrumはイーサリアムチェーンとつながっており、ARBトークンの値動きもイーサリアムと相関関係を示すことが多い

以下のチャートは、直近1年(2023年3月末~2024年3月末)のARBトークンとイーサリアムの値動きを重ね合わせたものだが、これを見ると相関関係があることは一目瞭然だ。

ARBトークンとイーサリアムの比較
出典:CoinMarketCap

したがってARBトークンに投資する際は、イーサリアムチェーンの動向も注意深く見ておくべきだろう。

Arbitrum/ARBトークンの価格予想

仮想通貨のデータアグリゲーターの中には、さまざまな銘柄の価格予想を発信しているところもある。

今回はその中の1つ「DigitalCoinPrice」から、ARBトークンの価格予想を紹介する。

DigitalCoinPriceにおけるARBトークンの今後10年の価格予想は、以下のとおり。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2024$3.56$6.60$8.65
2025$8.50$9.87$10.15
2026$11.65$13.81$13.90
2027$15.22$16.58$17.68
2028$15.22$16.58$17.68
2029$18.79$21.24$21.61
2030$26.69$28.84$29.50
2031$38.55$40.88$41.45
2032$54.38$56.14$56.94
2033$74.17$75.80$77.06

参考までに、ARBトークンの本記事執筆時点での価格と、史上最高値も示しておこう。

  • 本記事執筆時点での価格:1.75ドル(2024年3月16日)
  • 史上最高値:2.40ドル(2024年1月12日)

DigitalCoinPriceは、今後ARBトークンが堅調に値上がりしていくと予想している。

もちろんこれはあくまで予想であり、未来を確約するものではない。

だが先ほど紹介したOrbitチェーンの拡充など、Arbitrumの高い将来性を鑑みると、十分に起こり得る事象だと言えるだろう。

Arbitrumに関心があるなら、こうした価格予想も参考にしつつ、将来性を見越してARBトークンへの投資にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

bitbank公式サイトはこちら

ARBトークンを買える仮想通貨取引所

2024年3月時点でARBトークンは、

の国内3社に上場している。

またこれらの中でもイチオシは、OKCoin Japanだ。

OKCoin Japan
出典:OKCoin Japan
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、ADA、APE、APT、ARB、ASTR、AVAX、BAT、BCH、DAI、DEP、DOGE、DOT、EFI、ENJ、ETC、FIL、FNCT、IOST、KYAY、LSK、LTC、MASK、MATIC、MKR、OAS、OKB、PLT、QTUM、SAND、SHIB、SOL、SUI、TRX、XLM、XRP、XTZ、ZIL
【全39種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
⇒ Maker ~0.07%、Taker ~0.14%
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
その他のサービスステーキング
Flash Deals
積立
API
*2024年4月時点

OKcoin Japanの特長

  • 取扱銘柄数が国内でトップクラス
  • マーケットの流動性が高く、安定した取引が可能
  • 積立やステーキングなど、サービスが充実している

OKCoin Japanは、グローバルにサービスを展開するOKグループ傘下の仮想通貨取引所だ。

ARBトークンを含めて国内最多クラスの38種類もの仮想通貨を取り扱っており、その豊富な銘柄をリーズナブルな手数料で取引することができる*。*現物取引(取引所)を利用した場合

また「Flash Deals」という高利回りの運用サービスを利用できるのも、大きな魅力だ。

口座は無料でつくれるので、まだ使ったことがなければぜひ、この機会にOKCoin Japanの利用を検討してみてほしい。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

Arbitrum/ARBトークンに関するQ&A

それでは最後に、ArbitrumおよびARBトークンに関してよくある質問を3つ、紹介しておく。

よくある質問

  • ArbitrumにはどのようなDAppsがありますか?
  • 仮想通貨取引所で買ったイーサリアムをガス代の支払いに使えますか?
  • Arbitrumの創設者はだれですか?

ArbitrumにはどのようなDAppsがありますか?

Arbitrumでは、DEX(分散型取引所)やNFTゲームなど、ジャンルを問わずさまざまなDApps(分散型アプリ)が稼働している。

また、Arbitrumのポータルにアクセスすれば、稼働中のDAppsを一覧でチェックすることができる。

ArbitrumのDApps
出典:Arbitrum Portal

仮想通貨取引所で買ったイーサリアムをガス代の支払いに使えますか?

国内取引所で買えるイーサリアムは、基本的にイーサリアムチェーンを基盤としたものだ。

Arbitrumを基盤としたものではないため、そのままだとArbitrumでのガス代支払いには使えない

Arbitrumで使うには、Arbitrum Portalなどのブリッジサービスを使い、手持ちのイーサリアムをイーサリアムチェーン上からArbitrumに移し替える必要がある。

イーサリアムのブリッジ
出典:Arbitrum Portal

Arbitrumの創設者はだれですか?

Arbitrumは、ニューヨークを拠点とするブロックチェーン開発企業「Offchain Labs」によって開発された。

Arbitrum/ARBトークンとは?まとめ

今回はArbitrumとARBトークンについて、その特徴や将来性などを解説した。

この記事のまとめ

  • Arbitrumは、イーサリアムチェーンのL2ブロックチェーンの1つ
  • Arbitrum One」と「Arbitrum Nova」の2種類のネットワークがある
  • 「Arbitrum Orbit」を使って、L3ブロックチェーンをつくれる
  • ARBトークンの時価総額は、L2チェーンの独自通貨の中で2番目*の規模を誇る

*2024年3月下旬時点

Arbitrumは、イーサリアムチェーンの負荷軽減を目的としてつくられた、レイヤー2ブロックチェーンの1つだ。

独自のブロックチェーン(Orbitチェーン)の開発が可能で、拡張性にも優れている。

そんなArbitrumに将来性があると感じた方は、ぜひOKCoin Japanをとおして、ARBトークンに投資してみてはいかがだろうか。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

-国内上場の仮想通貨
-, ,

Crypto Marker