本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

国内上場の仮想通貨

【SBI VCトレード上場】仮想通貨XDC(XDC Network)の特徴や将来性を解説

今回取り上げるブロックチェーン「XDC Network」は、日本の大手金融グループSBIホールディングスと提携しており、国内メディアでも時折その名を目にすることがある。

だが、具体的にXDC Networkがどういったものなのか知らないという方も多いだろう。

そこで今回は、XDC Networkとそのネイティブトークン「XDC」について、主な特徴や将来性などを投資初心者にもわかりやすく解説していく。

この記事からわかること

  • XDC Network/仮想通貨XDCの基本情報
  • XDC Network/仮想通貨XDCの5つの特徴
  • 仮想通貨XDCの値動き
  • XDC Network/仮想通貨XDCの将来性
  • 仮想通貨XDCの価格予想
  • 仮想通貨XDCを買える仮想通貨取引所

2024年2月時点で仮想通貨XDCの取り扱いがある国内取引所は、SBIグループ傘下の「SBI VCトレード」だけだ。

口座は無料でつくれるので、もしもXDCへの投資に興味があるなら、この機会にSBI VCトレードの口座をつくっておくとよいだろう。

SBI VCトレードのトップ画面
出典:SBI VCトレード

主な特長

  • レバレッジ取引もできる
  • 取引手数料がリーズナブル*
  • 仮想通貨の出金手数料が無料
  • ステーキングやレンディングで稼ぐことも可能

*取引形式で「取引所」を選択した場合

SBI VCトレード公式サイトはこちら

XDC Network/XDCとは?

XDC Network
出典:xinfin.org
名称XDC
シンボル・通貨単位XDC
価格*0.04ドル
時価総額ランキング*91位
基盤チェーンXDC Network
サイトURLhttps://xdc.org
https://xinfin.org
*2024年2月9日時点、CoinMarketCap調べ

XDC Networkは、貿易金融エンタープライズ向けに開発されたレイヤー1ブロックチェーンだ。

アラブ首長国連邦(UAE)に拠点を構える「TradeFinex Tech Ltd.(以下TradeFinex)」が、同ブロックチェーンを開発・運営している。

貿易金融/エンタープライズとは?

貿易金融とは、輸出入に必要な資金の融通や、信用供与に関わる金融業務のこと。

またエンタープライズ(エンタープライズ企業)は、中小企業(SMB)と区別して、大企業や官公庁のことを指している。

ネイティブトークンは「XDC」といい、XDC Networkにおいて取引手数料の支払い手段や、ネットワークの保全手段(ステーキング)などに用いられている。

またXDCは、2024年2月時点だと国内で唯一、SBI VCトレードに上場している。

そのためXDCに投資してみたい場合は、SBI VCトレードで取引口座をつくっておこう。

SBI VCトレード公式サイトはこちら

XDC Network/XDCの特徴

さてブロックチェーンの「XDC Network」、およびそのネイティブトークン「XDC」は、次のような特徴を持っている。

主な特徴

  • 貿易金融/エンタープライズ向けのブロックチェーン
  • ハイブリッドブロックチェーンである
  • イーサリアムチェーンとの互換性がある
  • XDCのステーキングで稼げる
  • SBIホールディングスと協業している

エンタープライズ向けのブロックチェーン

前述のとおりXDC Networkは、貿易金融エンタープライズ向けのレイヤー1ブロックチェーンである。

それらのニーズに応えるために、XDC Networkは次のような性能を持っている。

  • DApps(分散型アプリ)の開発が可能
  • トランザクションの高速処理が可能
  • ガス代(ネットワーク手数料)がほぼゼロ
  • セキュリティ性能が軍事レベル並み
  • 高い拡張性を持つ

なお、具体的なスペックは以下のとおり。

XDC Networkのスペック
出典:SBI XDC Network APAC

ハイブリッドブロックチェーンである

XDC Networkは、一般的なブロックチェーンと違い、「ハイブリッドブロックチェーン」となっている。

ハイブリッドブロックチェーンとは?

パブリックブロックチェーンプライベートブロックチェーン両方の性質を併せ持ったブロックチェーンのこと。

参加者が限定されるプライベートブロックチェーンは、情報の匿名性に優れる。

一方で不特定多数が利用できるパブリックブロックチェーンは、その逆に情報の透明性が高い

そうした2つの性質を組み合わせることでXDC Networkは、情報公開に関して高い柔軟性を持ち、企業にとって使い勝手の良い環境を実現している。

またハイブリッドブロックチェーンであることで、取引に関わるノード(ネットワーク参加者のこと)の数を抑えることができ、ひいては利用コストの削減に成功している。

イーサリアムチェーンとの互換性がある(EVM)

XDC NetworkはEVM互換性を持つ、つまりイーサリアムチェーンとの互換性を持つブロックチェーンだ。

EVMとは?

EVM(Ethereum Virtual Machine、イーサリアム仮想マシン)は、DAppsでトランザクションおよびスマートコントラクトを実行するための計算処理エンジン

イーサリアムチェーン、もしくはEVM互換性を持つ他のブロックチェーン(EVMチェーン)にあるコンテンツは、容易にXDC Networkへと移植コピーすることが可能だ。

またXDC Networkとイーサリアムチェーン、もしくは他のEVMチェーンとの間で、資産(仮想通貨やNFT)のやり取りをおこなうことができる。

cropped image of businesswoman holding assembled white and blue puzzles, business concept

XDCのステーキングで稼げる

XDC Networkのコンセンサスアルゴリズム*には、DPoSから派生した「XDPoS(XinFin Delegated Proof of Stake)」が採用されている。*トランザクションを検証し、ノード間で合意形成を図る仕組み

XDPoSは、バリデーター(トランザクションの検証者のこと)の選定基準がユニークだが、基軸通貨のホルダーに委任の権利がある部分は、通常のDPoS(Delegated Proof of Stake)と変わらない。

DPoSのイメージ図
出典:OKX

つまり仮想通貨XDCのホルダーは、同銘柄のステーキングで稼げるということだ。

ちなみにSBI VCトレードでは、XDCをただ保有するだけで、ステーキング報酬を得られるようになっている。

SBI VCトレードのステーキングサービス
出典:SBI VCトレード

なお、SBI VCトレードのステーキングサービスについてくわしく知りたい方は、以下の記事を参照してもらいたい。

SBIホールディングスと協業している

2023年12月、XDC Networkの開発元であるTradeFinexは、SBI VCトレードを擁するSBIホールディングスと協業し、合弁会社「SBI XDC Network APAC株式会社」を設立した。

SBI XDC Network APAC
出典:SBI XDC Network APAC

同企業は、アジア太平洋地域に対し、XDC Networkを基盤とした貿易金融ソリューションを展開することを目指している。

また、仮想通貨XDCの利用を促進することも、目的の1つとして掲げている。

SBI XDC Network APACの目的
出典:SBI XDC Network APAC

XDCの値動き

それではここで、XDCの値動きを確認しておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のとおりだ。

2023年末までの値動き

次に、市場で取り扱われるようになった2018年4月から、2023年末までの値動きをおさらいしておこう。

XDCのチャート
出典:TradingView

XDCは市場上場から長らく目ぼしい値動きが見られなかったが、2021年のいわゆる「コロナバブル」の中で脚光を浴び、大きな飛躍を遂げた。

その後、バブルの崩壊によって大きく値下がりしてしまうが、2023年は年間をとおして安値を切り上げていき、復調の気配を見せている。

ただ、復調してきているとは言っても、バブル期に付けた史上最高値と比べれば、現状はまだまだ割安な価格水準にある。

現状を安く買えるチャンスと見る方は、SBI VCトレードをとおして、XDCへの投資にトライしてみてはいかがだろうか。

SBI VCトレード公式サイトはこちら

将来性に関わる注目ポイント

続いて以下の3つの要素から、XDC Networkの将来性を考察してみよう。

将来性に関わる注目要素

  • 貿易金融分野での市場シェア獲得に期待
  • 企業提携が着実に増えている
  • 仮想通貨市場全体の動向にも注目

貿易金融分野での市場シェア獲得に期待

貿易金融のイメージ

XDC Networkは、貿易金融の分野での普及を目指している。

ただ現在の貿易金融は、デジタル化がようやく広がってきた段階で、ブロックチェーンを基盤としたソリューションはメインストリームではない。

一方でポジティブに言えば今はブルーオーシャンの状態であり、上手く優位性を示せたなら、XDC Networkは大きな市場シェアを獲得できる可能性がある。

またいち早く実需を獲得できれば、後発で類似プロジェクトが現れたとしても、そう簡単に市場シェアを侵食されることはないだろう。

企業提携が着実に増えている

開発元のTradeFinexは、XDC Networkの普及に向けて、アジア圏を中心に多くの企業と提携を結んでいる。

XDC Networkの提携相手
出典:xinfin.org

そうした提携をもとに、具体的なプロダクトが開発されていけば、自ずとネイティブトークンXDCの実需は増していくだろう。

また、プロダクト開発の話題は投資家から好感されやすく、短期的な高騰の契機になることも十分に考えらえる。

仮想通貨市場全体の動向にも注目

仮想通貨市場は2021年後半にコロナバブルが崩壊して以降、1年以上に渡って低迷が続いていた。

しかし2023年以降は、少しずつ以前の活気を取り戻しつつある。

先ほど紹介したように、XDCも2023年からゆるやかながら復調の動きを見せているが、それも市場全体の活性化に下支えされている部分が大きい。

そのためこれからXDCに投資するなら、ぜひXDC単体だけでなく、仮想通貨市場全体の動向にもアンテナを張ってみてほしい。

XDCの価格予想

仮想通貨のデータアグリゲーターの中には、さまざまな銘柄の価格予想を発信しているところもある。

今回はその中の1つ「DigitalCoinPrice」をピックアップし、XDCの価格予想を紹介する。

DigitalCoinPriceにおけるXDCの今後10年の価格予想は、以下のとおり。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2024$0.0380$0.0870$0.0931
2025$0.0911$0.10$0.11
2026$0.13$0.15$0.15
2027$0.16$0.18$0.19
2028$0.16$0.18$0.19
2029$0.20$0.22$0.23
2030$0.29$0.31$0.32
2031$0.41$0.43$0.44
2032$0.58$0.60$0.60
2033$0.80$0.82$0.83

参考までに、XDCの本記事執筆時点での価格と、史上最高値も載せておこう。

  • 執筆時の価格:0.04ドル(2024年2月9日)
  • 史上最高値:0.193ドル(2021年8月21日)

DigitalCoinPriceは、これからXDCが堅調に値上がりしていき、10年後には0.8ドルに到達すると予想している。

コロナバブルの頃に付けた史上最高値が0.193ドルなので、その価格と比べると、やや行き過ぎた予想のようにも思える。

一方でもしも実現するなら、長期目線で今XDCを買っておくことで、将来大きなリターンを得られるだろう。

XDCに関心がある方は、ぜひこうした価格予想も参考にしながら、同銘柄への投資を検討してみてはいかがだろうか。

SBI VCトレード公式サイトはこちら

XDCを買える仮想通貨取引所

冒頭にも述べたとおり2024年2月時点でXDCの取り扱いがあるのは、国内だと「SBI VCトレード」だけだ。

SBI VCトレードのトップ画面
出典:SBI VCトレード
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
取扱銘柄*BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、DOT、LINK、FLR、XDC、DAI、APT、ZPG、ADA、DOGE、XLM、XTZ、SOL、AVAX、MATIC、OAS、SHIB、ATOM、HBAR
【全23種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
⇒ Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸コイン
積立(自動積立)
ステーキング
SBI Web3ウォレット
*2024年6月時点

主な特長

  • 現物取引だけでなくレバレッジ取引もできる
  • リーズナブルな手数料で取引できる*
  • ステーキングやレンディングで稼ぐことも可能
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*取引形式で「取引所」を選択した場合

SBI VCトレードは、XDCを含めて23種類*の仮想通貨が用意されている。*2024年6月時点

またXDCはステーキングサービスの対象となっており、ただ保有するだけでステーキング報酬を得られる。

ステーキングの実績(2024年1月)は、以下のとおり。

2024年1月のXDCの実績利回りは年利7.8%(手数料を差し引くと5.8%)で、長期保有にはうってつけだと言えるだろう。

ステーキングの実績
出典:SBI VCトレード

XDCへの投資に興味があるなら、ぜひこの機会にSBI VCトレードの利用を検討してみてほしい。

SBI VCトレード公式サイトはこちら

XDC Network/XDCに関するQ&A

それでは最後に、XDC Networkおよび仮想通貨XDCに関してよくある質問を3つ、紹介しておく。

よくある質問

  • 個人がXDCを保有した場合、使い道はありますか?
  • XDCを管理できるウェブウォレットを教えてください。
  • XDC Networkを基盤としたNFTゲームはありますか?

個人がXDCを保有した場合、使い道はありますか?

繰り返しになるがXDC Networkは、貿易金融やエンタープライズに適したブロックチェーンだ。

しかし、その2つの分野に用途が限定されているわけではないので、個人が使えるDAppsも稼働している。

例えばNFTマーケットプレイスの「XDCNFT」では、XDCを決済通貨とし、個人間でNFTを売買することが可能だ。

XDCNFT
出典:XDCNFT

個人がXDCを保有した場合、このように各種DAppsでの決済やガス代の支払いに使える他、前述のとおりステーキングをとおしてインカムゲインを得ることもできる。

XDCを管理できるウェブウォレットを教えてください。

XDC Networkは、イーサリアムチェーンとの互換性があるEVMチェーンの1種だ。

そのため例えば、イーサリアムチェーンおよび各種EVMチェーンに対応しているMetaMaskで、XDCを管理することができる。

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

他にもXDCを管理できるウォレットはいくつもあるが、具体的に知りたい方は、以下のリンクをチェックしてみてほしい。

XDC Networkを基盤としたNFTゲームはありますか?

2024年2月時点だと、XDC Networkを基盤としたNFTゲームは存在していない。

XDC Network/XDCとは?まとめ

今回は、ブロックチェーン「XDC Network」とそのネイティブトークン「XDC」について解説した。

この記事のまとめ

  • XDC Networkは、貿易金融やエンタープライズ向けのL1ブロックチェーン
  • プライベートチェーンとパブリックチェーンの性質を併せ持つ
  • SBIホールディングスと提携し、アジア圏での市場シェア獲得を目指している
  • ネイティブトークンのXDCはステーキングが可能
  • 2024年2月時点でXDCの取り扱いがある国内取引所は、SBI VCトレードだけ

XDC NetworkはSBIホールディングスとの提携のもと、特にアジア太平洋地域において、貿易金融分野での市場シェア獲得を目指している。

思惑どおりに進めば、XDCの実需が増えるだけでなく、投資対象としての注目度も上がっていくだろう。

将来性を見込めると感じた方は、ぜひSBI VCトレードを使い、長期目線でXDCへの投資にトライしてみてはいかがだろうか。

SBI VCトレード公式サイトはこちら

-国内上場の仮想通貨
-, ,