本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

国内上場の仮想通貨

【分散型プラットフォーム】Avalanche(アバランチ)/AVAXの特徴や将来性を解説

今回取り上げる「Avalanche(アバランチ)」は、2020年にローンチされたプラットフォーム型のブロックチェーンだ。

性能面で優れた部分が数多くあり、市場シェアもそれなりに獲得していることから、イーサリアムの対抗馬の1つとして期待を寄せられている。

今回はそんなAvalancheと基軸通貨「AVAX」について、主な特徴や値動き、将来性などをわかりやすく解説していく。

この記事からわかること

  • Avalanche/AVAXの基本情報
  • Avalanche/AVAXの5つの特徴
  • AVAXの値動き
  • Avalanche/AVAXの将来性
  • AVAXの価格予想
  • AVAXを買える国内取引所

AVAXを扱う国内取引所はいくつかあるがその中でもOKCoin Japanは、ただ買えるだけでなく、同銘柄のステーキングで稼ぐこともできる。

また以下のリンクから口座開設+初回入金*をすれば、1,000円分のビットコインがもらえて、よりお得に取引を始められる。*3万円以上の入金、または3万円以上相当の仮想通貨の入庫

AVAXに関心がある方は、ぜひこの機会にOKCoin Japanの利用を検討してみてほしい。

出典:OKCoin Japan

OKcoin Japanの特長

  • 取扱銘柄数が国内でトップクラス
  • 取引手数料がリーズナブル*
  • 積立やステーキングなどのサービスが充実

*現物取引(取引所)を使った場合

OKCoin Japan公式サイトはこちら

Avalanche/AVAXとは?

Avalancheのトップ画面
出典:avax.network
名称AVAX
シンボル・通貨単位AVAX
価格*33.56ドル/AVAX
時価総額ランキング*12位
主な上場先OKCoin Japan
Coincheck
bitbank
サイトURLhttps://www.avax.network/
*2024年6月8日時点、CoinMarketCap調べ

Avalanche(アバランチ)は、DAppsやNFTの開発基盤となっているプラットフォーム型のブロックチェーンだ。

独自のサブネットをつくることができて、エンタープライズ*向けの要素を持ったプラットフォームでもある。*企業や官公庁のこと

ネイティブトークンは「AVAX」といい、ネットワーク手数料の支払いステーキングによるセキュリティ維持などに用いられている。

またAVAXは、時価総額ランキングで10位台*に付けているメジャーな通貨だ。*2024年6月時点、CoinMarketCap調べ

国内でもOKCoin JapanCoincheckなど、多くの仮想通貨取引所で活発に取引されている。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

Avalanche/AVAXの特徴

さてAvalancheおよびAVAXは、次にような特徴を有している。

主な特徴

  • 様々なDAppsが稼働している
  • 3つのモジュールで役割を分けている
  • ネットワークの一部にDAGを採用
  • サブネットの構築が可能
  • コンセンサスアルゴリズムがユニーク

様々なDAppsが稼働している

前述のとおりAvalancheは、DAppsの基盤となっているプラットフォーム型のブロックチェーンだ。

ジャンルは限定されておらず、DeFi(分散型金融)プロトコルやNFTゲームなど、さまざまなアプリが稼働している。

AvalancheのDApps
出典:CORE

3つのモジュールで役割を分けている

Avalancheのメインネットワークは、以下の3つのモジュールで構成されており、それぞれが異なる役割を持っている。

3つのモジュール

  • プラットフォームチェーン(Pチェーン)
  • コントラクトチェーン(Cチェーン)
  • エクスチェンジチェーン(Xチェーン)

Pチェーンは、サブネットの作成機能やデータの記録を担っている。

またCチェーンは、主にスマートコントラクトを司り、Xチェーン資産管理や転送のための機能を有している。

このようにAvalancheは、3つのモジュールに役割を分けることで、1つのブロックチェーンがすべての役割を果たした場合よりも効率的に機能するように設計されている。

また効率的であることが、高速・低コストな利用環境の実現に寄与している。

ネットワークの一部にDAGを採用

先ほど紹介した3種類のモジュールの内でXチェーンは、ブロックチェーンではなくDAG(有効非巡回グラフ)構造となっている。

DAGはブロックチェーンのような1本の直線ではなく、網の目のような形をしている。

またDAGでは、トランザクション(取引)を並列処理することができ、ひいてはブロックチェーンよりもトランザクションの処理スピードに優れている。

DAGのイメージ
出典:Fantom Insights

サブネットの構築が可能

Avalancheエコシステムでは、企業やエンジニアが独自の「サブネット」を開発することができる。

サブネットはそれぞれが独立したネットワークであり、開発者がトークノミクスや料金体系などを独自に定義することが可能だ。

2024年6月時点でAvalancheのサブネットは、40種類以上も存在している。

Avalancheのサブネット
出典:CORE

また、このようなサブネットをつくれることでAvalancheは、優れた柔軟性・拡張性を持つエコシステムを実現している。

コンセンサスアルゴリズムがユニーク

Avalancheは、コンセンサスアルゴリズム*に、

  • アバランチ・コンセンサス
  • スノーボール・コンセンサス

と呼ばれる独自のアルゴリズムを採用している。*取引の内容を検証し、ブロックチェーンに格納する仕組みのこと

アバランチ・コンセンサスは前述の「DAG」に適したアルゴリズムであり、高いセキュリティを保ちつつ、トランザクションを高速処理することができる。

理論値では、1 秒あたり数千件ものトランザクションを処理できるとのことだ。

また。スノーボール・コンセンサスはアバランチ・コンセンサスをベースにしており、スマートコントラクトの実行など、順序付けられたトランザクションの処理に特化している。

AVAXの値動き

ここで、AVAXの値動きを確認しておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のチャートのとおりだ。

2024年6月までの値動き

次にAVAX/USDチャートで、市場へ上場した2020年7月から、本記事執筆時(2024年6月)までの値動きをおさらいしていこう。

AVAXのチャート
出典:TradingView

AVAXは2021年のいわゆる「コロナバブル」で、一時大きな高騰を見せた。

ところがバブルが崩壊すると、高騰が起きる前とほぼ変わらない水準まで逆戻りしてしまった。

2023年後半から復調の動きを見せているが、バブル時に付けた高値にはまだ遠く及ばない。

一方でこうした現状をポジティブに見ると、今のAVAXは「2021年頃と比べて安く買い付けられる状態にある」とも捉えられる。

現状を安く買えるチャンスと見る方は、ぜひOKCoin Japanなどをとおして、AVAXに投資してみてはどうだろうか。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

将来性に関わる注目ポイント

続いては以下の3つの要素から、AVAXの将来性を考察してみよう。

今後に関わる注目要素

  • サブネットによってエコシステムが拡大している
  • 財団が有望プロジェクトを支援している
  • 大手企業によるプロダクト開発にも期待

サブネットによってエコシステムが拡大している

Avalancheはサブネットの恩恵もあって、非常に拡張性の高いエコシステムを実現している。

すでに多くのサブネットが存在しているが、今後もまだまだ増えていくことだろう。

またエコシステムが拡大すれば、ネイティブトークンであるAVAXの実需も増していくはずだ。

財団が有望プロジェクトを支援している

Avalancheは、非営利団体のAvalanche財団が管理している。

またAvalanche財団は、「Codebase」という支援プログラムをとおして、次世代のWeb3企業によるプロダクト開発を金銭的に支援している。

そうした取り組みによって優れたプロダクトが増えると、自ずと新規ユーザーの獲得につながっていくだろう。

大手企業によるプロダクト開発にも期待

Avalancheは有望なスタートアップ企業を応援するだけでなく、大手企業との提携にも積極的だ。

例えば、Amazonのクラウドサービス「AWS」との提携を活かし、企業や政府向けのブロックチェーンソリューションの展開を進めている。

AWSとの提携
出典:avax.network

こういった大手企業との提携によるプロジェクトは、AvalancheのWeb3インフラとしての地位をより強固なものにしてくれるだろう。

AVAXの価格予想

仮想通貨のデータアグリゲーターの中には、さまざまな銘柄の価格予想を発信しているところもある。

今回はその中の1つ「DigitalCoinPrice」から、AVAXの価格予想を紹介する。

DigitalCoinPriceにおけるAVAXの今後10年の価格予想は、以下のとおり。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2024$29.69$71.53$73.91
2025$72.07$83.51$87.06
2026$99.02$115.20$121.07
2027$129.30$145.73$148.17
2028$129.30$145.73$148.17
2029$159.63$166.99$183.06
2030$226.90$240.75$249.96
2031$327.42$342.93$349.56
2032$462.22$475.11$483.50
2033$630.36$645.38$653.31

参考までに、AVAXの本記事執筆時点での価格と、史上最高値も示しておこう。

  • 記事執筆時の価格:33.56ドル(2024年6月8日)
  • 史上最高値:146.22ドル(2021年11月21日)

DigitalCoinPriceは、今後AVAXが堅調に値上がりしていき、史上最高値も大幅に更新すると予想している。

Avalancheの将来性10年というスパンを考えると、将来的な高値更新は十分に起こり得ることだろう。

AVAXに関心がある方は、ぜひこうした価格予想も参考にしつつ、同銘柄に投資するかどうかをよく検討してみてほしい。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

AVAXを買える仮想通貨取引所

2024年6月時点でAVAXは、以下の国内8社に上場している。

またこれらの中でも、AVAXを売買する上でのイチオシはOKCoin Japanだ。

OKCoin Japan
出典:OKCoin Japan
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、ADA、APE、APT、ARB、ASTR、AVAX、BAT、BCH、DAI、DEP、DOGE、DOT、EFI、ENJ、ETC、FIL、FNCT、IOST、KYAY、LSK、LTC、MASK、MATIC、MKR、OAS、OKB、PLT、QTUM、SAND、SHIB、SOL、SUI、TRX、XLM、XRP、XTZ、ZIL、OP、NEO、TON
【全42種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
⇒ Maker ~0.07%、Taker ~0.14%
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
その他のサービスステーキング
Flash Deals
積立
API
*2024年6月時点

OKcoin Japanの特長

  • 取扱銘柄数が国内でトップクラス
  • マーケットの流動性が高く、安定した取引が可能
  • 積立やステーキングなど、サービスが充実している

OKCoin Japanなら、現物取引(取引所)をとおして、リーズナブルな手数料でAVAXを買える。

また、AVAXのステーキングで稼ぐことも可能だ。

無料で口座をつくれるので、まだ使ったことがなければぜひ、この機会にOKCoin Japanの利用を検討してみてほしい。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

Avalanche/AVAXに関するQ&A

最後に、AvalancheおよびAVAXに関してよくある質問を3つ、紹介しておく。

よくある質問

  • Avalancheのサブネットはどこで確認できますか?
  • Avalanche基盤の人気ゲームを教えてください。
  • AVAXの総供給量は決まっていますか?

サブネットはどこで確認できますか?

Avalancheのサブネットは、「Avalanche Explorer」や「CORE」で確認することができる。

Avalanche基盤の人気ゲームを教えてください。

AvalancheにはFPSやカードゲーム、MMORPGなど、さまざまなジャンルのNFTゲームがある。

それらの中でもファンタジーRPGの「DeFi Kingdoms」や、2Dアクションゲームの「Starmech」などが人気を集めている。

Starmech
出典:Google Play
Starmech

Starmech

Bombus Studio無料posted withアプリーチ

AVAXの総供給量は決まっていますか?

AVAXの総供給量は、あらかじめ7億2,000万枚に設定されている。

また2024年6月時点では、その内の約4億枚が市場に流通している。

Avalanche/AVAXとは?まとめ

今回はAvalancheとその基軸通貨AVAXについて、主な特徴や値動き、将来性などを解説した。

この記事のまとめ

  • Avalancheはプラットフォーム型のブロックチェーン
  • DeFiやNFTゲームなど多種多様なDAppsがある
  • サブネットの開発が可能で、拡張性が高い
  • OkCoin Japanを使えば、AVAXのステーキングで稼ぐこともできる

Avalancheはプラットフォーム型のブロックチェーンであり、DeFiプロトコルやNFTゲームなど、数百種類ものDAppsが稼働している。

また、財団が有望なスタートアップ企業を支援したり、大手企業と提携してプロダクトを開発したりと市場シェアの拡大に積極的であり、世界中の投資家から高い関心を寄せられている。

なお、基軸通貨のAVAXはOKCoin Japanなどの国内取引所で手軽に買える。

本記事をとおして関心を持った方は、ぜひAVAXをポートフォリオに加えてみてはどうだろうか。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

-国内上場の仮想通貨
-, , ,

Crypto Marker