本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

国内上場の仮想通貨

【分散型メタバース】Decentralandの基軸通貨MANAとは?特徴や将来性を解説

Decentraland(ディセントラランド)は、ブロックチェーンを基盤としたメタバースのプラットフォームだ。

2021年にNFTゲームがブームになると、Decentralandも人気を集め、一時はメタバース内の土地が億単位で取引されたりもした。

本記事ではそんなDecentralandと基軸通貨の「MANA」について、主な特徴や将来性などをわかりやすく解説していく。

この記事からわかること

  • Decentraland/MANAの基本情報
  • Decentraland/MANAの特徴
  • MANAの値動き
  • Decentraland/MANAの将来性
  • MANAの価格予想
  • MANAを買える仮想通貨取引所

bitbankなら、現物取引(取引所をとおして、リーズナブルな手数料でMANAを売買することができる。

MANAへの投資に興味がある方は、ぜひこの機会にbitbankの利用も検討してみてほしい。

bitbankのトップ画面
出典:bitbank

bitbankの特長

  • 取扱銘柄数が国内トップクラス
  • 取引形式を「販売所」と「取引所」から選べる
  • 取引コストが割安な「取引所」の取扱銘柄が充実
  • 高性能チャート「TradingView」を搭載

bitbank公式サイトはこちら

Decentraland/MANAとは?

Decentraland
出典:decentraland.org
名称MANA
シンボル・通貨単位MANA
価格*0.34ドル/MANA
時価総額ランキング*101位
サイトURLhttps://decentraland.org/
上場先bitbank
bitFlyer
Binance Japan
*2024年6月21日時点、CoinMarketCap調べ

Decentraland(ディセントラランド)は、イーサリアムチェーンを基盤としたメタバースのプラットフォームだ。

仮想通貨ウォレットを繋ぐだけで、世界中どこからでもアクセスすることができる。

また、メタバース内の土地や建物、キャラクターやアイテムなどはNFTで構築されている。

Decentralandのネイティブトークンは「MANA」といい、主にプラットフォーム内の決済通貨として用いられている。

またMANAは2023年4月にbitbankから、国内市場への初上場を果たした。

2024年6月時点では、bitFlyerBinance Japanでも取り扱われている。

bitbank公式サイトはこちら

Decentraland/MANAの特徴

さてDecentralandおよびMANAは、次のような特徴を持っている。

主な特徴

  • メタバースのプラットフォーム
  • MANAはプラットフォーム内の決済通貨
  • ユーザー主導で運営されている
  • Coincheckがメタバース都市を運営

メタバースのプラットフォーム 

前述のとおりDecentralandは、イーサリアムチェーン基盤メタバースプラットフォームだ。

ブラウザ版とアプリ版(Windows/MAC)があり、いずれもウォレットを繋ぎさえすれば、だれでもその世界に入ることができる。

Decentraland内
出典:decentraland.org

またDecentralandでは、以下のように自由で創造的な体験を楽しめる。

Decentralandの楽しみ方の例

  • コミュニケーションを楽しむ
  • NFTの服やアイテムをつくる
  • 土地を所有して、建物を造る
  • イベントを催す、または参加する

MANAはプラットフォーム内の決済通貨

Decentralandは、その空間を構築する土地(LAND)や、キャラクターの衣服、各種アイテムなどNFTとなっている。

またそれらの各種NFTは、DecentralandのNFTマーケットプレイスにて、ユーザー同士での売買が可能だ。

基軸通貨のMANAは、そうしたNFTの決済手段に用いられている。

DecentralandのNFTマーケットプレイス
出典:decentraland.org

ユーザー主導で運営されている

DecentralandはDAO(分散型自律組織)によって、ユーザー主導の運営がなされている。

Decentraland DAO
出典:decentraland.org

機能のアップグレードや仕様変更などに関する方針は、ユーザー同士の提案および投票をとおして決められる。

なお投票の権利は、各ユーザーが持っている、

  • MANA
  • NAMES(分散型のユーザー名/NFT)
  • LAND(土地のNFT)

これら3種の資産の保有残高から算出される。

当然ながら保有残高が多ければ多いほど、運営に対する強い影響力を持つことができる。

Coincheckがメタバース都市を運営

Decentralandには個人ユーザーだけでなく、さまざまな企業も参入している。

日本からも例えばCoincheckが参入しており、土地を保有してOASIS KYOTO」というデジタルな都市を造り上げている。

OASIS KYOTO
出典:oasis.cryptobk.jp

OASIS KYOTOには無料で入れるので、興味がある方は以下のリンクからアクセスしてみてほしい。

ちなみにCoincheckは、NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」にて、Decentralandの土地の取り扱いもしている。

興味がある方は、そちらも覗いてみてほしい。

Coincheck NFT
出典:Coincheck

MANAの値動き

ここで、Decentralandの基軸通貨であるMANAの値動きをチェックしておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のチャートのとおり。

2024年6月までの値動き

次に、2019年1月から本記事執筆時(2024年6月下旬)までの値動きをおさらいしていこう。

MANAのチャート
出典:TradingView

チャートを一見してわかるとおり、MANAは2021年に大きく高騰している。

この高騰の主要因は、以下の2つ。

2つの高騰要因

  • コロナ禍の金融緩和政策で、投資に回せる余剰資金が生まれた
  • NFTゲームやメタバースゲームがブームになった

特にNFTゲーム・メタバースゲームのブームの影響がすさまじく、Decentralandの土地(NFT)が億単位で取引されたりもした。

しかしコロナ禍でのバブルが崩壊し、NFTゲームのブームも去ると、市場の状況が一変する。

MANAの価格は瞬く間に急落していき、高騰が起きる前とほぼ変わらない水準まで逆戻りしてしまった。

また、ひとしきり値下がりしてからは、横ばいの状態が続いている。

将来性に関わる注目ポイント

続いて以下の2つの要素から、DecentralandおよびMANAの将来性を考察してみよう。

今後に関わる注目要素

  • メタバースの市場拡大がカギ
  • 類似プロジェクトとの競争にも注目

メタバースの市場拡大がカギ

2021年にブロックチェーンベースのメタバースは大きなブームとなり、当時はさらなる市場拡大を予測する声が多く上がっていた。

しかし、メタバースの普及には以下のような課題があり、今はやや勢いが落ち着いている。

メタバース普及の主な課題

  • 相応のスペック・価格のハードウェア(PCなど)がいる
  • VR/ARデバイスがまだまだ高額
  • 開発人材や資金の確保が不十分

今後これらの課題が解消もしくは軽減され、メタバース市場が拡大していくようなら、自ずとDecentralandに対する需要も増えていくはずだ。

類似プロジェクトとの競争にも注目

データアグリゲーターの「CoinMarketCap」によるとメタバース関連の仮想通貨は、2024年6月時点で約300種類あるとのことだ。

つまりDecentralandには、それだけ多くの競合がいるということだ。

またブロックチェーンベースのメタバースの普及が進むなら、競合はまだまだ増えていくだろう。

そのためもしもMANAに投資するなら、それらの競合との相対的な位置関係も、逐一把握しておきたいところだ。

競合に打ち勝てれば、Decentralandの地位は安泰のものとなるだろうが、その逆に淘汰されてしまう可能性も十分にある。

MANAの価格予想

仮想通貨のデータアグリゲーターの中には、さまざまな銘柄の価格予想を発信しているところもある。

今回はその中の1つ「DigitalCoinPrice」をピックアップし、MANAの価格予想を紹介する。

DigitalCoinPriceにおけるMANAの今後10年の価格予想は、以下のとおり。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2024$0.30$0.67$0.74
2025$0.72$0.84$0.87
2026$0.99$1.13$1.22
2027$1.30$1.45$1.51
2028$1.30$1.45$1.51
2029$1.60$1.80$1.82
2030$2.27$2.49$2.53
2031$3.28$3.49$3.52
2032$4.63$4.73$4.85
2033$6.32$6.52$6.56

参考までに、MANAの本記事執筆時点での価格と、史上最高値も示しておこう。

  • 記事執筆時の価格:0.34ドル(2024年6月26日)
  • 史上最高値:5.90ドル(2021年11月25日)

DigitalCoinPriceは、今後MANAが堅調に値上がりしていき、10年後には史上最高値を更新すると予想している。

10年というスパンを考えると、最高値の更新は十分に起こり得るだろう。

また、この予想がもし実現するとすれば、今のMANAは割安な価格で買える状態にあると言える。

現状を安く買えるチャンスと見る方は、ぜひMANAへの投資を検討してみてほしい。

bitbank公式サイトはこちら

MANAを買える仮想通貨取引所

2024年6月時点でMANAは、以下の国内3社に上場している。

MANAを買える国内取引所

またこれらの中でも、MANAを取引する上でのイチオシはbitbankだ。

bitbankのトップ画面
出典:bitbank
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)  
取扱銘柄*BTC、XRP、LTC、ETH、MONA、BCH、XLM、QTUM、BAT、OMG、XYM、LINK、MKR、BOBA、ENJ、MATIC、DOT、DOGE、ASTR、ADA、AVAX、AXS、FLR、SAND、APE、GALA、CHZ、OAS、MANA、GRT、RNDR、BNB、ARB、OP、DAI、KLAY、IMX、MASK
【全38種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.02%、Taker0.12%
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
その他のサービス貸して増やす(レンディング)
*2024年3月時点

bitbankの特長

  • 取扱銘柄数が国内トップクラス
  • 「販売所」と「取引所」から、自分に合った取引形式を選べる
  • 取引コストが割安な「取引所」の取扱銘柄が充実している
  • 取引ツールが高性能(TradingViewを搭載)

Bitbankは、取引高日本一を獲得*したこともある人気の仮想通貨取引所だ。*2023年7月14日時点CoinGecko調べ

取引の形式は「販売所」と「取引所」から選ぶことができ、後者を使えばよりリーズナブルな手数料でMANAを売買することができる。

販売所取引所
概要仮想通貨取引所とユーザーの間で取引仮想通貨取引所のユーザー同士で取引
メリット仕組みがシンプル
約定力が高い
取引コストが割安
デメリット取引コスト(スプレッド)が割高思いどおりに約定するとは限らない
仕組みがやや難解

また、MANAのレンディングで利息収入を得ることも可能だ。

口座は無料でつくれるので、まだ使ったことがなければ、ぜひこの機会にbitbankの利用を検討してみてほしい。

bitbank公式サイトはこちら

Decentraland/MANAに関するQ&A

それでは最後に、DecentralandおよびMANAに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • Decentralandの創設者はだれですか?
  • MANAの発行基盤は何ですか?
  • Decentralandを始める際に初期コストはかかりますか?

Decentralandの創設者はだれですか?

Decentralandは、実業家のAriel Meilich氏Esteban Ordano氏によって設立された。

なお前述のとおり現在のDecentralandは、DAOが開発・運営を主導している。

そのため両氏は、すでに開発の主要ポジションから退いている。

MANAの発行基盤は何ですか?

MANAの発行基盤はイーサリアムチェーンであり、ERC-20」規格に準拠している。

Decentralandを始める際に初期コストはかかりますか?

Decentralandは、差し当たってMetaMaskなどのウォレットさえあれば、利用することができる。

より本格的に楽しみたいなら、NFTへの課金を検討してみるといいだろう。

また、NFTの決済通貨ガス代(ネットワーク)の支払い手段として、以下の3銘柄を用意することを勧める。

用意した方が良い3銘柄

Decentraland/MANAとは?まとめ

今回は、メタバースプラットフォームのDecentralandとその基軸通貨MANAについて解説した。

この記事のまとめ

  • DecentralandはETH基盤のメタバースプラットフォーム
  • MANAは主にNFTの決済に用いられている
  • 2021年のNFTゲームブームで、MANAの価格は大きく高騰
  • ところがブームの終息で、高騰前の水準まで逆戻りした
  • メタバースの普及が進めば、Decentralandの需要も増えていくはず

Decentralandは、イーサリアムチェーン基盤のメタバースプラットフォームだ。

2021年に起きたNFTゲームのブーム時には、土地のNFTや基軸通貨MANAの市場価格が大暴騰していた。

ところがブームが落ち着くと、Decentralandも勢いを失ってしまった。

今後勢いを取り戻すには、やはりNFTゲームやメタバースゲームの普及が大きなカギとなるだろう。

その将来性に期待する方は、ぜひ今の内にbitbankなどをとおして、MANAへの投資にトライしてみてはどうだろうか。

bitbank公式サイトはこちら

-国内上場の仮想通貨
-,