本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

海外上場の仮想通貨

仮想通貨Cronos(CRO/クロノス)とは?特徴や値動き、将来性を徹底解説!

さまざまなブロックチェーンや仮想通貨の中には、仮想通貨取引所を展開する企業によって開発されたものも多くある。

今回取り上げる仮想通貨「Cronos(クロノス/CRO)」もその1つで、2018年末にCrypto.com社によって開発された。

この記事ではそんなCronosについて、主な特徴やこれまでの値動き、将来性などを解説していく。

この記事の要点

  • Cronos(CRO)の基本情報
  • Crypto.com/Cronosの主な特徴
  • Cronos(CRO)のこれまでの値動き
  • Crypto.com/Cronosの将来性
  • Cronos(CRO)の価格予想
  • Cronos(CRO)を買える海外取引所

Cronosの取り扱いがある海外取引所の中で、「MEXC」は日本語表記に完全対応しており、日本人でも扱いやすい。

また現物取引では、0.1%以下のリーズナブルな手数料で、多種多様な銘柄を売買することができる。

本人確認不要で手軽に口座をつくれるので、興味がある方はぜひMEXC公式サイトも覗いてみてほしい。

MEXCのトップ画面
出典:MEXC

MEXCの特長

  • 取扱銘柄は2,500種*以上
  • 取引手数料がリーズナブル
  • 日本語表記に完全対応
  • 国内取引所にはないサービスが充実
  • 新規登録時に本人確認書類が不要

*2024年6月時点

MEXC公式サイトはこちら

MEXCの詳しい情報や口座開設方法はこちら▷

Cronos(CRO/クロノス)とは?

Cronosのトップ画面
出典:Twitter(@cronos_chain)
名称Cronos(クロノス)
シンボル・通貨単位CRO
ローンチ時期2018年12月
価格*0.092ドル/CRO
時価総額ランキング*39位
サイトURLhttps://crypto.org
2024年6月末時点、CoinMarketCap調べ

Cronos(クロノス/CRO)は、さまざまな仮想通貨関連のサービスが揃うプラットフォーム「Crypto.com」のユーティリティトークンであり、Crypto.com社によって開発された。

またCronosは、同じくCrypto.com社が手がけるブロックチェーン「Crypto.org chain」の基軸通貨でもある。

元々は「Crypto.com Coin」と呼ばれていたが、2022年2月に現在使われている名称「Cronos」へとリブランディングされた。

CronosはCrypto.comで取引できるのはもちろんのこと、MEXCなどのいくつかの海外取引所でも活発に取引されている。

MEXC公式サイトはこちら

Crypto.com/Cronosの特徴

それではまず、プラットフォームのCrypto.comと、仮想通貨Cronosの特徴を確認していこう。

主な特徴

  • プロダクトの種類が豊富
  • Cronosはユーティリティトークン
  • イーサリアムチェーンと互換性がある

プロダクトの種類が豊富

Crypto.comのトップ画面
出典:Crypto.com

Cronosの開発元であるCrpto.com社は、仮想通貨の取引や管理などができるプラットフォーム「Crypto.com」を手がけている。

具体的に言うと、Crypto.comでは次のようなプロダクトが用意されている。

Crypto.comの主なプロダクト

  • Crypto.com Exchange【仮想通貨取引所】
  • Crypto.comアプリ
  • Crypto.com NFT
  • Crypto.comペイ
  • Crypto.com Visaカード
  • DeFiウォレット

ちなみに、これらのプロダクトは信用取引などの一部のサービスを除き、日本人でも利用可能だ。

Cronosはユーティリティトークン

最初に述べたようにCronosは、Crypto.comのユーティリティトークンであり、さまざまな役割を付与されている。

Crypto.comでは、Cronosを使っていくつかの仮想通貨を取引できる他、Cronosをロックアップすれば取引手数料の割引などの特典を受けられる。

また、ロックアップしたCronosには、その数量に応じた利息が付いていく

イーサリアムチェーンと互換性がある

仮想通貨Cronosの基盤であるCrypto.org Chainは、Cosmos(コスモス)のネットワークに対応したブロックチェーンに接続されている。

Cosmosは、異なるブロックチェーン同士に相互運用性をもたらすブロックチェーンのプロジェクトだ。

そのCosmosのネットワークに対応したブロックチェーンとつながっていることから、Crypto.org Chainと仮想通貨Cronosは、イーサリアムチェーンなど外部のブロックチェーンとの互換性を有している

仮想通貨Cronosの値動き

ここで、Cronosの値動きを押さえておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のチャートのとおりだ。

2024年6月までの値動き

次にCRO/USDチャートで、2020年1月から、本記事執筆時(2024年6月)までの値動きを振り返っていこう。

Cronosのチャート
出典:TradingView

Cronosは2021年7月から11月にかけて、いわゆる「コロナバブル」で大きな急騰を見せた。

ところがバブルが崩壊すると、高騰が起きる前とほぼ変わらない水準まで暴落してしまった。

2023年後半からやや復調の気配は感じられるものの、コロナバブル時に付けた高値にはまだまだ遠く及ばない。

一方でこうした現状をポジティブに捉えると、今のCronosは割安な水準で買い付けられる状態だとも言える。

将来的な復調に期待するなら、今の内にCronosに対して先行投資をしておくのも、戦略として面白いだろう。

MEXC公式サイトはこちら

将来性に関わる注目ポイント

Cronosへの投資を考えているなら、その将来性も見通しておきたいところだろう。

ここでは、Cronosの今後に関わる注目要素を3つ紹介していく。

今後に関わる注目ポイント

  • プロモーションに積極的である
  • Cronos Labsが有望な企業を支援している
  • マクロ経済の動向も要チェック

プロモーションに積極的である

Crypto.comは、市場シェアを拡大するために、プロモーションを積極的におこなっている。

プロモーションはグローバルに展開されており、将来的に日本でCrypto.comが人気を集めることも十分に考えられる。

また、プロモーションによってCrypto.comのユーザーが増えていけば、ユーティリティトークンであるCronosの需要も自ずと増していくだろう。

Cronos Labsが有望な企業を支援している

Cronos Labsは、Cronosのエコシステムの開発に重点を置く、ブロックチェーンスタートアップアクセラレーターだ。

アクセラレーターとは?

スタートアップ企業のビジネス拡大を目的として、資金投資やノウハウなどのサポートをする組織のこと。

AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)とも提携しながらCronos Labsは、Cronosエコシステム内で次世代アプリを構築できるように、スタートアップ企業を支援している。

その目論見どおりにCronosのエコシステムが拡大していけば、将来的にその恩恵がCronosの価格にも反映されるはずだ。

仮想通貨Cronosの価格予想

仮想通貨のデータアグリゲーターの中には、さまざまな銘柄の価格予想を発信しているところもある。

今回はその中からDegitalCoinPriceをピックアップし、Cronosの価格予想を紹介する。

DegitalCoinPriceにおけるCronosの今後10年の価格予想は、以下のとおり。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2023$0.0532$0.12$0.13
2024$0.13$0.15$0.15
2025$0.18$0.19$0.22
2026$0.23$0.26$0.27
2027$0.23$0.26$0.27
2028$0.28$0.32$0.33
2029$0.40$0.44$0.44
2030$0.58$0.61$0.62
2031$0.82$0.85$0.86
2032$1.12$1.14$1.16
DigitalCoinPriceの価格予想を元に作成

DigitalCoinPriceは、今後Cronosが堅調に値上がりしていき、10年後には1ドルを超えるとの見立てを示している。

Cronosは2021年に1ドル目前まで高騰したことがあるため、この予想は十分に実現し得る範疇にあると言えるだろう。

この予想も含めてCronosが将来性を見込める銘柄だと感じたなら、MEXCなどの海外取引所を使い、実際にCronosへの投資に挑戦してみてはいかがだろうか。

MEXC公式サイトはこちら

Cronosを買える仮想通貨取引所

Cronosは当然ながら、Crypto.comの仮想通貨取引所「Crypto.com Exchange」で購入することができる。

ただしCrypto.com Exchangeは、以下の言語選択画面からわかるように、現時点では日本語表記に対応していない。

Crypto.comの言語選択画面
出典:Crypto.com Exchange

そこでCrypto.com Exchangeの代わりに、Cronosの購入先としておすすめしたいのが「MEXC(エムイーエックスシー)だ。

MEXCのトップ画面
出典:MEXC
取扱銘柄数*2,500種類以上
取引手数料現物取引*
Maker 0.00%、Taker0.1%
先物取引*
Maker 0.00%、Taker0.01%
*割引プログラムあり
主なサービス現物取引
先物取引
レバレッジETF
コピートレード
セービング
日本語対応
公式サイトMEXC公式サイト
*2024年6月時点

MEXCの特長・魅力

  • 2,500種類以上*の銘柄をラインナップ
  • 取引手数料がリーズナブル
  • 日本語表記に完全対応
  • 裁量取引以外のサービスも充実
  • 新規登録時に本人確認書類が不要

*2024年6月時点

MEXCなら、日本語表記に完全対応しているため、日本人でもストレスなく利用することができる。

取り扱い通貨は2,500種類以上で*、それらを割安な手数料で取引することが可能だ。*2024年6月時点

また、国内取引所と違い、煩わしい本人確認書類の提出手続きをしなくとも取引を始められる

まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会にMEXC公式サイトを覗いてみてほしい。

MEXC公式サイトはこちら

仮想通貨Cronos(CRO)とは?まとめ

今回は仮想通貨Cronos(CRO)について、主な特徴は過去の値動き、将来性などを紹介した。

この記事のまとめ

  • Cronosは、「Crypto.com」のユーティリティトークン
  • Crypto.comでCronosをロックアップすると、様々な特典を受けられる
  • Cronosをロックアップすれば、利息で稼ぐことも可能
  • Cronosは2022年に大きく価格を下げ、現状は割安な水準にある

Cronosは、仮想通貨取引所のサービスなどが揃うプラットフォーム「Crypto.com」のユーティリティトークンだ。

もちろんCrypto.comで購入することができるのだが、英語が不得意な方には、日本語表記に完全対応しているMEXCでの購入をおすすめしたい。

MEXCはメールアドレスを登録するだけで使えるので、まだ口座をお持ちでないなら、この機会にMEXCの利用を検討してみてほしい。

MEXC公式サイトはこちら

-海外上場の仮想通貨
-, ,