本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

DeFi

【リキッドステーキング人気No.1】Lido Financeの特徴や使い方を徹底解説

昨今のブロックチェーン業界では、資産の流動性を保ったままステーキング報酬を得ることができる「リキッドステーキングが絶大な人気を誇っている。

またリキッドステーキングのプラットフォームはいくつかあるが、中でも今回取り上げる「Lido Finance(リド・ファイナンス)」が特に強く支持されている。

本記事ではそのLido Financeについて、サービスの内容や使い方などをわかりやすく解説していく。

リキッドステーキングに関心がある方は、ぜひ最後まで読んで、参考にしてもらいたい。

この記事からわかること

  • Lido Financeの基本情報
  • Lido Financeの特徴
  • Lido Financeの使い方

Lido FinanceではイーサリアムMATICをステーキングすることができるのだが、特にイーサリアムのリキッドステーキングが人気を博している。

また、元手となるイーサリアムは、GMOコインを使うとリーズナブルな手数料で調達できる。

さらにGMOコインなら、イーサリアムをウォレットへ送るときに手数料がいらない

Lido Financeと相性バッチリなので、ぜひGMOコインのことも、この機会にチェックしてみてほしい。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコイン公式サイトはこちら

Lido Financeとは?

Lido finance
出典:Lido Finance
名称Lido Finance(リド・ファイナンス)
サービス概要イーサリアムのリキッドステーキング
MATICのリキッドステーキング
ローンチ時期2020年12月
ガバナンストークンLDO
サイトURLhttps://lido.fi/

Lido Finance(リド・ファイナンス)は、分散型(非中央集権型)のリキッドステーキングプラットフォームだ。

ユーザーはイーサリアムなどをステーキングし、通常のステーキングと同じく報酬を受け取りつつ、債権トークンを得ることができる。

また手に入れた債権トークンは、預け入れた銘柄と同等の資産価値があり、他のDeFiプロトコルで別途運用することが可能だ。

なおリキッドステーキングについては、別途以下の記事で詳しく解説している。

そもそもリキッドステーキングのことがよく分からないという方は、先にそちらをチェックしてみてほしい。

Lido Financeの市場シェア

まずは、DeFi市場におけるLido Financeの規模を紹介しておこう。

次の表は、全DeFiプロトコルをTVL(預かり資産)の多い順に並べたもの*だ。*2024年3月22日時点

DeFiのTVL比較
出典:Defi Llama

これを見るとすべてのDeFiプロトコルの中で、Lido FinanceのTVLがもっとも多いことがわかる。

また、その金額は約340億ドル(約5兆円)*に上り、2番手に付けているEigenLayerリステーキングのプラットフォーム)の約3倍の規模となっている。*2024年3月22日時点

Lido Financeの特徴

さてLido Financeは、次のような特徴を有している。

主な特徴

  • リキッドステーキングのプラットフォーム
  • 分散型のプラットフォームである
  • stETHをL2チェーンでも使える
  • ガバナンストークンを発行している

リキッドステーキングのプラットフォーム

繰り返しになるがLido Financeでは、リキッドステーキングをおこなうことができる。

対象銘柄は、

  • イーサリアム
  • MATIC(Polygon)

の2種類*だ。*2024年3月時点

イーサリアムをステーキングすると債権トークンの「stETHを、MATICをステーキングした場合はstMATICをそれぞれ手に入れることができる。

ステーキングの利回りは変動制だが、記事執筆時点(2024年3月下旬)だと以下のような数値になっている。

ステーキングの利回り

  • イーサリアム:年率3.4%
  • MATIC:年率4.3%

現状MATICの方が、利回りはやや優れている。

ただ、イーサリアムの方がよりメジャーであるためか、利回りの小さいイーサリアムの方が預け入れられている数量は圧倒的に多い。

イーサリアムとMATICのTVL
出典:Lido Finance

分散型のプラットフォームである

Lido Financeは、ブロックチェーン技術を用いたDeFi(分散型金融)プロトコルの1種だ。

中央集権型のサービスと違って本人確認手続きなどはなく、ウォレットを繋ぎさえすれば、国籍や年齢に関係なくだれでも使える

またスマートコントラクトにより、第三者の仲介なしで、ステーキングをおこなうことができる。

stETHをL2チェーンでも使える

イーサリアムチェーンには、Polygonチェーンをはじめとして数多くのレイヤー2(L2)ブロックチェーンが繋がっている。

また、ステーキングで手に入れた債権トークン「stETH」は、L2ブロックチェーンへのブリッジが可能だ。

ブリッジとは?

ブロックチェーン間で資産(仮想通貨やNFT)を移動させる仕組み、およびその行為のこと。

stETHをブリッジする(stETHをwstETHに換える)と、ネットワーク手数料(ガス代)を抑えつつ、L2ブロックチェーン上で同銘柄を運用することができる。

stETHのブリッジ
出典:Lido Finance

ガバナンストークンを発行している

Lido Financeは、ガバナンストークン「LDOを発行している。

またLDOの保有者は、投票をとおして、Lido Financeの運営に関わる意思決定に参加することができる。

投票のイメージ

ちなみにLDOは、仮想通貨市場に上場済みで、価格が日々変動している。

そのため投資対象として、多くの投資家に好まれており、その時価総額は約25億ドル(約3,800億ドル)*に上る。*2024年3月22日時点、CoinMarketCap調べ

なおLDOは現状、国内の仮想通貨取引所には上場していない。

したがって、もしもLDOに投資するなら、MEXC(エムイーエックスシー)などの海外取引所の口座が必要になる。

MEXC
出典:MEXC

MEXCの特長

  • 国内取引所と比べて銘柄ラインナップがケタ違い(1,700種類以上)
  • 取引手数料がリーズナブル
  • 日本語表記に完全対応
  • 新規登録時に本人確認書類が不要

MEXC公式サイトはこちら

MEXCの詳しい情報や口座開設方法はこちら▷

Lido Financeの使い方

それではここで、Lido Financeの基本的な使い方を紹介しておこう。

なお今回は、ステーキングの対象例としてイーサリアムを取り上げる。

Lido Financeの使い方

  • 国内取引所でイーサリアムを調達
  • ウォレットを用意する
  • Lido Financeとウォレットを接続
  • イーサリアムをステーキング

国内取引所でイーサリアムを調達

まずは国内の仮想通貨取引所を使い、元手となるイーサリアムを調達しよう。

イーサリアムは大抵の国内取引所で買えるが、ここではその中でもGMOコインをおすすめしたい。

GMOコイン
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコインなら現物取引(取引所)を使って、リーズナブルな手数料でイーサリアムを買える。

また、他の多くの国内取引所と違い、イーサリアムをウォレットに送金する際に手数料がかからない

Lido Financeを含めたDeFiプロトコルと相性バッチリなので、まだ使ったことがなければぜひ、この機会にGMOコインの利用を検討してみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

ウォレットを用意する

Lido Financeは、ウォレットを接続することで使える状態になる。

対応ウォレットはいくつもあるが、イチオシは「MetaMask(メタマスク)」だ。

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

MetaMaskは拡張性・汎用性に優れたウォレットで、PC版・アプリ版ともに無料で使える。

くわしい特徴や入手方法は以下の記事で紹介しているので、まだ持っていない方はそちらを参考にしてもらいたい。

またMetaMaskなどのウォレットを用意できたら、仮想通貨取引所からそのウォレットのアドレス宛に、イーサリアムを送金しておこう。

Lido Financeとウォレットを接続

ウォレットなどの下準備ができたら、Lido Financeとウォレットを接続しよう。

まず、Lido Financeのサイトにアクセスする。

そして、イーサリアムの「Stake now」と書かれたボタンをクリックしよう。

Lidoの使い方1
出典:Lido Finance

するとステーキング用のページに切り替わるので、「Connect Wallet」をクリックする。

Lidoの使い方2
出典:Lido Finance

対応ウォレット一覧が表示されるので、その中から自身が利用しているウォレットを選択する。

Lidoの使い方3
出典:Lido Finance

すると自身のウォレットが起動し、Lido Financeとの接続の承認を求められる。

その要求に応じれば、接続手続きは完了だ。

イーサリアムをステーキング

あとは、ステーキングしたいイーサリアムの数量を入力し、「Stake」ボタンをクリックすれば、ステーキングが実行される。

またステーキングをおこなうと、預け入れたイーサリアムと同じ数量のstETHがもらえる。

Lidoの使い方4
出典:Lido Finance

以上、Lido Financeでのリキッドステーキングのやり方を紹介した。

御覧のとおりLido Financeは、非常にシンプルな仕組みとなっている。

使い方を理解できたら、ぜひGMOコインでイーサリアムを用意するところから始めてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

Lido Financeに関するQ&A

最後に、Lido Financeに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • Lido Financeは日本語に対応していますか?
  • stETHを運用できるプラットフォームを教えてください。
  • Lido Financeは安全ですか?

Lido Financeは日本語に対応していますか?

Lido Financeは残念ながら、日本語表記には対応していない

しかし仕組みそのものがシンプルで、使われている単語も難しくないため、多くの方は問題なく使えるはずだ。

また英語が苦手なら、Google Chromeなどのブラウザに備わった翻訳機能で、和訳して使うのも1つの手だ。

stETHを運用できるプラットフォームを教えてください。

stETHは、例えば以下のDeFiプロトコルで運用することができる。

  • AAVE(レンディングプラットフォーム)
  • Uniswap(DEX)
  • Curve finance(DEX)

その他の選択肢については、以下のリンクからご自身で探してみてほしい。

Lido Financeは安全ですか?

Lido Financeは、複数の第三者機関からスマートコントラクトの監査を受けている。

100%安全だと言い切ることはできないが、監査をとおして一定の安全性は担保されている。

Lido Financeとは?まとめ

今回は、リキッドステーキングのプラットフォーム「Lido Finance」について解説した。

この記事のまとめ

  • Lido Financeでは、ETHとMATICのリキッドステーキングができる
  • ウォレットをつなげば、だれでも使える
  • TVL(預かり資産)は、全DeFiプロトコルの中でNo.1
  • StETHは、ブリッジしてL2チェーンでも使える

Lido Financeでステーキングすれば、ステーキング報酬を受け取りながら、債権トークン(stETHまたはstMATIC)を運用することができる。

使い方は非常にシンプルでかんたんなので、DeFi初心者にもおすすめだ。

興味がある方はぜひGMOコインなどで、元手となるイーサリアムを用意するところから始めてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

-DeFi
-,

Crypto Marker