本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

DeFi

【リキッドステーキング】ether.fiはなぜ人気?人気の理由や使い方を解説

今回取り上げる「ether.fi」は、イーサリアムのリキッドステーキングができるプラットフォームだ。

リキッドステーキングとは?

流動性を確保しつつ、報酬を得られるステーキングのこと。

リキッドステーキングのプラットフォームは他にもいくつかあるが、そうした競合と比べてより利回りがいいことから、ether.fiは人気を集めている。

本記事ではそんなether.fiについて、サービスの内容や使い方などをわかりやすく解説していく。

この記事からわかること

  • ether.fiの基本情報
  • ether.fiの4つの特徴(サービス内容)
  • ether.fiの人気
  • ether.fiの基本的な使い方

ether.fiでリキッドステーキングをおこなうには、イーサリアムが必須だ。

イーサリアムは大抵の国内取引所で購入できるが、その中でもGMOコインなら、購入したイーサリアムをウォレットへと送金する際に手数料がかからない

ether.fiと相性が良いので、まだ口座をお持ちでない方はぜひ、この機会にGMOコインのこともチェックしてみてほしい。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン

GMOコインの特長

  • オリコンの調査で満足度日本一*1
  • 取引コストがリーズナブル*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコイン公式サイトはこちら

ether.fi(イーサファイ)とは?

ether.fiのトップ画面
出典:ether.fi
名称ether.fi
サービス概要ETHのリキッドステーキング
Liquid(DeFiでの自動資産運用)
ブリッジ
対応チェーンイーサリアム
Arbitrum
Base 他
サイトURLhttps://www.ether.fi/

ether.fiは、リキッドステーキングのプラットフォームだ。

イーサリアムなどをステーキングすると、通常のステーキングと同じく報酬を受け取りつつ、債権トークンを得ることができる。

また手に入れた債権トークンは、他のDeFi(分散型金融)プロトコルで別途運用することが可能だ。

なおリキッドステーキングについては、別途以下の記事で詳しく解説している。

そもそもリキッドステーキングのことがよく分からないという方は、先にそちらをチェックしてみてほしい。

ether.fiのサービス・特徴

さてether.fiは、次のような特徴を有している。

主な特徴

  • ETHのリキッドステーキングができる
  • リステーキングの利回りも発生する
  • ポイントも付与される
  • Liquidでも稼げる

ETHのリキッドステーキングができる

繰り返しになるがether.fiは、リキッドステーキングのプラットフォームだ。

イーサリアムもしくはstETHをステーキングすることで、ステーキング報酬を受け取りつつ、債権トークンのeETHを得ることができる。

stETHとは?

Lido Financeでのリキッドステーキングで獲得できる債権トークン

ether.fiのリキッドステーキング
出典:ether.fi

eETHは、イーサリアムと同価値になるように設計されており、他のDeFiプロトコルにて別途運用することができる。

リステーキングの利回りも発生する

競合プラットフォームにはないユニークな特徴としてether.fiは、単にステーキング報酬を得られるだけでなく、リステーキング報酬も得られる仕様になっている。

リステーキングとは?

その名のとおり、一度ステーキングしたイーサリアムなどを再びステーキングできる仕組みのこと。

ether.fiはリステーキングプラットフォームの「EigenLayer」と連携しており、その恩恵でリステーキング報酬ももらえる。

ステーキング報酬1
出典:ether.fi

ポイントも付与される

ether.fiを利用すると、

  • ether.fiロイヤリティポイント
  • EigenLayerポイント

という2種類のポイントも付与される。

ステーキング報酬2
出典:ether.fi

ロイヤリティポイントは、将来的にether.fiのガバナンスで用いられるようになる見込みだ。

またEigenLayerポイントは現状、EigenLayerの基軸通貨「EIGEN」のエアドロップへの参加権として用いられている。

Liquidで稼げる

Liquid」は、預け入れた資産をDeFiで自動運用してもらえるサービスだ。

2024年6月時点では、以下の3種類のプロダクトが用意されている。

3種類のプロダクト

  • Super Symbiotic LRT
  • ETH Yield
  • Market-Neutral USD

例えばETH Yieldの利用の流れは、以下のとおり。

ETH Yieldの利用の流れ
出典:ether.fi

リキッドステーキングで得られたeETHなど*を預け入れることで、以下のようなリターンを得ることができる。*eETH、wETH、weETHのいずれか

ETH Yieldの報酬

  • DeFiでの運用報酬
  • ether.fiでの運用報酬
  • ether.fiロイヤリティポイント
  • EigenLayerポイント
ETH Yieldの報酬
出典:ether.fi

以上、ether.fiの特徴を4つ紹介した。

従来のリキッドステーキングプラットフォームと違い、ether.fiはより多くのリターンを得られる見込みがある

そのためether.fiは、ステーキングプラットフォームの中で上位の人気を獲得している。

ether.fiの市場シェア

ここで具体的に、DeFi市場でether.fiにどれくらいの人気があるのか紹介しておこう。

イーサリアムチェーン上には、1,000種類を超えるDeFiプロトコルがある。

それらをTVL(預かり資産)の多い順に並べると、ether.fiは全体の5番手*に付けている。*2024年6月末時点、DeFi Llama調べ

リキッドステーキングに限って言えば、Lido Financeに次いで2番手にいる。

DeFiのTVL
出典:DefiLlama

また、その預かり資産(TVL)は約65億ドル(約1兆円)*に上り、これらの情報からDeFi市場でトップクラスの人気があることがわかる。*2024年6月末時点

ether.fiの使い方

それでは続いて、ether.fiでのリキッドステーキングのやり方をかんたんに紹介しておく。

リキッドステーキングのやり方

  • 仮想通貨取引所でETHを調達
  • ウォレットを用意する
  • ether.fiとウォレットを接続
  • ETHをステーキング

仮想通貨取引所でETHを調達

まずは国内の仮想通貨取引所を使い、元手となるイーサリアムを調達しよう。

イーサリアムは大抵の国内取引所で買えるが、イチオシはGMOコインだ。

GMOコイン
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコインなら現物取引(取引所)を使うことにより、リーズナブルな手数料でイーサリアムを買える。

また、他の多くの国内取引所と違い、イーサリアムをウォレットに送金する際に手数料がかからない

ether.fiに限らずDeFiプロトコルと相性バッチリなので、まだ使ったことがなければぜひ、この機会にGMOコインの利用を検討してみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

ウォレットを用意する

ether.fiは、ウォレットを接続することで使える状態になる。

対応ウォレットはいくつもあるが、おすすめは「MetaMask(メタマスク)」だ。

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

MetaMaskは拡張性・汎用性に優れたウォレットで、PC版・アプリ版ともに無料で使える。

くわしい特徴や入手方法は以下の記事で紹介しているので、まだ持っていない方はそちらを参考にしてもらいたい。

またMetaMaskなどのウォレットを用意できたら、仮想通貨取引所からそのウォレットのアドレス宛に、イーサリアムを送金しておこう。

ether.fiとウォレットを接続

ウォレットなどの下準備ができたら、ether.fiとウォレットを接続しよう。

まずは、ether.fiのサイトにアクセスする。

続いて、トップページにある「Connect Wallet」をクリックしよう。

ether.fiの使い方1
出典:ether.fi

ウォレット一覧が表示されるので、自身が利用しているウォレットを選択する。

ether.fiの使い方2
出典:ether.fi

すると自身のウォレットが起動し、ether.fiとの接続の承認を求められる。

その要求に応じれば、接続手続きは完了だ。

ETHをステーキング

ウォレットを接続できたら、あとは手持ちのイーサリアムをステーキングするだけだ。

ステーキングの操作画面でイーサリアムの数量を入力し、「Stake」ボタンをクリックすると、ステーキングが実行される。

またステーキングをおこなうと、預け入れたイーサリアムと同じ数量のeETHがもらえる。

ether.fiの使い方3
出典:ether.fi

以上、ether.fiでのリキッドステーキングのやり方を紹介した。

御覧のとおりether.fiは、非常にかんたんな操作で利用することができる。

興味がある方は、ぜひGMOコインでイーサリアムを用意するところから始めてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

ether.fiに関するQ&A

最後に、ether.fiに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • ether.fiは安全ですか?
  • eETHに対応したDeFiを教えてください。
  • Liquid はどのような DeFi プロトコルをサポートしていますか?

ether.fiは安全ですか?

ether.fiはこれまでに複数回、外部機関からの監査を受けている。

そのため、相応の安全性の担保はなされていると言えるだろう。

eETHに対応したDeFiを教えてください。

eETHを運用できるDeFiプロトコルは、以下のリンクから一覧で確認することができる。

Liquid はどのような DeFiプロトコルをサポートしていますか?

前述のとおりLiquidでは、預け入れた資産を外部のDeFiプロトコルで自動運用してくれる。

具体的には、以下のDeFiプロトコルを運用先として用いている。

Liquidの運用先*

*2024年6月時点

ether.fiとは?まとめ

今回は、リキッドステーキングプラットフォーム「ether.fi」について、特徴や使い方などを解説した。

この記事のまとめ

  • ether.fiではイーサリアムなどのリキッドステーキングができる
  • 通常の報酬だけでなく、リステーキング報酬も得られる
  • Liquidで保有資産を運用することもできる
  • 人気は上々で、TVL(預かり資産)は1兆円超*

*2024年6月時点

ether.fiは、イーサリアムなどのリキッドステーキングのサービスを提供している。

また競合プロトコルと違ってether.fiでは、リステーキング報酬も発生するため、より大きなリターンを得ることができる可能だ。

今回紹介したように使い方は非常に簡単なので、興味がある方はぜひGMOコインなどを使い、元手のイーサリアムを用意するところから始めてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

-DeFi
-, ,