本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

海外上場の仮想通貨

日本発祥のミームコインDORANEKOとは?値動きや将来性を解説

昨今の仮想通貨業界では、ドージコインシバイヌコインなどの「ミームコイン」が、1つのトレンドを生み出している。

またそうした流れの中、日本でもミームコイン「DORANEKO(ドラネココイン)」が生まれ、SNSを中心に人気を集めている。

今回はそのDORANEKOについて、主な特徴やこれまでの値動き、将来性などを解説していく。

X(旧Twitter)などで見かけてDORANEKOに興味を持った方は、ぜひ本記事を最後まで読んでみてほしい。

この記事からわかること

  • DORANEKOの基本情報、主な特徴
  • DORANEKOのこれまでの値動き
  • DORANEKOの将来性
  • DORANEKOの購入方法
  • DORANEKOへ投資する際の注意点

DORANEKOを入手するには、UniswapをはじめとしたイーサリアムベースのDEX(分散型取引所)を利用する必要がある。

また、DEXでの取引の元手となるイーサリアムの調達先には、仮想通貨を手数料無料で送金できるGMOコインがうってつけだ。

まだ口座をお持ちでない方は、この機会にGMOコインの利用を検討してみてはいかがだろうか。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン

GMOコインの特長

  • オリコンの調査で満足度日本一*1
  • 取引コストがリーズナブル*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコイン公式サイトはこちら

DORANEKO(ドラネココイン)とは?

DORANEKO公式サイトのトップ画面
出典:DORANEKO公式サイト
名称DORANEKO
シンボルDORA
ローンチ時期2023年1月
発行基盤イーサリアムチェーン
価格*0.00000000001ドル
時価総額*16万7,000ドル
公式サイトhttp://doraneko.pya.jp
Xアカウントhttps://twitter.com/DORANEKOeth
*2024年6月15日時点、DEX Tools調べ

DORANEKO(ドラネココイン)は、コインデザインにドラえもんのようなキャラクターが用いられている、2023年1月生まれのミームコインだ。

ミームコインとは?

ミームコインとは、ネット上のパロディやミームに由来して開発された仮想通貨の総称だ。

代表例として、ドージコイン(DOGE)シバイヌコイン(SHIB)がある。

DORANEKOは日本発祥のミームコインで、SNSなどにおいて日本人を中心としたファンコミュニティが存在する。

さらにそのファンコミュニティが、コレクタブルNFTの発行をはじめとした独自の活動をおこない、DORANEKOのエコシステムを盛り上げている。

なお、DORANEKOはグローバルな視点で見るとまだまだマイナーな存在であり、現時点では通常の仮想通貨取引所(CEX)での取り扱いはない。

そのためDORANEKOを購入したい場合は、UniswapなどのイーサリアムチェーンをベースとしたDEX(分散型取引所)を利用する必要がある

DORANEKOの特徴

さてDORANEKOは、次のような特徴を有している。

主な特徴

  • 日本発祥のミームコイン
  • 保有するだけでインセンティブが発生
  • 一時はローンチ時の価格の約7,480倍まで高騰
  • コミュニティが関連プロジェクトを生み出している

日本発祥のミームコイン

DORANEKOは、「たけし」と名乗る日本人によって開発された、日本発祥のミームコインだ。

基盤はイーサリアムチェーンで、同チェーンのトークン規格「ERC-20」に準拠している。

ERC-20トークンであるためDORANEKOは、イーサリアムチェーン上のDEXにおいて、イーサリアムや他のERC-20トークンと容易にスワップ(交換)することができる。

DORANEKOのコインデザイン
出典:X(@DORANEKOeth)

保有するだけでインセンティブが発生

DORANEKOは、「HODL(ホドル、ホードル)」に適した銘柄だと自称している。

HODLとは?

HODLとは、短期的な値動きに反応せず、仮想通貨を持ち続けることを指す。

ネットスラングの1つで、英語のHold(保持する、握る)を語源としている。

そう自称するだけの仕組みも用意されており、具体的には保有者に対し、保有し続けることに対するインセンティブが発生するようになっている。

DORANEKOでは全体の取引量の6%分が、保有している数量に応じて保有者へと日々還元されていく。

DORANEKOのHODLシステム
出典:X(@DORANEKOeth)

ローンチ時の価格の約7,480倍まで高騰

2023年1月末にローンチされたDORANEKOは、SNSを中心に話題を集め、2023年4月末には一時、ローンチ時の価格の約7,480倍(対ドルでの倍率)にまで急騰した。

出典:DEX Tools

まったく注目を浴びることのないまま消えていくミームコインも多くある中、この急騰を経てDORANEKOは、一定のレベルの認知度とブランドを確立している。

コミュニティが関連プロジェクトを生み出している

一般的にミームコインは、具体的なユーティリティを持たずに生まれてくる。

しかし、ドージコインやシバイヌコインがそうであるように、人気を集めたミームコインは、熱狂的なファンコミュニティが勝手に関連プロジェクトを生み出し、独自のユーティリティが付与されていく

DORANEKOもそうしたミームコインならではの流れを汲んでおり、ファンコミュニティが関連NFTなどをつくり、DORANEKOにユーティリティをもたらすと同時にエコシステムを盛り上げている。

DoraNekoPunks
出典:DoraNekoPunks

DORANEKOの値動き

それではここで、DORANEKOのこれまでの値動きを確認しておこう。

DORANEKOのチャート
出典:DEX Tools

DORANEKOは、2023年1月末にローンチされた。

ローンチ後しばらくは鳴りを潜めていたが、いわゆるクジラ(大口投資家のこと)からの資金が流入してきたことによって、2023年4月中旬から大きな高騰を見せた。

先ほど紹介したように、ローンチ時の価格と比べて、一時は約7,480倍まで暴騰した。

なお、その後は利確による売り圧力が強くなったことで、下落トレンドに転じている。

ただ、まったく見向きもされないミームコインもある中で、DORANEKOは大きな高騰をとおして多くの投資家からの認知を得ることに成功している。

そのため、ドージコインなどの先行するミームコインがそうだったように、DORANEKOも今後再び高騰する可能性が十分にあるだろう。

将来性に関わる注目ポイント

続いて、以下の3つのポイントから、DORANEKOの将来性を考察してみよう。

将来性に関わる注目要素

  • 日本のインフルエンサーが注目している
  • 独自エコシステムの拡大を見込める
  • 一過性のブームに終わる可能性もある

日本のインフルエンサーが注目している

日本発祥のミームコインであるDRANEKOは、日本の多くのインフルエンサーに注目されている。

またそうしたインフルエンサーが、YouTubeやX(旧Twitter)などで、DORANEKOに関する情報を発信している。

今後もインフルエンサーの情報発信によって知名度が向上していけば、自ずとDORANEKOへの需要は増していくだろう。

独自エコシステムの拡大を見込める

先ほども述べたように、一般的にミームコインは、何のユーティリティも持たずに生まれてくる。

しかし、支持を集めたミームコインは、ファンコミュニティによって独自のエコシステムが構築されていく。

例えばシバイヌコイン(SHIB)の周りでは、ファンコミュニティによって同銘柄関連のDEX(ShibaSwap)コレクタブルNFTNFTゲームなどが次々と生み出されている。

DORANEKOもすでにそうした流れに乗っており、関連プロジェクトが増えてエコシステムが拡大していけば、その需要がDORANEKOの価格に良い影響をもたらしてくれるはずだ。

一過性のブームに終わる可能性もある

ここまで2つポジティブな要素を挙げたが、DORANEKOには次のようなネガティブな要素もある。

ネガティブな要素

  • ミームコインの競合が山ほどある
  • グローバルな競合と比べて環境的に不利

日本のローカルなミームコインであるDORANEKOは、海外発のコインと比べて、どうしても環境的に不利になる。

そもそもミームコインは山ほどあり、環境云々に関係なく、競合に追いやられてしまうかもしれない。

そうした要素からDORANEKOは、一過性のブームで終始してしまう可能性も十分にあり、もしもこれから投資するのであれば、流れの変化をよく観察しておく必要があるだろう。

DORANEKO(ドラネココイン)の購入方法

ここで、DORANEKOの購入方法を紹介していく。

なお、今回は購入の場の例としてUniswapを取り上げる。

DORANEKOの購入方法

  • 国内取引所でイーサリアムを調達
  • ウォレットを用意する
  • Uniswapにウォレットを接続
  • ネットワーク設定を確認
  • Uniswapにコントラクトアドレスを入力
  • UniswapでDORANEKOを購入(スワップ)

国内取引所でイーサリアムを調達

DEXのUniswapでは、法定通貨(日本円)で取引をすることができない。

そこでまずは、いずれかの国内取引所で口座をつくり、Uniswapでの取引の元手となるイーサリアムを調達しよう。

イーサリアムはメジャーな仮想通貨なので、大半の国内取引所で購入できる。

しかし、Uniswapと併用することを考えるならば、GMOコインの利用をおすすめしたい。

GMOコイン
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

大抵の国内取引所では、手持ちのイーサリアムを外部へ送金する際に、手数料を課せられる。

一方でGMOコインなら、手数料無料でイーサリアムを送金することができる。

また、現物取引(取引所)を使うことにより、取引コストを安く抑えることも可能だ。

これらの理由からUniswapとの併用先にぴったりなので、ぜひこの機会にGMOコインのこともチェックしてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

ウォレットを用意

Uniswapを使うには、仮想通貨ウォレットも欠かせない。

Uniswapで使える数あるウォレットの中で、どれがよいか悩んだ場合は、もっともポピュラーで汎用性もある「MetaMask」を選んでおくと間違いないだろう。

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

ちなみに、MetaMaskの入手方法は以下の記事で別途解説している。

まだお持ちでないなら、参考にしてみてほしい。

また、MetaMaskなどのウォレットを用意できたら、そのウォレットのアドレス宛にイーサリアムを送金しておこう。

Uniswapにウォレットを接続

次に、Uniswapと手持ちのウォレットを接続しよう。

Uniswapにアクセスし、「ウォレットに接続」をクリックすると、利用できるウォレットが表示される。

Uniswapの使い方1
出典:Uniswap

一覧から自分が利用しているウォレットを選択すると、ウォレットが起動してUniswapとの接続許可を求められる。

その要求に応じれば、接続手続きは完了だ。

ネットワーク設定を確認

Uniswapは、複数のブロックチェーンを基盤として稼働している。

DORANEKOを取引する場合は、Uniswapの対応チェーンの中から、イーサリアムチェーンを選択しよう。

ネットワーク設定は、Uniswapの画面右上のアイコンをクリックして確認・変更することができる。

Uniswapの使い方2
出典:Uniswap

Uniswapにコントラクトアドレスを入力

次に、Uniswapの検索窓へDORANEKOのコントラクトアドレスを入力しよう。

DORANEKOのコントラクトアドレス:0xf941fed95a8e0167fb4c14ce8f3343afcfb1fece

Uniswapの使い方3
出典:Uniswap

すると以下のようにDORANEKOがヒットするので、それを選択しよう。

Uniswapの使い方4
出典:Uniswap

UniswapでDORANEKOを購入(スワップ)

あとは、

  • 元手をイーサリアムに設定
  • スワップ先をDORANEKOに設定
  • スワップする数量を入力

という操作をおこない、スワップを実行するだけだ。

Uniswapの使い方5
出典:Uniswap

以上、Uniswapを例にしてDORANEKOの購入方法(スワップの方法)を紹介した。

DORANEKOに興味がある方は、まずはGMOコインなどの国内取引所で、取引(スワップ)の元手となるイーサリアムを用意するところから始めてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

DORANEKOに投資する際の注意点

さて、実際にDORANEKOに投資する際には、以下の点に注意してもらいたい。

投資する際の注意点

  • メジャー通貨より情報を入手しにくい
  • ボラティリティが大きい
  • 人気に乗じた詐欺プロジェクトに注意

メジャー通貨より情報を入手しにくい

例えばビットコインやイーサリアムなどのメジャーな通貨は、各公式サイトや仮想通貨情報サイト、SNSなどを用いて、簡単に多くの情報を入手することができる。

一方でDORANEKOは、X(旧Twitter)の公式アカウントなどから最新情報を得られるものの、どうしても客観的な分析に基づく情報は入手が難しい。

これからDORANEKOに投資するのであれば、限られた選択肢の中から、情報の入手ルートを構築する手間が必要となるだろう。

ボラティリティが大きい

先ほどDORANEKOは、2023年4月に一時、ローンチの価格から見て7,400倍以上も値上がりしたことを紹介した。

一方で、2023年4月に付けた史上最高値本記事執筆時点(2024年6月)の価格を見比べると、わずか1年程度で4月の高値から9割以上も値下がりしてしまっている。

DORANEKOのチャート
出典:DEX Tools

このようにまだまだマイナーな存在であるDORANEKOは、非常にボラティリティが大きい。

タイミング次第では一攫千金を狙えるが、その逆に大きな損失を被る可能性もあるので、投資する際には細心の注意が必要だ。

人気に乗じた詐欺プロジェクトに注意

仮想通貨業界では、残念ながら以下のような詐欺行為や詐欺プロジェクトが横行している。

主な詐欺のパターン

  • 偽物の仮想通貨に投資させる
  • ラグプル(出口詐欺)のプロジェクトに投資させる
  • フィッシング詐欺(偽物のWebサイトに誘導して、情報などを盗む)

DORANEKOなど話題を集めている銘柄の周囲には、こうした詐欺が特に多いので注意しておいてほしい。

DORANEKOに関するQ&A

最後に、DORANEKOに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • DORANEKOは国内取引所に上場しますか?
  • DORANEKOの発行上限は決まっていますか?
  • DORANEKOの値動きはどこで確認できますか?

DORANEKOは国内取引所に上場しますか?

2023年9月時点で国内市場では、ドージコイン・シバイヌコイン・モナコインの3種類のミームコインが取り扱われている。

また、モナコインは日本発祥のミームコインだ。

このようにミームコインの国内上場の前例があるので、DORANEKOも知名度や需要を伸ばしていけば、国内取引所で取り扱われるようになるかもしれない。

DORANEKOの発行上限は決まっていますか?

DORANEKOの発行上限は1京枚で、すでにそのすべてが発行済みだ。

数量が非常に多いため、1枚あたりの価格が安く、買い求めやすくなっている。

DORANEKOの値動きはどこで確認できますか?

DORANEKOの値動きは、DEXのデータアグリゲーターである「DEX Tools」で確認することができる。

DORANEKO(ドラネココイン)とは?まとめ

今回はミームコインの1種であるDORANEKO(ドラネココイン)について、主な特徴やこれまでの値動き、将来性などを解説した。

この記事のまとめ

  • DORANEKOは、2023年1月にローンチされた日本発祥のミームコイン
  • 保有すると、インカムゲインを得らえる
  • NFTなど、コミュニティ主導のプロジェクトが盛り上がりを見せている
  • 日本の多くの仮想通貨インフルエンサーも、DORANEKOを支持している

DORANEKOは、2023年4月に一時、ローンチ時の価格の7,400倍を超える大きな値上がりを見せた。

本記事執筆時点(2024年6月)では値動きが落ち着いているが、他のミームコインの先例を見ると、これから再び高騰していくことも十分に考えられる

本記事をとおしてDORANEKOに将来性を見込めると感じた方は、実際に同銘柄へ投資してみてはいかがだろうか。

なおDORANEKOは、通常の仮想通貨取引所には上場しておらず、入手のためにはUniswapなどのDEX(分散型取引所)を利用する必要がある。

国内取引所の中でもGMOコインは、DEXとの相性がバッチリなので、ぜひこの機会にチェックしてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

-海外上場の仮想通貨
-, ,