本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

IT・Web3

仮想通貨(トークン)のコントラクトアドレスとは?役割や調べ方、扱う際の注意点を解説

仮想通貨を扱っていると、「コントラクトアドレス」というワードに触れることがあるはずだ。

しかしコントラクトアドレスは、単に国内取引所で仮想通貨を取引しているだけではあまり使い道がないため、何のためにあるのかご存じない方もいるだろう。

今回はそうした方に向けて、仮想通貨のコントラクトアドレスの概要や使い道、調べ方などを解説していく。

この記事からわかること

  • コントラクトアドレスの概要・使い道
  • コントラクトアドレスの調べ方
  • ウェブウォレットでコントラクトアドレスを読み込む方法
  • コントラクトアドレスを扱う際の注意点

コントラクトアドレスは、DAppsやウォレットを扱う際に必要になることがある。

またDAppsの利用を楽しむなら、国内取引所の存在も欠かせない。

Coincheckなら、さまざまな仮想通貨をわずか500円から買えるため、DAppsとの相性もばっちりだ。

無料で口座をつくることができるので、ぜひこの機会にCoincheckのこともチェックしてみてほしい。

出典:Coincheck

Coincheck の特長

  • ワンコイン(500円)から仮想通貨を購入できる
  • ビットコインの取引手数料が無料*
  • 裁量取引以外のサービスも充実(自動積立、レンディング他)
  • 口座を持てばNFTの取引も可能(Coincheck NFT)
  • 初めて販売されるNFTを優先的に買える(Coincheck INO)

*取引形式で「取引所」を選択した場合

Coincheck公式サイトはこちら

仮想通貨のコントラクトアドレスとは?

仮想通貨(トークン)のコントラクトアドレスとは、仮想通貨の契約(コントラクト)情報が記された固有のアドレスのことだ。

一般的にコントラクトアドレスは、スマートコントラクトを実行するために必要になる。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上において、事前に設定された条件を満たした場合に自動的に取引(トランザクション)を執行してくれるプログラムのこと。

つまり、ブロックチェーン上のDApps(分散型アプリ)などにおいて、次のような操作(スマートコントラクトによる操作)をおこなう場合に、コントラクトアドレスが必要になることがある。

  • DEX(分散型取引所)で仮想通貨同士のスワップ(交換)をおこなう
  • ウォレット(MetaMaskなど)で仮想通貨を受け取り、管理する

※基本的にメジャーな仮想通貨であれば、コントラクトアドレスを知らずとも、上記の操作をおこなうことができる。

しかしマイナーな銘柄では、コントラクトアドレスを自分で調べ、先にDEXなどでその情報を取り込ませなければならないケースがある。

なおコントラクトアドレスは、見た目としてはウォレットアドレスと大差ない。

だがウォレットアドレスと違い、コントラクトアドレスに対して仮想通貨を送金することはできないので、留意しておいてほしい。

仮想通貨のコントラクトアドレスの調べ方

イメージ図

さてコントラクトアドレスの調べ方は、主に以下のようなものがある。

コントラクトアドレスの主な調べ方

  • 仮想通貨の「データアグリゲーター」で調べる
  • 各ブロックチェーンのエクスプローラーを使う
  • 銘柄ごとの公式サイトで確認する

仮想通貨の「データアグリゲーター」で調べる

データアグリゲーターとは、特定のデータを集約・整理し、整理したデータを発信しているサービスやサイトのことを指す。

仮想通貨の業界には、「CoinMarketCap」や「CoinGecko」といったデータアグリゲーターのサイトがあり、そこでさまざまな銘柄のコントラクトアドレスを調べることができる。

例えばCoinMarketCapの場合、各銘柄の詳細画面において、コントラクトアドレスの確認が可能だ。

出典:CoinMarketCap

各ブロックチェーンのエクスプローラーを使う

基本的にパブリックブロックチェーンでは、それぞれの「ブロックチェーンエクスプローラー」において、トークンや取引などに関する情報をだれでも調べられるようになっている。

そのブロックチェーンを基盤としている仮想通貨(トークン)の詳細ページには、もちろんコントラクトアドレスも掲載されている。

出典:Etherscan

主要なブロックチェーンのエクスプローラーをいくつか挙げておくので、ぜひ一度覗いてみてほしい。

エクスプローラーの例

銘柄ごとの公式サイトで確認する

コントラクトアドレスは、各銘柄の公式サイトに掲載されているケースもある。

特に、データアグリゲーターでも追跡されていないような超マイナーな銘柄は、まずその銘柄の公式サイトをチェックしてみた方が良いかもしれない。

DORANEKOのコントラクトアドレス
出典:DORANEKO公式サイト

ウォレットにコントラクトアドレスを追加する方法

続いて、ウォレットにコントラクトアドレスを追加する方法も、簡単に紹介しておこう。

なお今回は、事例としてMetaMaskを取り上げる。

ウォレットへの追加方法

  • コントラクトアドレスを調べてコピーする
  • MetaMaskで「トークンをインポート」を選択
  • コントラクトアドレスを張り付けてインポートする

コントラクトアドレスを調べてコピーする

まずは、先ほど紹介したいずれかの方法でコントラクトアドレスを調べ、それをコピーしよう。

DORANEKOのコントラクトアドレス
出典:DORANEKO公式サイト

MetaMaskで「トークンをインポート」を選択

次にMetaMaskを起動し、トップ画面の「Tokens(トークン)」から「トークンをインポート」を選択しよう。

コントラクトアドレスの追加方法1
出典:MetaMask

コントラクトアドレスを張り付けてインポートする

インポートの画面で「カスタムトークン」を選択し、トークンコントラクトアドレスの欄に、コピーしておいたアドレスをペーストしよう。

コントラクトアドレスの追加方法2
出典:MetaMask

あとは「カスタムトークンを追加」をクリックするだけで、対象の銘柄の情報が追加され、MetaMask内で管理することができるようになる。

コントラクトアドレスの追加方法3
出典:MetaMask

コントラクトアドレスを扱う際の注意点

最後に、コントラクトアドレスを扱う際の注意点を紹介しておく。

コントラクトアドレスの注意点

  • ウォレットアドレスとは役割が異なる
  • 基盤のブロックチェーンごとでコントラクトアドレスが異なる
  • 利用の際は入力ミスに注意
  • 偽物や詐欺目的のものも存在する

ウォレットアドレスとは役割が異なる

前述のとおり、仮想通貨のコントラクトアドレスとウォレットアドレスは、見た目は非常に似通っているものの、役割はまったく異なる。

ウォレットアドレスと違い、コントラクトアドレスに仮想通貨を送金・受け取りの機能はなく、誤送金などをしないように注意が必要だ。

基盤のブロックチェーンごとでコントラクトアドレスが異なる

多くの仮想通貨はさまざまなブロックチェーン上で使うことができるのだが、そのコントラクトアドレスは、基盤となるブロックチェーンごとで異なるものが用意されている

例えばステーブルコインのテザー(USDT)には、次のような複数のコントラクトアドレスがある。

テザーの主なコントラクトアドレス

  • イーサリアムチェーン:0xdac17f958d2ee523a2206206994597c13d831ec7
  • BNBチェーン:0x55d398326f99059ff775485246999027b3197955
  • Solanaチェーン:Es9vMFrzaCERmJfrF4H2FYD4KCoNkY11McCe8BenwNYB

言わずもがな、イーサリアムチェーン上のスマートコントラクトを利用する際には、同ブロックチェーン以外のコントラクトアドレスは使えないので注意しておこう。

利用の際は入力ミスに注意

コントラクトアドレスには、数字とアルファベットで構成された複雑な文字列が用いられている。

その文字列を1つでも間違えれば、コントラクトアドレスは適切に機能しない。

したがって、利用の際には入力ミスがないように注意する必要があり、基本的にはコピー&ペーストを活用した方が安全だ。

偽物や詐欺目的のものも存在する

仮想通貨は個人でも発行が可能であり、詐欺行為を目的としたスキャム(詐欺)コインが一定する存在する。

また、同時にコントラクトアドレスも、偽物や詐欺目的のものが残念ながら存在している。

そのためコントラクトアドレスを用いる際は、アドレス自体の信ぴょう性や、アドレスの掲載元の信頼性をよく確認しておく必要があるだろう。

仮想通貨のコントラクトアドレスとは?まとめ

今回は仮想通貨のコントラクトアドレスについて、その概要や調べ方などを紹介した。

この記事のまとめ

  • コントラクトアドレスには、対象となる仮想通貨の契約(コントラクト)情報が記されている
  • 主に、スマートコントラクトを実行するために必要になる
  • コントラクトアドレスは、データアグリゲーターやブロックチェーンエクスプローラーで調べられる
  • 偽物の情報を掴まされることのないように、注意が必要

仮想通貨のコントラクトアドレスは、DApps(分散型アプリ)やウェブウォレットを使う上で、欠かせない情報の1つだ。

役割や調べ方を覚えて、手持ちの資産やDAppsを有効活用していこう。

なお、DAppsなどを利用する際には、必然的に仮想通貨取引所も使うことになる。

まだ口座をお持ちでない方は、無料かつ最短1日で口座を持てる「Coincheck」で、口座開設を済ませておこう。

Coincheck公式サイトはこちら

-IT・Web3
-

Crypto Marker