本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

DeFi

【SNSで稼げる⁉】SocialFiアプリ「friend.tech」の機能と始め方を解説

今回取り上げるのは、SocialFiのアプリ「friend.tech(フレンドテック)」だ。

friend.techは2023年中頃に一時、その利用手数料がさまざまなDApps(分散型アプリ)の中でNo.1になり、大きな話題を呼んだ。

ただその名前を聞いたことがあっても、そもそもfriend.techで何ができるのかよくわかっていないという方も、まだまだ多くいることだろう。

本記事ではそんな方に向けて、friend.techの機能や特徴、始め方などをわかりやすく解説していく。

この記事からわかること

  • friend.techの概要
  • friend.techの機能、特徴
  • friend.techの始め方(初期設定)

friend.techを始める際には、イーサリアムを最低でも0.01ETH持っておく必要がある。

イーサリアムは大抵の国内取引所で取り扱われているが、中でもGMOコインなら、リーズナブルな手数料で同銘柄を買うことができる*。*現物取引(取引所)を使った場合

また、購入したイーサリアムをウォレットへ送る際に手数料がかからないので、friend.techと相性バッチリだ。

まだ使ったことがない方は、ぜひこの機会にGMOコインのこともチェックしてみてほしい。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコイン公式サイトはこちら

friend.techとは?

friend.techのロゴ
出典:friend.tech

friend.techは、X(旧Twitter)と連動させて使うSocialFiのアプリだ。

ユーザーは、自身のX上での影響力を資産的価値(トークン)に換えて、売買することができる。

SocialFi(ソーシャルファイ)とは?

SNS金融(Finance)をかけ合わせた概念、およびそのサービスのこと。

また基本的には、ブロックチェーンの技術(DeFiの技術)が用いられている。

friend.techはブロックチェーン業界から、そのユニークな性能を高く評価されている。

またデータアグリゲーターの「CoinMarketCap」が実施した「CRYPTO AWARDS2024」では、「もっとも革新的なDeFiプロジェクト」というカテゴリーで、大賞候補の1つとしてノミネートされた。

friend.techの機能・特徴

friend.techは、次のような機能や特徴を有している。

主な機能・特徴

  • Xでの影響力をトークン化して売買できる
  • 影響力が乏しい人にも稼ぐチャンスがある
  • 発行者は二次売買の手数料の一部を得られる
  • 手数料収入の分配が可能
  • 独自のチャットルームをつくれる

Xでの影響力をトークン化して売買できる

イメージ画像1

friend.techはX(旧Twitter)と連動させて使うアプリで、Xでの影響力をトークン化し、売買することができる。

またそのトークンは、「Key」と名付けられている。

Keyの価値は、ユーザーの影響力や需要に比例する仕組みになっている。

つまり、他のユーザーに買われる(需要が増える)ほど、取引価格が上がっていくということだ。

影響力が乏しい人にも稼ぐチャンスがある

さて、Xでの影響力をトークン化できるという機能を聞いて、

インフルエンサー以外がfriend.techを使っても、意味がないのではないか?

と考える方もいるだろう。

しかし、実際にはそうではない。

なぜならKeyは、一次販売だけでなく二次売買も可能だからだ。

イメージ画像2

インフルエンサーのKeyを購入し、そのKeyの価格が上がってから転売すれば、だれでも売買差益を得ることができる。

また、詳しくはこのあと紹介するが、Keyの保有者には二次売買で稼げる以外にも、いくつかの保有メリットが用意されている。

発行者は二次売買の手数料の一部を得られる

Keyの販売価格には、あらかじめ取引手数料が含まれている。

またその手数料は、プラットフォーム(friend.tech)とそのKeyの発行者の間で折半する仕様になっている。

つまりKeyの発行者は、Keyが二次売買されるたびに、手数料収入を得られるということだ。

なおこうした仕組みは、NFTにおけるロイヤリティ(二次流通の利益の一部がNFTのクリエイターに還元される仕組み)とほぼ同じである。

手数料収入の分配が可能

前述のとおりKeyの発行者は、二次売買のたびに取引手数料の一部を得ることができる。

また発行者は任意で、手数料収入をKeyの保有者に分配することができる。

それにより、Keyの発行者と保有者は、お互いにWin-Winの関係を築くことが可能だ。

【Keyの発行者】

  • 手数料の分配を目的として、Keyの購入者が増える
  • ⇒コミュニティが大きくなる
  • ⇒需要が増すことでKeyの市場価格が上がり、手数料収入も増える

【Keyの購入者・保有者】

  • Keyを保有することで、発行者が得る手数料収入から分配を受けられる

独自のチャットルームをつくれる

Keyは、有料ファンクラブの会員権のような性質も有している。

Keyの発行者は、Key保有者限定のチャットルームをつくり、そこで保有者とコミュニケーションを取ることができる。

またこの会員権のような機能が、Keyを購入する側のメリットの1つとなっている。

friend.techの初期設定

それではここで、friend.techを使うための初期設定のやり方を紹介しておこう。

friend.techの初期設定

  • イーサリアムを調達する
  • ウォレットを用意する
  • イーサリアムをブリッジしておく
  • friend.techでアカウントをつくる
  • 招待コードを入力する
  • X(旧Twitter)と連動させる

イーサリアムを調達する

Keyの売買は、イーサリアムでおこなわれる仕様になっている。

またfriend.techを使う際には、使用開始の時点で少なくとも、0.01ETH(2024年3月時点で約6,000円分)がウォレット内にあることを求められる。

そこでまずは、いずれかの国内取引所でイーサリアムを調達しよう。

イーサリアムは大抵の国内取引所で買えるが、friend.techと併用するならGMOコインがうってつけだ。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコインでは、現物取引(取引所)を使うことで、リーズナブルな手数料でイーサリアムを買える。

また購入したイーサリアムを、手数料無料でウォレットへと送金することができる。

口座は無料でつくれるので、まだ使ったことがなければぜひ、この機会にGMOコインの利用を検討してみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

ウォレットを用意する

friend.techを使うには、仮想通貨を管理できるウェブウォレットも必要になる。

選択肢は無数にあるが、迷ったときはMetaMask(メタマスク)を選んでおけば間違いないだろう。

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

MetaMaskは拡張性・汎用性に優れたウォレットで、PC版・スマホアプリ版ともに、だれでも無料で使える。

入手方法は以下の記事で解説しているので、まだ持っていない方はそちらを参考にしてもらいたい。

またMetaMaskなどのウォレットを用意できたら、仮想通貨取引所からそのウォレット宛てに、購入したイーサリアムを送金しておこう。

イーサリアムをブリッジしておく

friend.techは、イーサリアムチェーンのレイヤー2ブロックチェーンの1つ「Base」を基盤にしている。

そのためfriend.techでは、イーサリアムチェーンを基盤としたイーサリアムではなく、Baseを基盤としたイーサリアムが必要になる。

国内取引所で取り扱われているイーサリアムは、いずれもイーサリアムチェーン上のものなので、それをあらかじめBase基盤のものにブリッジしておこう。

なおMetaMaskなら、デフォルトの機能の1つにブリッジが用意されており、かんたんにBase基盤のイーサリアムに換えることができる。

MetaMaskのブリッジ機能
出典:MetaMask

friend.techでアカウントをつくる

続いてはfriend.techのサイトにアクセスし、アカウントを作成しよう。

サイトにアクセスしたらまず、画面中央にある「Sign in」をクリックする。

friend.techの初期設定1
出典:friend.tech

するとアカウントの作成手段が4種類表示されるので、そのいずれかを選択しよう。

friend.techの初期設定2
出典:friend.tech

アカウント作成時の選択肢

  • 電話番号を登録
  • Googleアカウントを流用
  • Appleアカウントを流用
  • ウォレットを接続

なおfriend.techを使う際には、ウォレットの接続が欠かせない。

あとから必ずつなぐことになるので、基本的にはアカウント作成も、ウォレット接続でおこなうことをすすめる。

招待コードを入力する

アカウントの作成手続きを進めていくと、次のように招待コード(Invite Code)の入力を求められる。

friend.techの初期設定3
出典:friend.tech

2024年3月時点のfriend.techは、まだクローズドβテスト版であり、招待コードの保有者しか使うことができないのだ。

ただ招待コードは、X(旧Twitter)上で「friend.tech ft」と検索すると、かんたんに手に入る。

検索時に用いる「ft」は、招待コードの頭に必ず付いている文字。

friend.techの初期設定4
出典:friend.tech

招待コードの使用は、各コードで1回きりなので、発行から時間が経っていない(まだ使われていない)ものを探し、friend.techのコード入力画面にコピぺしよう。

X(旧Twitter)と連動させる

あとは、friend.techとXを連携させるだけだ。

招待コードを入力し、認証させたのち、以下の画面で「Link」ボタンをクリックする。

friend.techの初期設定5
出典:friend.tech

するとXが起動し、アクセスの許可を求められるので、それに応じればFriend.techを使える状態になる。

friend.techの初期設定6
出典:X

以上、friend.techの初期設定方法を解説した。

興味がある方はまず、GMOコインなどの仮想通貨取引所で、イーサリアムを調達するところから始めてみよう。

GMOコイン公式サイトはこちら

friend.techに関するよくある質問

最後に、friend.techに関するよくある質問を3つ、紹介しておく。

よくある質問

  • friend.techはいつ正規版にアップグレードされますか?
  • friend.techのスマホアプリはありますか?
  • friend.techのSNSアカウントはありますか?

friend.techのSNSアカウントはありますか?

friend.techは、Xに公式アカウントが設けられている。

friend.techはいつ正規版にアップグレードされますか?

今のところ、friend.techの正規版のリリース時期は公表されていない。

いち早く情報を入手したい方は、上記のX公式アカウントをフォローしておこう。

friend.techのスマホアプリはありますか?

残念ながら今のところ、friend.techのスマホアプリは存在しておらず、Webブラウザ版のみとなっている。

friend.techとは?まとめ

今回はSocialFiのアプリ「friend.tech」について、その特徴や始め方を解説した。

この記事のまとめ

  • friend.techは、Xの影響力に資産価値を付与できるアプリ
  • 影響力を表すトークン「Key」をユーザー同士で売買することができる
  • Xでの影響力が上がれば、Keyの価値も上がっていく
  • Keyの二次流通をとおして、売買差益を得ることも可能

friend.techでは、Xでの影響力を表すトークン「Key」を売買することができる、SocialFiのアプリだ。

また単にKeyの売買できるだけでなく、マーケットの継続性を意識したような工夫がなされている。

本記事をとおして興味を持った方は、GMOコインなどでイーサリアムを用意し、実際にfriend.techに触れてみてはいかがだろうか。

GMOコイン公式サイトはこちら

-DeFi
-,

Crypto Marker