本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

DeFi

【SOLのステーキング】Marinade(マリネード)の特徴や人気の理由、使い方を解説

今回取り上げるMarinade(マリネード)は、SOLトークンのステーキングができるプラットフォームだ。

似たプラットフォームはいくつかあるが、その中でもMarinadeはトップクラスの人気を誇っている。

本記事ではそんなMarinadeについて、サービスの内容や人気の理由、基本的な使い方などを解説していく。

この記事からわかること

  • Marinadeの基本情報
  • Marinadeのサービス概要・特徴
  • Marinadeの人気
  • Marinadeの基本的な使い方

Marinadeを利用する際には、Solanaチェーンの基軸通貨である「SOLトークン」が欠かせない。

SOLトークンを扱う国内取引所はいくつもあるが、その中でも、Marinadeと併用する際のおすすめはGMOコインだ。

GMOコインを使えば、リーズナブルな手数料*でSOLトークンを買うことができ、ウォレットへの送金手数料もかからない*現物取引(取引所)を利用した場合

まだ使ったことがない方は、ぜひこの機会にGMOコインの利用を検討してみてほしい。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン

GMOコインの特長

  • オリコンの調査で満足度日本一*1
  • 取引コストがリーズナブル*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコイン公式サイトはこちら

Marinade(マリネード)とは?

Marinadeのトップ画面
出典:Marinade
名称Marinade
基盤チェーンSolana
サービス概要SOLのステーキング
SOLのリキッドステーキング
サイトURLhttps://marinade.finance/

Marinade(マリネード)は、Solanaチェーンを基盤としたステーキングプラットフォームだ。

他の類似プラットフォームと違い、Marinadeはステーキングの利回りを自動で最適化してくれる。

その恩恵としてより大きな収益を期待できるため、高い人気を集めている。

ステーキングの対象は、Solanaチェーンの基軸通貨であるSOLトークンだ。

また通常のステーキングだけでなく、リキッドステーキングのサービスも提供している。

Marinadeのサービス・特徴

まずはMarinadeがどういったサービスなのか、その特徴をまとめた。

サービス概要・主な特徴

  • 利回りが最適化されている
  • ステーキングの種類を選べる
  • ガバナンスへの参加も可能

利回りが最適化されている

Marinadeは、SOLトークンのステーキングサービスを提供しているDeFiプラットフォームだ。

また従来のステーキングプラットフォームと比べて、Marinadeはより多くのステーキング報酬が発生するように設計されている。

具体的には、以下のような仕組みでステーキング報酬を最適化している。

Marinadeの仕組み

  • Solanaチェーンのすべてのバリデーター*を監視
  • よりパフォーマンスの高いバリデーターを選出
  • そのバリデーターに権利を委任(ステーキング)

*トランザクションの検証者のこと

ここで参考までに、SOLトークンのステーキング(代行)サービスを手がけているGMOコインと、利回りを比較してみよう。

2024年7月時点でのMarinadeのステーキング利回りは、以下のとおり。

Marinadeのステーキング利回り

  • 通常のステーキング:年率7.83%
  • リキッドステーキング:年率7.36%
Marinade:ステーキングの利回り
出典:Marinade

一方で、同時点でのGMOコインのステーキング利回り(年率)は以下のとおり。

GMOコイン:ステーキングの利回り
出典:GMOコイン

Marinadeを使って自分でステーキングをおこなうと、多少の手間は増えるが、手間をかけた分だけ利回りはかなり良くなるようだ。

ステーキングの種類を選べる

Marinadeでは、

  • 通常のステーキング
  • リキッドステーキング

いずれかを選んで利用することができる。

リキッドステーキングを利用した場合は、ステーキング報酬を受け取りつつ、債権トークンの「mSOL」ももらえる。

mSOLにはSOLトークンと同等の価値があり、他のDeFiプロトコルで別途運用することが可能だ。

ガバナンスへの参加も可能

Marinadeは、分散型(非中央集権型)の運営体制を取っている。

ガバナンストークンの「MNDE」を保有すれば、だれでもMarinadeの運営に関わるガバナンスに参加することができる。

ちなみにMNDEは、Gate.ioKuCoinなどの海外取引所で購入が可能だ。

Marinadeの市場シェア

ここで、Marinadeにどれくらいの人気があるのかを紹介しておこう。

2024年7月時点でSolanaチェーン上には、100種類を超えるDeFiプロトコルがある。

それらのTVL(預かり資産)を見比べれば、人気のおおよその序列が測れるのだが、MarinadeはJito Financeに次ぐ2番目の規模*を誇っている。*2024年7月時点、DeFi Llama調べ

また、TVLの金額は約12億ドル(約2,000億円)に上り、これらの情報からSolanaチェーン上でトップクラスの人気があることは間違いない。

MarinadeのTVL
出典:DeFi Llama

Marinadeの使い方

続いて、Marinadeでのステーキングのやり方をかんたんに紹介しておく。

Marinadeの使い方

  • 仮想通貨取引所でSOLを調達
  • ウォレットを用意する
  • Marinadeとウォレットを接続
  • ステーキングの種類を選ぶ
  • SOLをステーキング

仮想通貨取引所でSOLを調達

まずは国内の仮想通貨取引所をとおして、元手となるSOLトークンを調達しよう。

SOLトークンはメジャーな銘柄なので、国内でも多くの仮想通貨取引所に上場している。

その中でも、MarinadeなどのDeFiプロトコルと特に相性が良いのはGMOコインだ。

GMOコイン
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコインなら現物取引(取引所)を使うことにより、リーズナブルな手数料でSOLトークンを買える。

また、他の多くの国内取引所と違い、SOLトークンをウォレットに送金する際に手数料がかからない

無料で口座をつくれるので、まだ使ったことがない方はぜひ、この機会にGMOコインの利用を検討してみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

ウォレットを用意する

Marinadeは、Solanaチェーンを基盤としたプラットフォームだ。

そこで、Solanaチェーンに対応した仮想通貨ウォレットを用意しよう。

選択肢は数多くあるが、どれにすべきか迷うようなら、メジャーどころのPhantom(ファントム)を選んでおけば間違いないだろう。

Phantomは汎用性に優れたウォレットで、PC版・アプリ版ともに無料で使える。

Phantom - Crypto Wallet

Phantom - Crypto Wallet

Phantom Technologies Incorporated無料posted withアプリーチ

詳しい特徴や初期設定方法については、以下の記事で別途解説しているので、まだ持っていない方は参考にしてもらいたい。

また、Phantomなどのウォレットを用意できたら、そのウォレット宛てにSOLトークンを送金しておこう。

Marinadeとウォレットを接続

ウォレットなどの下準備ができたら、Marinadeにウォレットを接続しよう。

まずは、Marinadeのサイトにアクセスする。

次に、トップ画面の「Optimize your staking」と書かれたボタンをクリックする。

Marinadeの使い方1
出典:Marinade

するとステーキング用のページに切り替わるので、次は「Connect Wallet」をクリックする。

Marinadeの使い方2
出典:Marinade

ウォレットの一覧が表示されるので、その中から自身が利用しているウォレットを選択しよう。

Marinadeの使い方3
出典:Marinade

自身のウォレットが起動し、Marinadeとの接続の承認を求められる。

その要求に応じれば、接続手続きは完了だ。

ステーキングの種類を選ぶ

ウォレットをつなぐと、

  • 通常のステーキング
  • リキッドステーキング

のいずれかを選択できる。

2024年7月時点だと、利回りは通常のステーキングの方が高めだ。

しかしリキッドステーキングは、報酬だけでなく、SOLトークンと同価値のmSOLも手に入る。

そうした違いをよく理解した上で、どちらか望む方の「Stake」ボタンをクリックしよう。

Marinadeの使い方4
出典:Marinade

SOLをステーキング

あとは、手持ちのSOLトークンをステーキングするだけだ。

ステーキングの操作画面でSOLトークンの数量を入力し、「Stake」ボタンをクリックすると、ステーキングが実行される。

Marinadeの使い方5
出典:Marinade

以上、Marinadeでのステーキングのやり方を紹介した。

御覧のとおりMarinadeは、非常にかんたんな操作で利用することができる。

興味がある方は、ぜひGMOコインでSOLトークンを用意するところから始めてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

Marinadeに関するQ&A

それでは最後に、Marinadeに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • Marinadeは安全ですか?
  • Marinadeは日本語に対応していますか?
  • mSOLを使えるDeFiを教えてください。

Marinadeは安全ですか?

Marinadeは、複数の第三者機関からスマートコントラクトなどの監査を受けており、それを元にセキュリティを改善してきている。

オンラインで取引をする以上、100%安全とは言い切れないが、一定の安全性の担保はなされていると言えるだろう。

Marinadeは日本語に対応していますか?

2024年7月時点におけるMarinadeの言語表記の選択肢は、英語のみだ。

ただ、難しい単語は使われていないので、英語が不得手な方でもそれほどストレスを感じることなく使えるはずだ。

また、GoogleChromeなどのWebブラウザの翻訳機能を使えば、直訳で不自然な表現になる部分はあるものの、日本語に訳して使うことができる。

Marinadeの翻訳
出典:Marinade(Google翻訳版)

mSOLを使えるDeFiを教えてください。

mSOLには、

  • DEXへの流動性提供
  • レンディングの貸付資産
  • NFT購入のための決済通貨

といった、様々な使い道がある。

また、それぞれの用途に対応したプラットフォームは、以下のリンクからチェックすることができる。

mSOLを使えるDeFi
出典:Marinade

Marinadeとは?まとめ

今回はステーキングプラットフォームのMarinadeについて、特徴や使い方などを解説した。

この記事のまとめ

  • MarinadeではSOLのステーキングができる
  • バリデーターの最適化によって利回りが良い
  • リキッドステーキングも可能
  • ガバナンストークン「MNDE」を発行している

Marinadeは、ステーキングの利回りを自動で最適化できるように設計されている。

類似プラットフォームよりも利回りが良いため、Solanaチェーンではトップクラスの人気がある。

興味がある方は、ぜひGMOコインなどを使ってSOLトークンを用意し、実際にMarinadeに触れてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

-DeFi
-, ,