本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

DeFi

リキッドステーキングのプラットフォーム「Jito(ジト)」とは?特徴や使い方を解説

昨今のDeFi市場では、ステーキング報酬を得つつ“債権トークン”を運用できる「リキッドステーキング」が人気を博している。

今回取り上げるJito(ジト)もリキッドステーキングができる人気プラットフォームの1つで、そのTVL(預かり資産)は650万SOL(約670億円)*に上っている。*2023年12月時点

JitoのTVL
出典:Jito

本記事ではそんなJitoについて、主な特徴や使い方を解説していく。

リキッドステーキングにトライしてみたい方は、ぜひ最後まで目を通してもらいたい。

この記事からわかること

  • Jitoの基本情報
  • Jitoの主な特徴
  • ガバナンストークン「JTO」のこれまでの値動き
  • Jitoの使い方

Jitoは「SOLトークン」のステーキングプラットフォームであり、利用するには仮想通貨取引所でSOLトークンを用意しておく必要がある。

SOLトークンを扱う国内取引所はいくつかあるが、その中でもGMOコインを使えば低コストでSOLトークンを調達できて、ウォレットへの送金時に手数料がかからない

Jitoに関心がある方は、ぜひGMOコインのことも、この機会にチェックしてみてほしい。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコイン公式サイトはこちら

Jito(ジト)とは?

Jitoのトップ画面
出典:Jito
名称Jito(ジト)
サービス概要SOLトークンのリキッドステーキング
ローンチ時期2022年11月
ガバナンストークンJTO
基盤のブロックチェーンSolana
サイトURLhttps://www.jito.network

Jito(ジト)は、Solanaチェーンを基盤としたステーキングプラットフォームだ。

ユーザーは、Solanaチェーンのネイティブトークン「SOLトークン」をステーキングすることで、ステーキング報酬を獲得することができる。

また、Jitoはリキッドステーキングを用いており、SOLトークンを預け入れている間は、その代替として債権トークンの「JitoSOL」を保有することができる。

JitoSOLはSOLトークンとおおよそ同価値になるように設計されており、SOLトークンを預け入れている間、他のDEXなどで別途運用することが可能だ。

Jitoの特徴

ステーキングプラットフォームのJito(ジト)には、次のような特徴がある。

主な特徴

  • リキッドステーキングのプラットフォーム
  • MEVを活用している
  • ガバナンストークンはJTOトークン

リキッドステーキングのプラットフォーム

Jitoは、「リキッドステーキング」のプラットフォームだ。

リキッドステーキングとは?

リキッドステーキングとは、対象の仮想通貨をステーキングすると、代替として債権トークンを受け取れるステーキングのことだ。

債権トークンには資産的な価値がある。

そのためリキッドステーキングを利用すると、通常のステーキングと同様にステーキング報酬を得つつ、並行して債権トークンの運用で稼ぐことができる。

先ほども述べたようにJitoでは、SOLトークンをステーキングする(預け入れる)ことで、債権トークンの「JitoSOL」を獲得することができる。

本記事執筆時点(2023年12月中旬)におけるJitoSOLの価値は以下のとおりで、SOLとほぼ同等の価値を持つ。

SOLとJitoSOLの比率
出典:Jito

また、ステーキングで入手したJitoSOLは、Solanaチェーンを基盤とした他のDeFiプロトコルにおいて、流動性の提供やレンディングに用いることができる。

MEVを活用している

Jitoのステーキング報酬には、「MEV」による報酬も含まれる。

MEV(Maximal Extractable Value)とは、ブロック内のトランザクションを分析・操作して生じる利益(手数料収入やアービトラージの差益など)のことである。

専門的で難しいと思うかもしれないが、Jitoは他のSOLトークンのステーキングプラットフォームよりも、わずかながらリターンが増える見込みがあるということだ。

ちなみに、JitoにおけるステーキングのAPY(年換算利率)の推移は以下のとおり。

ローンチ当初は不安定な時期もあったが、2023年に入ってからは、年利6~7%台のリターンが安定して発生している。

JitoのAPY
出典:Jito

ガバナンストークンはJTO

JTO
出典:Jito

2023年12月7日、Jitoの開発チームはガバナンストークンの「JTO」をローンチされた。

JTOの保有者は、ガバナンス専用のプラットフォーム「Realms」をとおし、Jitoの運営に関わる意思決定に参加することができる。

総発行数は10億枚で、初期割り当ては以下のグラフのとおり。

JTOの10%(1億枚)分が、Jitoのユーザーなどへとエアドロップされている。

JTOの割り当て
出典:Jito

JTOの値動き

ここで参考までに、JTOのこれまでの値動きをチェックしておこう。

次のJTO/USDチャートは、JTOの市場上場から本記事執筆時点(2023年12月17日)までの値動きを示している。

JTOのチャート
出典:CoinMarketCap

JTOは2023年12月7日にローンチ・エアドロップされ、即座に海外市場への上場を果たした。

数日高騰したのち、投機筋の利確売りによってやや価格を下げたが、過度に価格を下げることなく安定した値動きを見せている。

ちなみにJTOの時価総額は、ローンチからわずか10日ほどで3億ドル(約450億円)を超えており、時価総額ランキングでは140位台*に付けている。*2023年12月17日時点、CoinMarketCap調べ

短期間でこれだけの投資資金が集まるということは、Jitoに対し、投資家が高い期待を寄せているという証左になるだろう。

Jitoの使い方

続いて、Jitoでのステーキングの方法を紹介しておこう。

Jitoの使い方

  • SOLトークンを調達する
  • ウォレットを用意する
  • ウォレットを接続する
  • SOLトークンをステーキングする

SOLトークンを調達する

Jitoは、SOLトークンのステーキングプラットフォームだ。

そこでまずは、仮想通貨取引所でSOLトークンを調達してこよう。

SOLトークンを扱う仮想通貨取引所はいくつかあるが、その中でもおすすめなのはGMOコインだ。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコインでは、取引形式で「取引所」を選択することにより、低コストでSOLトークンを売買することができる。

また、購入したSOLトークンをウォレットへ送金する際に、送金手数料がかからない

まだ口座をお持ちでないなら、ぜひこの機会にGMOコインの利用を検討してみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

ウォレットを用意する

続いて、Solanaチェーンに対応したウェブウォレットを用意しよう。

選択肢はいくつかあるが、もっともポピュラーなのは「Phantom(ファントム)」だろう。

Phantom
出典:Phantom
Phantom - Crypto Wallet

Phantom - Crypto Wallet

Phantom Technologies Incorporated無料posted withアプリーチ

Phantomは、PC版・スマホアプリ版ともに、だれでも無料で使うことができる

作成の手順(PC版の場合)は、以下のとおり。

作成の手順(PC版)

  • 公式サイトからWebブラウザに拡張機能をダウンロード
  • Phantomを起動する
  • パスワードを設定する
  • リカバリーフレーズを記録する

またウォレットを作成できたら、そのウォレットのアドレス宛に、SOLトークンを送金しておこう。

ウォレットを接続する

ウォレットを用意できたら、次はJitoにそのウォレットを接続しよう。

Jitoのサイトにアクセスし、画面右上にある「Connect」をクリックする。

Jitoの使い方1
出典:Jito

ウォレットの選択肢が表示されるので、自身が使用しているウォレットを選択しよう。

Jitoの使い方2
出典:Jito

すると自身のウォレットが起動し、接続の許可を求められる。

その要求に応じれば、接続手続きは完了だ。

SOLトークンをステーキングする

ウォレットの接続が完了したら、次は「Stake Now」をクリックしよう。

Jitoの使い方3
出典:Jito

ステーキング用の操作画面に切り替わるので、あとは数量を指定し、SOLトークンを預け入れるだけだ。

Jitoの使い方4
出典:Jito

SOLトークンを預け入れると、その代替として「JitoSOL」がもらえる。

また、通常のステーキングと同じく、ステーキング報酬を獲得することができる。

以上、Jitoにおけるステーキング(リキッドステーキング)の方法を解説した。

流れを理解できたら、まずはGMOコインなどで、SOLトークンを調達するところから始めてみよう。

GMOコイン公式サイトはこちら

Jitoに関するよくある質問

それでは最後に、Jitoに関してよくある質問を3つ、紹介しておく。

よくある質問

  • JitoSOLを運用できるDEXを教えてください。
  • ステーキングを解除する方法を教えてください。
  • ステーキングの解除にはどのくらいの時間がかかりますか?

JitoSOLを運用できるDEXを教えてください。

債権トークンであるJitoSOLは、Solanaチェーンを基盤とした各種DeFiプロトコル(OrcaRaydium他)で運用することができる。

具体的な情報は、Jitoのサイト内にある以下のページで、ご自身でチェックしてみてほしい。

JitoSOLの使い道
出典:Jito

ステーキングを解除する方法を教えてください。

ステーキングを解除する方法は、以下の2パターンが用意されている。

ステーキングの解除方法

  • サードパーティーのDEX「Jupiter」を経由し、JitoSOLをSOLへスワップする
  • Jitoにおいて、JitoSOLを返却する
ステーキングの解除方法

ステーキングの解除にはどのくらいの時間がかかりますか?

ステーキング解除に要する時間は、解除方法によって異なる。

Jupiterを利用した場合は即座に解除できるが、直接Jitoで解除する場合は、解除の完了までに2~4日を要する。

Jitoとは?まとめ

今回は、Solanaチェーンのステーキングプラットフォーム「Jito(ジト)」について、主な特徴や使い方を解説した。

この記事のまとめ

  • Jitoは、Solanaチェーンを基盤とした「リキッドステーキング」のプラットフォーム
  • SOLトークンをステーキングすると、債権トークンの「JitoSOL」を入手できる
  • JitoSOLはSOLトークンとほぼ同価値で、DEXでの運用が可能
  • Jitoのステーキング報酬には、MEV報酬も加算されている

Jitoは、リキッドステーキングのプラットフォームだ。

SOLトークンをステーキングすると、ステーキング報酬を受け取りつつ、債権トークンの「JitoSOL」を別途運用することができる。

また、MEV報酬の加算により、より多くのステーキング報酬を得られるようになっている。

本記事をとおして興味を持った方は、GMOコインなどでSOLトークンを用意し、実際にステーキングにトライしてみてはいかがだろうか。

-DeFi
-, ,

Crypto Marker