本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

NFT

【コレクタブルNFT】Doodlesはどんなコレクション?他にはない魅力や将来性を解説

2021年にブームとなり、今もなお多くのものが生まれているコレクタブルNFT。

その中でも根強い人気があり、兄弟プロジェクトもリリースされているのが、今回取り上げる「Doodles(ドゥードゥルズ)だ。

本記事ではDoodlesについて、特徴や将来性、購入方法などをわかりやすく解説していくので、NFTに興味がある方はぜひ参考にしてもらいたい。

この記事からわかること

  • Doodlesの基本情報、主な特徴
  • Doodlesのこれまでの価格推移
  • Doodlesの将来性
  • Doodlesの購入方法

Doodlesを購入する際には、決済通貨としてイーサリアムが必要になる。

イーサリアムを扱う国内取引所は多くあるが、その中でもわずか500円からイーサリアムを買えるCoincheckは、初心者にもぴったりだ。

無料で口座をつくることができるので、ぜひCoincheck公式サイトを覗いてみてほしい。

出典:Coincheck

Coincheck の特長

  • ワンコイン(500円)から仮想通貨を購入できる
  • ビットコインの取引手数料が無料*
  • 裁量取引以外のサービスも充実(自動積立、レンディング他)
  • 口座を持てばNFTの取引も可能(Coincheck NFT)
  • 初めて販売されるNFTを優先的に買える(Coincheck INO)

*取引形式で「取引所」を選択した場合

Coincheck公式サイトはこちら

Doodles(ドゥードゥルズ)とは?

Doodlesのトップ画面
出典:Doodles公式サイト
名称Doodles(ドゥードゥルズ)
リリース時期2021年10月
総アイテム数1万点
時価総額*1万4,982ETH
フロア価格*1.49ETH
公式サイトhttps://web3.doodles.app
*2023年11月2日時点、CoinGecko調べ

Doodles(ドゥードゥルズ)は、ポップなデザインが特徴のコレクタブルNFTだ。

2021年10月にローンチされると、計1万点が瞬く間に完売した。

二次流通市場においても高い人気を誇っており、一次販売価格が0.123ETHだったのに対し、現在のフロア価格(最低取引価格)は1.49ETH*となっている。*2023年11月2日時点、CoinGecko調べ

また、第2弾となる「Doodles2」がローンチされたり、キャラクターがフィギュアなどのグッズになって販売されたりと、Doodlesのコンテンツはさらなる拡がりを見せている。

Doodlesの特徴

さてコレクタブルNFTのDoodlesは、次のような特徴を有している。

主な特徴

  • ポップでカラフルなコレクタブルNFT
  • コミュニティ主導のプロジェクト
  • Doodles2も人気を集めている
  • おもちゃストアのCAMPと提携している

ポップでカラフルなコレクタブルNFT

Doodlesは、ポップでカラフルなデザインのコレクタブルNFTだ。

その発行には、NFTゲームのブームをけん引した「CryptoKittes」の生みの親であるevan氏やpoopie氏、そして著名なアニメーターであるburnt toast氏(@burnttoast)が携わっている。

burnt toast氏が描いたさまざまな特性(髪型や服装など)を、アルゴリズムが組み合わせ、1つ1つが唯一無二である計1万点のコレクションを生み出した。

DoodlesのNFT
出典:OpenSea

コミュニティ主導のプロジェクト

Doodlesは、コミュニティが主導するプロジェクトでもある。

コミュニティ専用のプラットフォーム「DoodleBank」においてDoodlesの保有者は、プロジェクトの運営に関わる提案をしたり、その提案に対して投票で意思表示をしたりすることができる。

DoodleBank
出典:DoodleBank

Doodles2も人気を集めている

Doodlesの開発チームは、2023年1月に新しいNFTプロジェクト「Doodles2」をローンチした。

Doodle2では以下のポスト内の動画のように、ウェアラブルNFTを用いて、Doodleのキャラクターの着せ替えができるようになっている。

なお現在のDoodle2はクローズドβ版であり、利用するには、NFTマーケットプレイスなどをとおしてベータパスを入手する必要がある。

Doodles2のベータパス
出典:Gaia

おもちゃストアのCAMPと提携している

Doodlesの開発チームは、2023年6月にアメリカの大手おもちゃストアのCAMPと提携した。

またその提携を活かし、グッズ販売をしたり、子ども向けの体験スペースを設けるなど、デジタルとアナログの境界を越えたサービスを展開している。

Doodlesのインタラクティブ施設
出典:CAMP公式サイト

Doodlesの価格推移・市場統計

それでは、Doodlesの現在(2023年11月上旬時点)の市場統計を押さえておこう。

市場統計*

  • 時価総額:1万4,982ETH
  • 24時間あたりの取引高:34.38 ETH
  • 現在のフロア価格:1.49 ETH
  • フロア価格の過去最高値:23.95 ETH(2022年5月3日)
  • フロア価格の過去最低値:1.11 ETH(2021年11月10日)

*2023年11月2日時点、CoinGecko調べ

また、フロア価格(最低取引価格)の推移は、以下のチャートのとおり。

Doodlesのフロア価格チャート
出典:CoinGecko

Doodlesのフロア価格のピークは2022年5月で、一時は20ETHを超えていた。

ところがNFT市場全体の地合いが悪くなったこともあり、そのピークを過ぎてからはひたすら下落基調となり、昨今では底値を這うような状態が続いている。

ただ、価格を下げていると言っても、他のコレクションと相対的に見ればその人気は上々で、NFT市場が活気を取り戻せば、再び高騰する可能性は十分にあると見られている。

また、これからの復調に期待するのであれば、Doodlesが置かれている今の状況は、割安な価格で買える絶好のタイミングだと言えるだろう。

Doodlesの将来性に関わるポイント

続いては以下の3つの要素から、Doodlesの将来性を考察してみよう。

今後に関わる注目要素

  • 複数の兄弟プロジェクトが生まれている
  • アニメーションを製作・展開している
  • 著名人にも注目されている

複数の兄弟プロジェクトが生まれている

Doodlesのエコシステムでは、先ほど紹介したDoodles2以外にも、「Space Doodles」というコレクタブルNFTもローンチされている。

SpaceDoodles
出典:OpenSea

Space Doodlesは希少価値が高く、OpenSeaにおける2023年11月時点のフロア価格は10ETHと、本家のDoodlesよりも高値で取引されている。

今後もこうした後継プロジェクトがローンチされていけば、本家Doodlesのプレミアム感は損なわれていくかもしれない。

一方で知名度が上がって、二次流通市場での取引はより活発になっていくだろう。

アニメーションを製作・展開している

2023年1月、Doodlesの開発チームはアニメーションスタジオのGolden Wolfを買収した。

買収に際して開発チームは、Doodlesに対して物語性のある世界観を構築していくことを表明している。

また、買収ののちDoodlesのYouTubeチャンネルでは、Doodlesのショートアニメがアップされるようになった。

まだまだYouTubeでの再生回数は十分とは言えないが、今後のマーケティングの戦略次第では、アニメーションとNFTが相乗効果を生み出すかもしれない。

著名人にも注目されている

Doodlesは、例えばヒップホップアーティストのスヌープ・ドックが過去に保有しており、そのことをX(旧Twitter)で言及して大きな話題を呼んだ。

今後もこういった海外の著名人が、Doodlesに言及してくれる機会があれば、さらなる知名度の向上につながっていくはずだ。

Doodlesの買い方

次に、二次流通市場におけるDoodlesの購入方法を紹介しておこう。

なお今回は、購入の場の例としてOpenSeaを取り上げる。

Doodlesの購入方法

  • 買いたいものを見つける
  • 国内取引所でイーサリアムを調達する
  • ウォレットを用意する
  • OpenSeaとウォレットをつなぐ
  • Doodlesを購入する

買いたいものを見つける

まずはNFTマーケットプレイス「OpenSea」にアクセスし、出品中のDoodlesのアイテムを見てみよう。

Doodlesのページは、検索窓に「Doodles」と入力することで、簡単に見つけられる。

Doodlesの買い方1
出典:OpenSea

また、ほしいアイテムが見つかったら、販売価格などをよく確認しておこう。

国内取引所でイーサリアムなどを買う

Doodlesはイーサリアムチェーンを基盤としたNFTなので、基本的にはイーサリアムで取引されている。

そこで続いては、国内の仮想通貨取引所を使い、イーサリアムを調達しよう。

数ある国内取引所の中でも、イーサリアムを調達する際のイチオシはCoincheckだ。

Coincheck
出典:Coincheck
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、ETC、LSK、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ、PLT、SAND、DOT、FNCT 、CHZ、LINK、MKR、DAI、MATIC、APE、AXS、IMX、WBTC、AVAX、SHIB
【全29種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
⇒ Maker・Takerともに無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料
(BTCの場合)
0.0005~0.016BTC*
*ガス代の変動に合わせて変動
その他のサービスCoincheckつみたて(自動積立)
貸暗号資産サービス
ステーキングサービス*
Coincheck IEO
Coincheck INO
Coincheck NFT
Coincheckでんき
Coincheckガス
*β版、一時停止中
*2024年3月時点

Coincheck の特長

  • ワンコイン(500円)から仮想通貨を購入できる
  • 手数料無料でビットコインなどを取引できる
  • 裁量取引以外のサービス(自動積立など)も充実している
  • 口座を持てばNFTの取引も可能(Coincheck NFT)
  • 初めて販売されるNFTコレクションを優先的に買える(Coincheck INO)

Coincheckでは、イーサリアムやポリゴンなど20種類を超える仮想通貨が揃い、いずれもワンコイン(500円)から購入することができる。

また、口座を持つと独自のNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」を使える点も、NFTコレクターから好評を博している。

Doodlesに興味がある方は、ぜひこの機会にCoincheckの利用を検討してみてはいかがだろうか。

Coincheck公式サイトはこちら

ウォレットを用意する

OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスは利用者登録が不要で、仮想通貨ウォレットを接続するだけで使える。

対応ウォレットは数多くあり、どれを使うべきかわからない場合は、ポピュラーで汎用性も高い「MetaMask(メタマスク)」を選んでおけば間違いないだろう。

MetaMask
出典:MetaMask

MetaMaskはPCとスマホの両方に対応しているウォレットで、だれでも無料で使える。

MetaMaskの入手方法は、別途次の記事で紹介しているので、まだお持ちでない方はぜひチェックしてみてほしい。

またMetaMaskを用意できたら、Coincheckなどで調達したイーサリアムをそのMetaMaskに送金しておこう。

MetaMaskへの送金方法についても、先ほど提示した記事を参照してもらいたい。

OpenSeaとウォレットをつなぐ

MetaMaskなどのウォレットを用意したら、それをOpenSeaに接続しよう。

OpenSeaへの接続
出典:OpenSea

サイト上部にある「ウォレットを接続」をクリックすると、対応ウォレットの一覧が表示されるので、その中から自身が使用しているウォレットを選択する。

するとウォレットが起動し、接続の許可を求められるので、その要求に応じれば接続手続きは完了だ。

Doodlesを購入する

あとは、目星を付けていたDoodlesのアイテムを実際に購入するだけだ。

Doodlesのアイテムの詳細画面で「Buy Now」をクリックすると、ウォレットが起動するので、指示に従って操作すれば購入することができる。

Doodlesの買い方2
出典:OpenSea

以上、OpenSeaを例にしてDoodlesの購入方法を紹介した。

購入までの流れを理解できたら、Coincheckでイーサリアムを調達するところから始めてみよう。

Coincheck公式サイトはこちら

Doodlesに関するよくある質問

最後に、Doodlesに関してよくある質問を3つ紹介する。

よくある質問

  • Doodlesのトークン規格は何ですか?
  • Doodlesにロイヤリティは設定されていますか?
  • Doodlesのコミュニティにはどうすれば参加できますか?

Doodlesのトークン規格は何ですか?

Doodlesの発行基盤はイーサリアムチェーンであり、トークン規格は「ERC-721」に準拠している。

Doodlesにロイヤリティは設定されていますか?

ロイヤリティとは、NFTのクリエイターに対するインセンティブのことだ。

二次取引が成立するたびに、二次出品者の売り上げから一定の割合が自動的に徴収され、クリエイターに還元される。

Doodlesにもロイヤリティは設定されており、その数値は5%となっている。

Doodlesのロイヤリティ
出典:OpenSea

Doodlesのコミュニティにはどうすれば参加できますか?

DoodlesのコミュニティはDiscord上で形成されており、Doodlesの保有状況に関わらず、以下のリンクから誰でも参加することができる。

DoodlesのDiscordチャンネル
出典:Discord

Doodles(ドゥードゥルズ)とは?まとめ

今回はコレクタブルNFTのDoodlesについて、その特徴や将来性などを紹介した。

この記事のまとめ

  • Doodlesは、ポップなデザインが特徴的なコレクタブルNFT
  • Doodles2やSpaceDoodlesなど、後継プロジェクトも生まれている
  • グッズ販売をはじめとして、デジタルとアナログの境界を越えたサービスを展開中
  • 一時期と比べて昨今のDoodlesは、割安な価格水準で推移している

Doodlesの開発チームは、おもちゃストアのCAMPと提携してグッズを販売したり、アニメーションをつくったりと、NFTに留まらない積極的な事業展開をおこなっている。

取引価格は2022年5月以降、思わしくない状態が続いているが、そうした果敢な事業展開によって知名度を上げていけば、今後息を吹き返す可能性は十分にあるだろう。

NFTのコレクションや転売に興味がある方は、ぜひDoodlesに実際に触れてみてはいかがだろうか。

なお購入の際に必要なイーサリアムは、ダウンロード数4年連続No.1*のCoincheckの取引アプリを使えば、ストレスなく調達できる。*対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2022年、データ協力:AppTweak

まだ口座をお持ちでないなら、ぜひこの機会にCoincheckのこともチェックしてみてほしい。

出典:Coincheck

\500円から仮想通貨を買える!/

Coincheck公式サイトはこちら

-NFT
-, ,

Crypto Marker