本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

海外上場の仮想通貨

【ミームコイン】DOG WIF HAT(WIF)の3つの特徴や将来性を解説

ミームコインは昨今、多くの銘柄が高騰し、市場の話題の中心となっている。

その中でも特に注目を浴びているのが、今回取り上げる「DOG WIF HAT(ドッグウィフハット)」だ。

DOG WIF HATは2023年11月ローンチされた比較的新しいミームコインなのだが、瞬く間に人気を集め、今やその時価総額はミームコインの中でNo.3の規模を誇っている*。*2024年4月3日時点、CoinMarketCap調べ

WIFの時価総額
出典:CoinMarketCap

本記事ではそんなDOG WIF HATについて、主な特徴や将来性などをわかりやすく解説していく。

この記事からわかること

  • DOG WIF HATの基本情報、特徴
  • DOG WIF HATの値動き
  • DOG WIF HATの将来性
  • DOG WIF HATを買える仮想通貨取引所

DOG WIF HATは今のところ、国内での取り扱いがなく、購入する際には海外取引所を利用する必要がある。

DOG WIF HATを扱う海外取引所はいくつかあるが、中でもMEXC(エムイーエックスシー)は、日本語表記に完全対応していて日本人にやさしい。

メールアドレスを登録するだけで使えるので、DOG WIF HATに投資してみたい方は、この機会にMEXCで口座をつくっておこう。

MEXC
出典:MEXC

MEXCの特長

  • 国内取引所と比べて銘柄ラインナップがケタ違い(1,700種類以上)
  • 取引手数料がリーズナブル
  • 日本語表記に完全対応
  • 新規登録時に本人確認書類が不要

MEXC公式サイトはこちら

MEXCの詳しい情報や口座開設方法はこちら▷

DOG WIF HAT(WIF)とは?

WIFのサイト
出典:dogwifcoin.org
名称DOG WIF HAT
シンボル・通貨単位WIF
ローンチ時期2023年11月
価格*4.1ドル/WIF
時価総額ランキング*30位
公式サイトhttps://dogwifcoin.org/
主な上場先MEXC
Bitget
KuCoin
*2024年3月29日時点、CoinMarketCap調べ

DOG WIF HAT(以下、WIF)は、2023年11月にローンチされたミームコインだ。

「DOG WIF HAT」は、日本語に訳すと「帽子をかぶった犬」という意味になる。

その言葉のとおりWIFは、ピンクのビーニーハットをかぶった柴犬をコインデザインに用いている。

また、柴犬をデザインに用いていることから、WIFはミームコインの中でも「犬コイン」に分類されている。

WIFは時価総額が30億ドルを優に超えるメジャー銘柄の1つだが、今のところ国内取引所での取り扱いがない。

そのため投資する際は、MEXCなどの海外取引所の口座が必要になる。

MEXC公式サイトはこちら

DOG WIF HAT(WIF)の特徴

さてWIFは、次のような特徴を持っている。

主な特徴

  • Solana基盤の犬コイン
  • 具体的な使い道は今のところない
  • ミームコインでトップ3入りを果たした

Solana基盤の犬コイン

WIFは、Solanaチェーンをベースに発行された犬コインの1種だ。

Solanaチェーン基盤の各種DEX(分散型取引所)や海外取引所にて、活発に取引されている。

なお開発者の情報は、今のところ開示されていない。

WIF
出典:dogwifcoin.org

具体的な使い道は今のところない

WIFの公式サイトでは、同銘柄について以下のように書かれている。

WIFの紹介文
出典:dogwifcoin.org

和訳

WIF は、文字どおりの単なる帽子をかぶった犬ではありません。

それは未来の取引のための進歩の象徴であり、先を考える人のための道しるべです。

WIF のようなイノベーションを受け入れ、境界を超え、金融とテクノロジーの新時代を切り開く人々に、輝かしい未来があることは明らかです。

いろいろと説明を述べた上で、そのほとんどが赤色の取消線で消され、「文字どおりの単なる帽子をかぶった犬(LITERALLY JUST A DOG WIF A HAT)」という言葉だけが残されている。

そうした表現が示すとおりWIFは、他の多くのミームコインと同じように、ジョークやパロディの表現手段としてつくられた銘柄に過ぎない。

そのため、今のところは具体的な使い道を与えられていない。

ミームコインでトップ3入りを果たした

2024年1月にWIFは、業界最大手の仮想通貨取引所「Binance」にて、先物取引の対象銘柄として取り扱われるようになった。

するとSNSを中心に話題になり、瞬く間に多額の投資資金が流れ込んできた。

上場先も増えていき、今ではミームコインの中で、時価総額ランキングのトップ3入り*を果たしている。*2024年4月3日時点、CoinMarketCap調べ

WIFの時価総額
出典:CoinMarketCap

DOG WIF HAT(WIF)の値動き

ここで、WIFの値動きを確認しておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のチャートのとおりだ。

2024年4月上旬までの値動き

次にWIF/USDチャートで、市場へ上場した2023年12月末から、記事執筆時点(2024年4月上旬)までの値動きを振り返っていこう。

WIFのチャート
出典:TradingView

前述のとおりWIFは、Binanceの先物取引で取り扱われるようになったことを契機に、2024年1月から少しずつ値上がりを見せていた。

また2024年2月後半から一気に高騰の勢いが強くなり、3月は1カ月間で、約5倍の値上がり幅での高騰を果たした。

この高騰の波に乗りたい方はぜひ、MEXCなどを使って、WIFを買ってみてはいかがだろうか。

MEXC公式サイトはこちら

将来性に関わる注目ポイント

続いては以下の3つの要素から、WIFの将来性を考察してみよう。

将来性に関わる注目要素

  • 大々的なプロモーションを実施する予定
  • コミュニティ主導でユーティリティが増えるかも
  • ミームコイン全体の動向にも注目

大々的なプロモーションを実施する予定

2024年3月にWIFのコミュニティは、WIFのプロモーションのために、ラスベガスにある「Sphere」でWIFの画像を展示する計画を打ち出した。

Sphereとは?

Sphere(スフィア)は、米ラスベガスにある球体型の複合アリーナ施設だ。

球体型の壁面が高精細LEDパネルでおおわれており、さまざまな映像を映し出せるようになっている。

Sphere
出典:Sphere公式サイト

また、計画の実現のために寄付サイトがつくられ、約70万ドル(約1億円)もの寄付金調達を果たしている。

WIFの寄付プロジェクト
出典:wif-sphere.vercel.app

Sphereでの展示が実施されれば、その話題性によって、新規層の獲得につながるはずだ。

また、積極的な取り組みが投資家に好感されて、短期的な値上がりにつながるかもしれない。

コミュニティ主導でユーティリティが増えるかも

前述のとおりWIFは、今のところは投資対象として売買できる以外に役割を持たない。

しかし、ドージコインやシバイヌコインなどの先行するミームコインがそうであったように、コミュニティ主導で関連プロダクトが開発され、後天的にユーティリティが与えられる可能性が十分にある。

また、ユーティリティが付与されれば、その実需によって時価総額も増してくことだろう。

ミームコイン全体の動向にも注目

2024年にミームコイン全体の時価総額は、他のセクターの上げ幅を大幅に超えた増加を見せている。

また、そうしたミームコイン全体の勢いが、WIFの価格高騰を下支えしている。

ただ、市場のブームとは往々にして移り変わっていくものであり、いずれ勢いが減衰していく可能性も十分にある。

そのためこれからWIFに投資するなら、WIF単体の動向だけでなく、ミームコイン全体の動向も注視しておくべきだろう。

WIFを買える仮想通貨取引所

冒頭に述べたとおりWIFは、今のところ国内での取り扱いがない。

そのためWIFに投資する際には、Solanaチェーン基盤のDEX(分散型取引所)、もしくは海外取引所を利用することになる。

また、海外取引所を利用する場合はそれが、

  • WIFを取り扱っている
  • 日本人を受け入れている

この2つの条件を満たしている必要がある。

これらの条件を満たす海外取引所は、例えば以下のようなものがある。

条件を満たす海外取引所の例

なお、これらの中でもイチオシはMEXC(エムイーエックスシー)だ。

出典:MEXC
取扱銘柄数*1,700種類以上
取引手数料現物取引*
⇒ Maker 0.1%、Taker0.1%
先物取引*
Maker 0.00%、Taker0.02%
*割引プログラムあり
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
主要なサービス現物取引
先物取引
レバレッジETF
コピートレード
セービング
日本語表記への対応
公式サイトMEXC公式サイト
*2023年12月時点

MEXCの特長

  • 国内取引所と比べて銘柄ラインナップがケタ違い(1,700種類以上)
  • 取引手数料がリーズナブル
  • 日本語表記に完全対応
  • 新規登録時に本人確認書類が不要

MEXCは、海外でもトップクラスの取扱銘柄数を誇る。

また、その豊富な銘柄を0.1%以下のリーズナブルな手数料*で取引することができる。*現物取引(取引所)を使った場合

さらに、コピートレードなど、国内取引所にはないユニークなサービスが数多く用意されているのも魅力だ。

メールアドレスを登録するだけで使えるので、まだ使ったことがない方はぜひ、この機会にMEXCの利用を検討してみてほしい。

MEXC公式サイトはこちら

DOG WIF HAT(WIF)に関するQ&A

それでは最後に、WIFに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • 総供給量は決まっていますか?
  • MetaMaskで管理できますか?
  • WIFのコミュニティはどこにありますか?

総供給量は決まっていますか?

データアグリゲーター「CoinMarketCap」によると、WIFの総供給量は約10億枚(9億9,892万173枚)とのこと。

また、ビットコインやイーサリアムなどと違って追加発行の仕組みはなく、ローンチ時点でそのすべてが市場で流通している。

出典:CoinMarketCap

MetaMaskで管理できますか?

基本的にMetaMaskは、イーサリアムチェーンおよび、同チェーンとの互換性を持つブロックチェーンに対応している。

したがってデフォルトの状態では、Solanaチェーンを基盤としたWIFを管理することはできない。

ただし、「MetaMask Snaps」で拡張機能を追加すれば、MetaMaskでもWIFを管理できるようになる。

詳しくは以下の記事で解説しているので、そちらを参照してもらいたい。

WIFのコミュニティはどこにありますか?

WIFは、以下のSNSを中心にコミュニティが形成されている。

興味がある方は、ぜひ覗いてみてほしい。

DOG WIF HAT(WIF)とは?まとめ

今回はミームコインの「DOG WIF HAT(WIF)」について、その特徴や将来性などを解説した。

この記事のまとめ

  • WIFは、2023年11月にローンチされた犬コイン
  • 他の多くのミームコインと同様に、具体的な使い道はない
  • ローンチから数カ月で、ミームコイン内の時価総額ランクで3位にランクイン
  • 寄付金を使い、ラスベガスのSphereで大々的なプロモーションをおこなう予定

2023年11月にローンチされたWIFは、瞬く間に時価総額が増えていき、今やミームコインの中の時価総額ランキングでトップ3入りを果たしている。

またネット上では、WIFがいずれ、時価総額ランク2位のシバイヌコインに肉薄するのではないかという声も上がっている。

WIFに将来性があると感じた方は、ぜひMEXCなどをとおして、同銘柄への投資にトライしてみてほしい。

MEXC公式サイトはこちら

-海外上場の仮想通貨
-, , ,

Crypto Marker