本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

海外上場の仮想通貨

【プライバシーコイン】Verge(XVG)の過去の高騰理由や将来性を解説

今回取り上げるVerge(ヴァージ)は、2014年に生まれた歴史ある仮想通貨だ。

またVergeは、2023年7月に突如として大きく高騰し、仮想通貨市場で話題をさらった。

XVGのチャート1
出典:TradingView

本記事ではそんな注目のVergeについて、主な特徴や高騰の理由、将来性などを解説していく。

この記事からわかること

  • Vergeの基本情報、主な特徴
  • Vergeの過去の値動き
  • 2023年7月に急騰した理由
  • Vergeの将来性
  • Vergeの購入方法

Vergeは歴史ある銘柄の1つだが、国内取引所での取り扱いはなく、投資したい場合は海外取引所を利用する必要がある。

Vergeを扱う海外取引所はいくつかあるが、その中でもMEXC(エムイーエックスシー)日本語表記に対応していて、日本人投資家にもやさしい。

Vergeに興味がある方は、ぜひMEXC公式サイトも合わせてチェックしてみてほしい。

MEXC
出典:MEXC

MEXCの特長

  • 国内取引所と比べて銘柄ラインナップがケタ違い(1,700種類以上)
  • 取引手数料がリーズナブル
  • 日本語表記に完全対応
  • 新規登録時に本人確認書類が不要

MEXC公式サイトはこちら

MEXCの詳しい情報や口座開設方法はこちら▷

Verge(ヴァージ/ XVG)とは?

Vergeのトップ画面
出典:Verge
名称Verge
シンボル・通貨単位XVG
ローンチ時期2014年
価格*0.0066ドル/XVG
時価総額ランキング*464位
主な上場先MEXC
Gate.io  他
サイトURL https://vergecurrency.com
*2024年3月30日時点、CoinMarketCap調べ

Verge(ヴァージ/ XVG)は、匿名性に重点が置かれた仮想通貨だ。

また、日常的に使えるように設計されており、独自のウォレット「VergePayウォレット」などをとおして、電子決済における決済手段としての普及を目指している。

なお、古くからある銘柄ながらVergeは、残念なことに国内取引所での取り扱いがない。

そのためVergeを購入したい場合は、MEXCなどの海外取引所を利用する必要がある。

MEXC公式サイトはこちら

Verge(ヴァージ/ XVG)の特徴

さてVergeは、次のような特徴を有している。

主な特徴

  • 匿名性に重点が置かれている
  • 日常的な取引の手段として生まれた
  • 外部のブロックチェーンとの取引が可能
  • コンセンサスアルゴリズムはPoW
  • コミュニティが開発を主導している

匿名性に重点が置かれている

ビットコインやイーサリアムをはじめとするパブリックブロックチェーンは、トランザクション(取引)の履歴を外部から閲覧できる仕様になっているものが多い。

一方でVergeは、冒頭にも述べたように匿名性プライバシーの保護に重点が置かれており、第三者が外部から情報を見たり追跡したりすることができないようになっている。

具体的には、Vergeでは「Tor」というIPアドレスの難読化技術により、トランザクションにおける送信者と受信者のIPアドレスが隠ぺいされている。

日常的な取引の手段として生まれた

Vergeは、電子決済で日常的に使われる通貨となることを目指して開発された。

その目的のためにVergeは、ビットコインなどよりも高速かつ低コストで取引できるように設計されている。

また、Vergeの最大供給量は165億XVGと非常に多く、1枚当たりの価値を低く抑えることにより、少額決済にも利用しやすくなっている。

外部のブロックチェーンとの取引が可能

Vergeは、クロスチェーン取引ができる「アトミックスワップ機能」を採用している。

アトミックスワップでは、第三者の手を借りることなく、ユーザー同士で異なるブロックチェーン上にある仮想通貨を直接交換することができる。

コンセンサスアルゴリズムはPoW

Vergeのコンセンサスアルゴリズム(トランザクションを検証し、合意形成をはかるための仕組み)には、ビットコインと同じPoW(プルーフ・オブ・ワーク)が採用されている。

つまり、マイニングによって稼ぐことも可能だということだ。

なおマイニングは、1人でおこなう「ソロマイニング」だけでなく、他のマイナーと協力する「プールマイニング」でおこなうこともできる。

主要なマイニングプールの情報は、Vergeのサイトにて確認が可能だ。

Vergeのマイニングプール
出典:Verge

コミュニティが開発を主導している

Vergeは、特定の企業などではなく、コミュニティが開発を主導している。

開発に関わるあらゆる技術や情報がオープンソースとなっており、関心があれば、だれでもコミュニティに参加したり開発に関わったりすることができる。

また、開発の資金については、コミュニティからの寄付で賄われている。

Verge(ヴァージ/ XVG)の値動き

ここで、Vergeのこれまでの値動きを確認しておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のチャートのとおりだ。

2022年末までの値動き

次にXVG/USDチャートで、2017年1月から2022年までの値動きをおさらいしていこう。

XVGのチャート2
出典:TradingView

Vergeは、2017年末から2018年初頭にかけてのいわゆる「ビットコインバブル」で、大きな高騰を見せた。

その後、2021年に再び仮想通貨市場が活況になる中、再び値上がりの動きを見せるが、2017年末に付けた高値には遠く及んでいない。

こうした値動きの傾向は、古くからあるマイナー寄りのアルトコインでよく見られる。

ちなみに、同じ期間におけるビットコインの値動きは以下のとおり。

時価総額トップのビットコインの場合は、2021年に史上最高値を大幅に更新している。

ビットコインのチャート
出典:TradingView

両者を比べると、時間の経過とともに、Vergeに対する市場の期待が薄れてきていることを感じ取れるだろう。

2024年3月末の値動き

さらに、2023年1月から本記事執筆時点(2024年3月末)までの値動きもチェックしていこう。

出典:TradingView

御覧のとおりVergeは、2023年6月末から7月初頭にかけて、突如として高騰した。

海外の情報メディアにおいて、この急騰の要因は「恐竜コイン」への回帰だと言われている。

恐竜コイン」とは、Vergeのように古くから存在している銘柄のことを指す。

海外の投資界隈において、そうした恐竜コインから価値を再発見しようとする動きがあるようだ。

またその後、一旦は価格を下げたものの、2024年上旬に再び復調の気配を見せている。

こうした「恐竜コイン」への回帰の動きに期待する方は、ぜひ今からでもVergeへの投資にトライしてみるといいだろう。

MEXC公式サイトはこちら

将来性に関わる注目ポイント

続いては以下の3つの要素から、Vergeの将来性を考察してみよう。

将来性に関係する注目要素

  • 恐竜コインへの回帰の動きが続くかどうか要注目
  • 決済手段として普及するかどうか不透明
  • 「プライバシーコイン」への法規制の動向に注目

恐竜コインへの回帰の動きが続くかどうか要注目

先ほど紹介したようにVergeは、古くからある「恐竜コイン」に回帰しようとする動きによって、2023年7月に大きく高騰した。

また、高騰したことが話題となり、Vergeを知らなかった若い世代の投資家にも、その存在が認知されることとなった。

Vergeにこれから投資するなら、こうしたポジティブな動きが今後も継続していくのかどうか、注視しておくべきだろう。

決済手段として普及するかどうか不透明

Vergeは、電子決済の決済通貨としての普及を目指して、2014年に生まれた。

高速・低コストで決済できるなど、その目的に合った設計もなされている。

ところが現状では、Vergeどころかほぼすべての仮想通貨が、決済手段としてほとんど広まっていない

普及しない背景には、仮想通貨特有のボラティリティの粗さ法体制の問題などがある。

それらの問題が解消されていかなければ、いつまで経っても、Vergeに限らず仮想通貨が実用的な場で広く使われるようにはならないだろう。

「プライバシーコイン」への法規制の動向に注目

Vergeなどの匿名性が高い仮想通貨は、「プライバシーコイン」という総称で呼ばれることがある。

プライバシーコインは、文字どおりユーザーのプライバシーを保護できるという利点がある一方、マネーロンダリングなどに悪用されるリスクも抱えている。

そうした特徴からプライバシーコインに強い警戒感を示す国や地域もあり、例えばアラブ首長国連邦の都市の1つドバイは、2023年2月にプライバシーコイン全般の発行や関連活動を法的に禁止した。

もしも今後、ドバイのような事例が増えていくようなら、Vergeの目的達成はますます困難になっていくはずだ。

Verge(ヴァージ/ XVG)の価格予想

仮想通貨のデータアグリゲーターの中には、各銘柄の価格予想を発信しているところもいくつかある。

ここでは「PricePrediction」と「DigitalCoinPrice」という2つのプラットフォームをピックアップし、Vergeの価格予想を紹介する。

まず、PricePredictionにおけるVergeの今後10年の価格予想は、以下のとおりだ。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2023$0.008$0.008$0.009
2024$0.012$0.012$0.014
2025$0.017$0.017$0.021
2026$0.025$0.025$0.029
2027$0.036$0.037$0.042
2028$0.053$0.055$0.063
2029$0.077$0.080$0.092
2030$0.11$0.11$0.13
2031$0.16$0.16$0.19
2032$0.23$0.23$0.27

またDigitalCoinPriceでは、次のような価格予想が発信されている。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2023$0.00547$0.0128$0.0133
2024$0.0130$0.0149$0.0156
2025$0.0179$0.0215$0.0220
2026$0.0234$0.0260$0.0276
2027$0.0234$0.0260$0.0276
2028$0.0289$0.0321$0.0331
2029$0.0410$0.0443$0.0450
2030$0.0593$0.0630$0.0636
2031$0.0836$0.0862$0.0873
2032$0.11$0.12$0.12

参考までに、史上最高値と前述の2023年6月~7月の急騰時の高値、本記事執筆時点の価格はそれぞれ以下のとおり。

  • 史上最高値:0.30ドル(2017年12月24日)
  • 2023年6月~7月の急騰時の高値:0.0096ドル(2023年7月7日)
  • 本記事執筆時点の価格:0.0066ドル(2024年3月30日)

両者の予想を見比べると、予想価格に開きが見られるものの将来的に値上がりしていくだろう」という見立ては共通している。

また、史上最高値(0.30ドル)と比較してみても、十分に可能性のある数値だと言える。

なお、これらはあくまで予想に過ぎないので、信用し過ぎるのは禁物だ。

しかしVergeへの投資を検討する際には、有効な判断材料の1つになるだろう。

Verge(ヴァージ/ XVG)の購入方法

続いて、Vergeの購入方法を紹介しておこう。

最初にも述べたようにVergeは、残念ながら国内取引所での取り扱いがない。

そのため購入の際には、国内取引所と海外取引所を併用し、以下のような手順を踏む必要がある。

Vergeの購入方法

  • 国内取引所で口座を開設
  • 元手となるビットコインを購入
  • 海外取引所で口座を開設する
  • 海外取引所にビットコインを送金
  • 海外取引所でVergeを購入

国内取引所で口座を開設

まずは、海外取引所での取引の元手として、ビットコインを用意したい。

そこでビットコインの調達用に、いずれかの国内取引所で口座を開設しよう。

ビットコインはほぼすべての国内取引所で取り扱いがあるのだが、海外取引所と併用する場合には、その中でもGMOコインをおすすめする。

GMOコイン
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコインなら、非常にリーズナブルな手数料でビットコインを買うことができる*。*現物取引(取引所)を利用した場合

またGMOコインは、多くの国内他社と違って、ビットコインを外部に送金する際に送金手数料がかからない

これらの要因から海外取引所との併用先にピッタリなので、まだ使ったことがない方はぜひ、この機会にGMOコインの利用を検討してみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

元手となるビットコインを購入

国内取引所の口座を用意したら、次は海外取引所での取引の元手となるビットコインを調達しよう。

なお、もしGMOコインでビットコインを調達するなら、「取引所」形式の現物取引を使ってみてほしい。

取引所とは、その仮想通貨取引所のユーザー同士で仮想通貨の売買ができる取引形式のことだ。

仮想通貨取引所とユーザーの間で取引をおこなう「販売所」と違い、スプレッド(売値と買値の差のこと)を気にせず、リーズナブルな手数料で取引を楽しめるようになっている。

販売所取引所
概要仮想通貨取引所とユーザーの間で取引仮想通貨取引所のユーザー同士で取引
メリット仕組みがシンプル
約定力が高い
取引コストが割安
デメリット取引コスト(スプレッド)が割高思いどおりに約定するとは限らない
仕組みがやや難解

ちなみに販売所と取引所の違いについては、別途以下の記事でくわしく解説している。

投資初心者の方はぜひ、そちらもチェックしてみてほしい。

海外取引所で口座を開設

次は、Vergeの取り扱いがあり、なおかつ日本人投資家の利用を受け入れている海外取引所の口座を用意しよう。

選択肢はいくつかあるが、その中でも日本人にとって使い勝手が良いのは「MEXC(エムイーエックスシー)だろう。

出典:MEXC
取扱銘柄数*1,700種類以上
取引手数料現物取引*
⇒ Maker 0.1%、Taker0.1%
先物取引*
Maker 0.00%、Taker0.02%
*割引プログラムあり
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
主要なサービス現物取引
先物取引
レバレッジETF
コピートレード
セービング
日本語表記への対応
公式サイトMEXC公式サイト
*2023年12月時点

MEXCの特長

  • 国内取引所と比べて銘柄ラインナップがケタ違い(1,700種類以上)
  • 取引手数料がリーズナブル
  • 日本語表記に完全対応
  • 新規登録時に本人確認書類が不要

MEXCでは、1,700種類を超える仮想通貨がラインナップされており、どの銘柄も0.1%以下の格安な手数料で取引することができる。

また、日本語表記に対応しているため、日本人投資家でも直感的に扱える。

口座開設の方法などは以下の記事で解説しているので、気になる方はそちらをぜひ参照してもらいたい。

MEXC公式サイトはこちら

海外取引所にビットコインを送金

MEXCなどの海外取引所の口座を用意できたら、その口座に元手となるビットコインを送金しよう。

なお国内取引所では、2023年6月1日にトラベルルールが開始されたことから、一部の国内取引所もしくは海外取引所に対し、仮想通貨を直接送金できなくなってしまった。

万が一、自身が使用している国内取引所から海外取引所へと仮想通貨を直接送れなければ、ウォレットを中継するようにしよう。

トラベルルールとは?

トラベルルールは、マネーロンダリングなどの不正行為への対策のために生まれた顧客情報の共有に関するルールだ。

トラベルルールへの対応のため、各仮想通貨取引所は専用のシステムを導入したが、そのシステムにはいくつかの種類があり、なおかつシステム間に今のところ互換性がない。

そのため現状、トラベルルール対応における弊害として、一部の仮想通貨取引所同士で仮想通貨の送金・受取ができない状況が生まれている。

ちなみに、セルフカストディウォレット(個人で秘密鍵を管理するウォレット)はトラベルルールの対象外であり、仮想通貨取引所との間で問題なくやり取りができる。

海外取引所でVergeを購入

ひととおりの準備が整ったら、最後に海外取引所でVergeを購入しよう。

なお海外取引所では、ステーブルコインでの取引が主流となっている。

MEXCにおいてもVergeの通貨ペアは、ステーブルコインのUSDT(テザー)とのペアのみだ。

そのため、Vergeの取引をおこなう前に、一旦用意したビットコインをUSDTに換えておかなければならない。

ただMEXCは、ユーザー同士で取引をおこなう「取引所」形式で各種仮想通貨を取引できるので、USDTへの換金にかかる手数料も安く抑えられる。

MEXCの取引画面
出典:MEXC

以上、Vergeの購入方法を簡潔に紹介した。

日本語表記に対応しているMEXCを使えば、ストレスなくVergeの取引をおこなうことができる。

また、コストを抑えて取引できるのもうれしい。

Vergeへの投資に興味がある方は、ぜひこの機会にMEXCの利用を検討してみてはいかがだろうか。

MEXC公式サイトはこちら

Verge(ヴァージ/ XVG)に関するQ&A

最後に、Vergeに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • Vergeは安全ですか?
  • Vergeが日本で取り扱われる可能性はありますか?
  • VergeはなぜDogeCoinDarkから改名されたのですか?

Vergeは安全ですか?

特徴の紹介でも述べたようにVergeのブロックチェーンは、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」というコンセンサスアルゴリズムによって保護されている。

また、VergeのPoWでは、5種類ものハッシュ関数が用いられている。

ハッシュ関数とは?

ハッシュ関数とは、データの整合性の確認セキュリティの強化に用いられる関数のこと。

そうした仕様によって、より多くのネットワーク参加者がマイニングプロセスに参加できるため、理論的には単一のハッシュ関数が用いられているものよりも安全性が高い。

Vergeが日本で取り扱われる可能性はありますか?

Vergeのような匿名性の高さが売りの仮想通貨は、ユーザーのプライバシーを保護できるという利点がある一方で、犯罪組織の資金調達やマネーロンダリングに使われている可能性を否定できない。

日本の金融庁はこうした負の側面を嫌う傾向があり、過去に国内取引所において、類似の銘柄が上場廃止に至ったことがある

過去の事例から見ても、Vergeが国内市場に上場する可能性は低いと言えるだろう。

VergeはなぜDogeCoinDarkから改名されたのですか?

ローンチ当初のVergeは、DogeCoinDark」という名前だった。

しかしそんな名前でありながら、DogeCoinとの直接的なつながりはなかった。

そこで、関わりのないDogeCoinと明確に区別し、より大衆に受け入れてもらえるように、DogeCoinDarkからVergeへとリブランディングされた。

Verge(ヴァージ/ XVG)とは?まとめ

今回は仮想通貨Verge(ヴァージ)について、主な特徴や値動き、将来性などを解説した。

この記事のまとめ

  • Vergeは、決済手段としての普及を目的に生まれた仮想通貨
  • 取引の情報が外部から追跡できない、プライバシーコインの1種
  • クロスチェーンでの取引も可能
  • 2023年7月に“恐竜コイン”への回帰の動きによって急騰した

Vergeは2014年に生まれた仮想通貨であり、次々と新しい銘柄が生まれる中で、近年はほとんど話題に上がってこなかった。

しかし、「恐竜コイン」に回帰しようとする動きによって突如高騰し、若い世代の投資家にもその名が知られることとなった。

今後再び埋もれていくのか、それとも中長期的なトレンドを生み出すのか、注目が集まっている。

なおVergeに投資する際には、日本語表記に対応している海外取引所「MEXC」を使うと、ストレスなく取引をおこなうことができる。

Vergeに関心がある方はぜひ、MEXC公式サイトも覗いてみてほしい。

MEXC公式サイトはこちら

-海外上場の仮想通貨
-, ,

Crypto Marker