本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

IT・Web3

Phantom(ファントム)はどんなウェブウォレット?特徴や使い方を解説

さまざまなDApps(分散型アプリ)に触れる上で、仮想通貨のウォレットは欠かせない存在だ。

今回は数あるウォレットの中でも、Solanaチェーン上のDAppsを利用する際に活躍するウォレット「Phantom(ファントム)」を取り上げる

本記事ではPhantomの主な特徴や使い方をわかりやすく紹介していくので、特にSolanaチェーン用のウォレット選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてもらいたい。

この記事からわかること

  • Phantomの主な機能・特徴
  • PC・スマホそれぞれのPhantomの入手方法
  • Phantomの基本的な使い方
  • Phantomに対応している主要なDApps・DeFi

Phantomを接続してSolanaチェーン上の各種DAppsを利用する際には、決済手段やネットワーク手数料の支払い手段として、仮想通貨SOLが欠かせない。

SOLは国内でもいくつかの仮想通貨取引所で取り扱いがあるが、その中でもGMOコインなら、コストを抑えてSOLを調達できる*。*取引形式で「取引所」を選択した場合

またGMOコインでは、買ったSOLをPhantomへと送金する際に送金手数料がかからない

実用目的の仮想通貨の調達先としてうってつけなので、まだ口座をお持ちでない方はぜひ、GMOコインのこともチェックしてみてほしい。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコイン公式サイトはこちら

Phantom(ファントム)とは?

Phantom
出典:Phantom
名称Phantom(ファントム)
主な機能仮想通貨やNFTの保管・管理
仮想通貨の購入
仮想通貨やNFTの送受信
仮想通貨のスワップ
仮想通貨のブリッジ
SOLのステーキング
PCの対応ブラウザGoogle Chrome
Firefox
Brave
Microsoft Edge
スマホ・タブレットの対応OSiOS
Android
サイトURLhttps://phantom.app

Phantom(ファントム)は、Solanaチェーン・イーサリアムチェーン・Polygonチェーン・ビットコインチェーンの4つのブロックチェーンに対応したウェブウォレットだ。

これら4つのブロックチェーンを基盤としたトークンであれば、仮想通貨だけでなくNFTも管理することができる。

また、単にトークンを管理できるだけでなく、DApps(分散型アプリ)とのゲートウェイ機能も有している。

PC版はWebブラウザの拡張機能、スマホ・タブレットではアプリとしてリリースされており、どちらも無料で使用が可能だ。

Phantom - Crypto Wallet

Phantom - Crypto Wallet

Phantom Technologies Incorporated無料posted withアプリーチ

Phantomの特徴

さてPhantomは、主に次のような特徴を有している。

主な特徴

  • 4つのブロックチェーンに対応している
  • DAppsでの取引の決済ができる
  • ウォレット内でスワップが可能
  • SOLのステーキングができる

4つのブロックチェーンに対応している

Phantomは以下の4つのブロックチェーンに対応しており、これらのブロックチェーンを基盤とした各種仮想通貨とNFTを管理することができる。

Phantomの対応チェーン

  • Solanaチェーン
  • イーサリアムチェーン
  • Polygonチェーン
  • ビットコインチェーン*

*2023年12月時点ではβテストの状態

Phantomは当初Solanaチェーンのみをサポートしていたが、他のブロックチェーンからの流動性を引き入れるための施策として、2022年にイーサリアムチェーンとPolygonチェーンに対応した。

さらに2023年12月には、ビットコインチェーンの資産を管理する機能が追加実装された。

DAppsでの取引の決済ができる

PhantomはDAppsとのゲートウェイ機能を持つ。

DAppsに接続することで、Phantom内に保管している仮想通貨で、DAppsでの取引の決済やネットワーク手数料(ガス代)の支払いをおこなうことができるのだ。

なお、言わずもがなSolanaチェーンのみならず、後からサポートされたイーサリアムチェーンやPolygonチェーンのDAppsにも接続可能だ。

Uniswap
出典:Uniswap(イーサリアムチェーンのDEX)

ウォレット内でスワップが可能

Phantomにはスワップ(交換)機能が搭載されており、Solanaチェーン上の資産であればわざわざDEX(分散型取引所)にアクセスせずとも、ウォレット内の仮想通貨を他の銘柄にスワップすることができる。

また2023年11月には、クロスチェーンスワップ機能が追加実装され、異なるブロックチェーン(Solanaチェーン・イーサリアムチェーン・Polygonチェーン)間でのスワップも可能になった。

ただしクロスチェーンスワップは現状、以下の図のように、交換元の銘柄は自由に選択できるが、交換先はUSDCやUSDTなどに限られている。

Phantomのクロスチェーンスワップ
出典:Phantom

SOLのステーキングができる

Phantomでは、専用のプラットフォームなどにアクセスせずとも、Solanaチェーンのネイティブトークン「SOL」をステーキングすることができる。

ステーキングの操作はかんたんで、権利を委任するバリデーター(トランザクションの検証者)を選択したのち、数量を指定してステーキングするだけだ。

Phantomのステーキング
出典:Phantom

Phantomのつくり方【PC】

それではここで、PC(Webブラウザ)におけるPhantomのつくり方を紹介していく。

なお、今回は作成の場の例として、「Google Chrome」を取り上げる。

Google Chrome以外のWebブラウザであっても基本的な流れは変わらないので、他のブラウザを使っている方もぜひ参考にしてもらいたい。

Phantomのつくり方【PC】

  • ChromeウェブストアでPhantomをインストール
  • 「新規ウォレットを作成」を選択する
  • パスワードを設定する
  • シークレットリカバリーフレーズを記録する

ChromeウェブストアでPhantomをインストール

まずはPhantomのサイトにアクセスし、Google Chrome版のダウンロードリンクを選択する。

Phantomの始め方1
出典:Phantom

すると、ChromeストアにあるPhantomのインストールページに飛ぶので、「Chromeに追加」をクリックしよう。

Phantomの始め方2
出典:Chromeウェブストア

「新規ウォレットの作成」を選択する

自身のGoogle Chromeへのインストールが完了すると自動的にPhantomが起動するので、「新規ウォレットの作成」を選択し、ウォレットの作成手続きに進もう。

Phantomの始め方3
出典:Phantom

パスワードを設定する

ウォレット作成手続きとして、まずはウォレットのロック解除に使用するパスワードを設定しよう。

また、あわせて利用規約を確認し、問題がなければ同意の欄にチェックを入れよう。

Phantomの始め方4
出典:Phantom

シークレットリカバリーフレーズを記録する

パスワードを設定したら、次のように「シークレットリカバリーフレーズ」が割り当てられる。

Phantomの始め方5
出典:Phantom

シークレットリカバリーフレーズとは、何らかの理由でPhantomにアクセスできなくなってしまった際に、Phantomの復元に必要となる12個の単語のことだ。

外部に漏れると第三者でも自身のPhantomを復元できてしまうため、紛失や流出することのない形で記録しておこう

シークレットリカバリーフレーズを記録したら、Phantomの作成手続きは終了だ。

Google Chromeの拡張機能の中にPhantomが追加されるので、頻繁に使うようであればツールバーにピン留めしておこう。

Phantomの始め方6
出典:Google Chrome

Phantomの始め方【スマホ】

次にスマホやタブレットでPhantomを使用する場合についてだが、最初の手続きの流れは、先ほど紹介したWebブラウザでのPhantomのつくり方とほとんど変わらない。

アプリをダウンロードしたのち、パスワードの設定シークレットリカバリーフレーズの記録をおこなうと、アプリ版のPhantomを使えるようになる。

Phantom - Crypto Wallet

Phantom - Crypto Wallet

Phantom Technologies Incorporated無料posted withアプリーチ

Phantomの基本的な使い方

続いて、もっともポピュラーな用途である、DAppsでのPhantomの基本的な使い方を紹介しておこう。

ちなみに今回は、Solanaチェーンのステーキングプラットフォーム「Jito」を接続先の例として取り上げる。

基本的な使い方

  • GMOコインなどでSOLを購入する
  • SOLをPhantomに送金する
  • DAppsにPhantomを接続する

GMOコインなどでSOLを購入する

Solanaチェーンを基盤としたDAppsを利用する際には、取引の決済やネットワーク手数料の支払いのために仮想通貨SOLが必要になる。

そのためまずは、国内の仮想通貨取引所でSOLを調達しよう。

SOLは扱う国内取引所はいくつかあるが、その中でもおすすめはGMOコインだ。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料
  • 取引ツールが高性能

*取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコインなら、コストを抑えてSOLを調達することができる**取引形式で「取引所」を選択した場合

また購入したSOLは、手数料無料でPhantomへと送れる。

まだ口座をお持ちでないなら、ぜひこの機会にGMOコイン公式サイトをチェックしてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

SOLをPhantomに送金する

GMOコインなどの仮想通貨取引所でSOLを用意したら、それをPhantomに送金しよう。

送金はPhantomの「ウォレットアドレス」宛におこなう。

なおPhantomのウォレットアドレスは、ブロックチェーンごとにそれぞれ用意されている。

Phantomを起動し、ウォレットのアカウント名にマウスカーソルを合わせるとウォレットアドレス一覧が表示されるので、この内のSolanaチェーンのアドレスに向けて、仮想通貨取引所からSOLを送金しよう。

Phantomの使い方1
出典:Phantom

DAppsにPhantomを接続する

SOLを入金できたら、最後にPhantomとステーキングプラットフォーム「Jito」を接続しよう。

Jitoのサイトにアクセスし、画面右上にある「Connect」のボタンをクリックする。

Phantomの使い方2
出典:Jito

次のように対応ウォレット一覧が表示されるので、その中からPhantomを選択しよう。

Phantomの使い方3
出典:Jito

すると、自身のPhantomが起動して接続の許可を求められるので、その要求に応じれば接続手続きは完了だ。

また、Phantomの接続が完了すればDAppsは使用可能な状態になり、Jitoなら手持ちのSOLをステーキングすることができる。

以上、DAppsでのPhantomの基本的な使い方を紹介した。

流れを理解できたら、GMOコインなどでSOLを調達するところから始めてみよう。

GMOコイン公式サイトはこちら

Phantomに対応したDApps・DeFi

それでは最後に、Phantomを接続して使えるSolanaチェーンベースのポピュラーなDAppsおよびDeFiを3種類、紹介しておこう。

ポピュラーなDApps/DeFi

  • 【DEX】Orca
  • 【ステーキングプラットフォーム】Jito
  • 【NFTゲーム】Star Atlas

【DEX】Orca

Orca
出典:Orca
名称Orca(オルカ)
種別DEX
対応ブロックチェーンSolana
主なサービストークンのスワップ
イールドファーミング
Orcanauts(コレクタブルNFT)
サイトURLhttps://www.orca.so

Orcaは2021年2月にローンチされたDEX(分散型取引所)であり、Solanaチェーン基盤のDEXの中では比較的長い歴史を持つ。

先行者利益もあって多くの投資家から支持を集めており、SolanaチェーンのDEXではTVL(預かり資産)がもっとも大きい*。*2023年12月時点

つまり競合のプラットフォームと比べて、より安定した取引が可能だということだ。

OrcaのTVL
出典:DeFi Llama(2023年12月21日時点)

【ステーキングプラットフォーム】Jito

Jitoのトップ画面
出典:Jito
名称Jito(ジト)
サービス概要SOLトークンのリキッドステーキング
ローンチ時期2022年11月
ガバナンストークンJTO
サイトURLhttps://www.jito.network

Jitoは、SOLを取り扱うリキッドステーキングのプラットフォームだ。

JitoでSOLをステーキングすると、債権トークンの「JitoSOL」がもらえる。

JitoSOLにはSOLとほぼ同等の価値があり、ステーキング報酬を受け取りつつ、別途JitoSOLの運用に稼ぐことができる。

JitoはSolanaチェーン上で高い人気があり、そのTVL(預かり資産)は、Solanaチェーンの全DeFiプロトコルの中で2番目の規模を誇っている。

JitoのTVL
出典:DeFi Llama(2023年12月21日時点)

【NFTゲーム】Star Atlas

名称Star Atlas(スターアトラス)
ジャンルストラテジーゲーム
アドベンチャーゲーム
Play to Earn
ネイティブストークンATLAS
POLIS
サイトURLhttps://staratlas.com

Star Atlas(スターアトラス)は、Solanaチェーン上で今もっともプレイヤー数が多いNFTゲームだ。

宇宙を舞台にしたストラテジー系ゲームで、高性能なゲームエンジン「Unreal Engine5」で構築された美麗な宇宙空間の中で、スリリングなゲーム体験を楽しむことができる。

なお本記事執筆時点(2023年12月下旬)のStar Atlasは、まだ先行リリース版であり、正規版では遊べる内容がさらに拡張される見込みだ。

Phantomとは?まとめ

今回はウェブウォレットの1つ「Phantom(ファントム)」について、その特徴や使い方を解説した。

この記事のまとめ

  • Phantomは、Solanaチェーンを含む4つのブロックチェーンに対応したウォレット
  • DAppsへのゲートウェイとしての機能も有している
  • 元々はSolanaチェーン特化のウォレットで、同チェーン関連の機能の充実度が高い
  • ウォレット内で、SOLのステーキングをおこなうことができる

PhantomはもともとSolanaチェーンに特化したウォレットだったが、のちにイーサリアムチェーン・Polygonチェーン・ビットコインチェーンでも使えるようになって、汎用性が大幅に向上した。

無料で使えるので、興味がある方はぜひ、実際にPhantomを使えってみてほしい。

なお、Phantomを接続して各種DAppsを利用する際には、決済手段やネットワーク手数料の支払い手段として、SOLやイーサリアムが必要になる。

GMOコインなら、それらの銘柄を低コストで調達*することができ、Phantomへの送金時に手数料もかからない

まだ口座をお持ちでない方は、この機会にぜひ、GMOコインの利用を検討してみてはいかがだろうか。

GMOコイン公式サイトはこちら

-IT・Web3
-,

Crypto Marker