本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

国内上場の仮想通貨

【投資対象として人気】Maker/MKRトークンの特徴や値動き、将来性を解説

今回取り上げるMKRトークンは、ステーブルコインの発行プロトコル「MakerDAO」のガバナンストークンだ。

2024年6月時点で国内8社に上場しており、国内外で投資の対象として人気がある。

本記事ではそんなMKRトークンについて、主な特徴や値動き、将来性などをわかりやすく解説していく。

MKRトークンへの投資に興味がある方は、ぜひ最後まで読んで、今後の参考にしてもらいたい。

この記事からわかること

  • Maker/MKRトークンの基本情報
  • Maker/MKRトークンの3つの特徴
  • MKRトークンの値動き
  • Maker/MKRトークンの将来性
  • MKRトークンの価格予想
  • MKRトークンを買える仮想通貨取引所

MKRトークンを扱う国内取引所の中で、イチオシはGMOコインだ。

GMOコインなら、取引所形式の現物取引をとおして、リーズナブルなコストでMKRトークンを買える。

まだ使ったことがない方は、ぜひこの機会にGMOコインのこともチェックしてみてほしい。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン

GMOコインの特長

  • オリコンの調査で満足度日本一*1
  • 取引コストがリーズナブル*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコイン公式サイトはこちら

Maker/MKRトークンとは?

MKRトークンのロゴ
出典:MakerDAO
名称MKRトークン
シンボル・通貨単位MKR
ローンチ時期2017年
価格*2,652ドル/MKR
時価総額ランキング*49位
サイトURLhttps://makerdao.com/
主な上場先GMOコイン
bitbank
Coincheck
*2024年6月5日時点、CoinMarketCap調べ

Maker(メイカー)は、仮想通貨を担保としてステーブルコインのDAIを発行できるプロトコルだ。

分散型自律組織の「MakerDAO」によって、管理・運営されている。

またMakerDAOは、ガバナンストークンの「MKRトークン」を発行している。

MKRトークンは2022年にbitbankから国内市場への初上場を果たし、その後GMOコインCoincheckなどにも上場している。

GMOコイン公式サイトはこちら

Maker/MKRトークンの特徴

MakerプロトコルおよびMKRトークンは、次のような特徴を有している。

主な特徴

  • ステーブルコインの発行プロトコル
  • MKRトークンはガバナンストークン
  • 運営資金確保の最終手段でもある

ステーブルコインの発行プロトコル

Makerは、「Maker Vault」というスマートコントラクトを通じて、ステーブルコインのDAIを発行することができるプロトコルだ。

Summer.fiなどのDeFiプラットフォームを利用し、Maker Vaultを作成すると、DAIを発行することができる。

Summer.fi
出典:Summer.fi

ちなみにDAIの発行時には、イーサリアムなどの仮想通貨を担保にする必要がある。

MKRトークンはガバナンストークン

MKRトークンは、Makerプロトコルを管理している分散型自律組織「Maker DAO」のガバナンストークンだ。

MKRトークンの保有者はDAOでの投票をとおして、Makerプロトコルの運営に関わる意思決定に参加することができる。

また投票の権利は、信頼できる第三者に委任することも可能だ。

Makerガバナンスポータル
出典:Vote.MakerDAO

運営資金確保の最終手段でもある

MKRトークンは、Makerプロトコルの「資本再構成のためのリソース」という役割も持つ。

万が一Makerプロトコルが大きな負債を抱えてしまった場合には、債務オークションにてMKRトークンが自動的に鋳造され、販売される仕様になっている。

MKRトークンの値動き

ここで、MKRトークンの値動きを確認しておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のチャートのとおりだ。

2024年6月までの値動き

次にMKR/USDチャートで、2017年末から記事執筆時(2024年6月上旬)までの値動きを振り返っていこう。

MKRトークンのチャート
出典:TradingView

チャートを見てわかるとおりMKRトークンは、2021年のいわゆる「コロナバブル」で一時、大きく高騰している。

また、バブルが崩壊するとしばらく下落基調に陥っていたのだが、2023年以降は堅調な値動きを見せている。

今後のさらなる復調に期待する方は、ぜひGMOコインなどをとおして、今の内にMKRトークンへ投資してみてはどうだろうか。

GMOコイン公式サイトはこちら

将来に関わる注目ポイント

続いて以下の2つの要素から、MakerプロトコルおよびMKRトークンの将来性を考察してみよう。

今後に関わる注目要素

  • Makerプロトコル/DAIの人気が高い
  • 市場全体の動向にも注目

Makerプロトコル/DAIの人気が高い

MakerプロトコルおよびDAIは、ステーブルコインの中でトップクラスの人気がある。

ステーブルコインのみに絞って時価総額を比べてみると、DAIはテザーとUSDコインに次ぐ3番手*に付けており、その人気の高さがうかがい知れる。*2024年6月5日時点、CoinMarketCap調べ

ステーブルコインの時価総額ランク
出典:CoinMarketCap

また、MakerプロトコルのTVL(預かり資産)は、イーサリアムチェーンにおいて4番目の規模*を誇っている。*2024年6月5日時点、DeFi Llama調べ

イーサリアム基盤のDeFiのTVL
出典:DeFi Llama

こうしたMakerプロトコルおよびDAIの人気は、今後も中長期的にMKRトークンに対する投資需要を下支えしてくれるはずだ。

市場全体の動向にも注目

決済などの用途がある他の仮想通貨と比べると、ガバナンストークンであるMKRトークン実需が乏しい

価格形成には実需よりも投資需要が強く寄与しており、MKRトークンに投資するなら、他の銘柄に投資するとき以上に、市場全体の動向にアンテナを張っておきたいところだ。

実際に、市場全体の時価総額の推移MKRトークンの価格推移を見比べてみると、両者には明確な相関関係があることがわかる。

仮想通貨市場全体の時価総額推移
市場全体の時価総額の推移【CoinMarketCap】
MKRトークンのチャート
MKRトークンの価格推移【TradingView】

市場が活況(投資需要が潤沢)ならMKRトークンの価格も上がり、逆に市場が低迷(投資需要が減衰)すればMKRトークンの価格も下がっていく傾向が強い。

そのため市場全体の流れを把握しておくと、MKRトークンの先行きも読みやすくなるだろう。

MKRトークンの価格予想

仮想通貨のデータアグリゲーターの中には、さまざまな銘柄の価格予想を発信しているところもある。

今回はその中の1つ「DigitalCoinPrice」から、MKRトークンの価格予想を紹介する。

DigitalCoinPriceにおけるMKRトークンの今後10年の価格予想は、以下のとおり。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2024$2,382.21$4,991.81$5,826.69
2025$5,682.30$6,270.58$6,867.99
2026$7,806.33$8,602.65$9,157.81
2027$10,197.46$11,783.03$12,092.21
2028$10,197.46$11,783.03$12,092.21
2029$12,580.24$13,759.71$14,516.31
2030$17,874.30$19,116.47$19,807.47
2031$25,832.84$27,285.49$27,761.97
2032$36,394.28$38,059.94$38,143.91
2033$49,686.09$51,332.57$51,620.73

参考までに、MKRトークンの本記事執筆時点での価格と、史上最高値も載せておく。

  • 記事執筆時の価格:2,652ドル(2024年6月5日)
  • 史上最高値:6,339ドル(2021年5月4日)

DigitalCoinPriceは、今後MKRトークンが堅調に値上がりしていき、10年後には今の約20倍の価格になると予想している。

仮想通貨の価格はそもそも、必ずしも右肩上がりで上がり続けるものではないため、この予想は行き過ぎたもののように思える。

一方で10年で20倍」という上昇幅に関しては、市場の過去の事例から見ても、決して絵空事ではない。

MKRトークンに将来性があると感じる方は、ぜひこうした価格予想も参考にしつつ、同銘柄への投資にトライしてみてほしい。

MKRトークンを買える仮想通貨取引所

MKRトークンは、2024年6月時点で以下の国内8社に上場している。

これらの中でも、MKRトークンを売買する際のイチオシはGMOコインだ。

GMOコイン
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコインなら、取引所形式の現物取引をとおして、低コストでMKRトークンを売買することができる。

また自動積立レンディングで、MKRトークンを運用することも可能だ。

無料で口座をつくれるので、まだ使ったことがなければぜひ、この機会にGMOコインの利用を検討してみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

Maker/MKRトークンに関するQ&A

それでは最後に、MakerプロトコルおよびMKRトークンに関してよくある質問を3つ、紹介しておく。

よくある質問

  • Makerプロトコルの開発者はだれですか?
  • MKRトークンの発行基盤は何ですか?
  • MakerのSNSはありますか?

Makerの開発者はだれですか?

前述のとおりMakerプロトコルは、分散型自律組織のMakerDAOが開発を主導している。

そのMekerDAOは、デンマークの起業家ルーン・クリステンセン氏によって設立された。

MKRトークンの発行基盤は何ですか?

MKRトークンの発行基盤はイーサリアムチェーンで、同チェーンのトークン規格「ERC-20」に準拠している。

MakerのSNSはありますか?

MakerDAOの主要SNSは、以下のとおり。

価格に影響し得るような情報をいち早くキャッチしたい方は、こうしたSNSをフォローしておくといいだろう。

Maker/MKRトークンとは?まとめ

今回は「Makerプロトコル」と、それを運営するDAOのガバナンストークン「MKRトークン」について解説した。

この記事のまとめ

  • Makerは、ステーブルコインDAIの発行プロトコル
  • MakerDAOが管理・運営している
  • MKRトークンは、MakerDAOのガバナンストークン
  • DAIの実需が大きく、MKRトークンも投資対象として人気

MKRトークンは、ガバナンストークンで実需が乏しい。

しかしMakerプロトコルおよびDAIの恩恵もあって、投資対象として高い人気を誇っている。

本記事をとおしてMKRトークンに魅力を感じた方は、GMOコインなどをとおして、同銘柄を自身のポートフォリオに加えてみてはどうだろうか。

GMOコイン公式サイトはこちら

-国内上場の仮想通貨
-, ,

Crypto Marker