本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

IT・Web3

【年利最大12%】レンディングができるウォレット「IZAKA-YA」の特徴や使い方を解説

今回取り上げるのは、2024年1月にローンチされた仮想通貨ウォレット「IZAKA-YA(イザカヤ)」だ。

IZAKA-YAは他のウォレットとは少し違っていて、仮想通貨の「レンディング」がメインとなっている。

IZAKA-YAのレンディング
出典:IZAKA-YA

本記事では、そんなIZAKA-YAの魅力や使い方をわかりやすく解説していく。

興味がある方はぜひ、最後まで読んでみてほしい。

この記事からわかること

  • IZAKA-YAの基本情報
  • IZAKA-YAの主な特徴
  • IZAKA-YAのウォレット作成方法
  • IZAKA-YAでのレンディングのやり方
出典:IZAKA-YA

IZAKA-YAの特長

  • レンディングで、最大12%(年利)の利息収入を得られる
  • 本人確認不要、メアドの登録だけで使える
  • ウォレットなのでトラベルルールを気にしなくてOK
  • セキュリティが業界最高水準で安心

IZAKA-YA公式サイトはこちら

IZAKA-YA(イザカヤ)とは?

IZAKA-YA
出典:IZAKA-YA
名称IZAKA-YA(イザカヤ)
サービス内容仮想通貨ウォレット
レンディング
スワップ(交換)
運営会社Albireo Co., LTD(香港)
公式サイトIZAKA-YA公式サイト

IZAKA-YA(イザカヤ)は、レンディングスワップ(交換)ができる仮想通貨ウォレットだ。

目玉のサービスは「レンディングであり、貸し付ける銘柄と期間次第では、最大で年率12%の利息収入を得られるようになっている。

運営しているのは、香港のスタートアップ企業「Albireo Co., LTD(以下、Albireo社)」である。

海外発のプロダクトだが、名前からも想像できるとおり、IZAKA-YAは日本語表記に対応している。

そのため、日本人でも直感的に扱うことができる。

IZAKA-YA公式サイトはこちら

IZAKA-YAの特徴・機能

IZAKA-YAは、次のような特徴・機能を有している。

主な特徴・機能

  • 高利回りのレンディングを提供
  • ビットコインなどのスワップもできる
  • メアドの登録だけで使える
  • トラベルルールの対象外

高利回りのレンディングを提供

前述のとおりIZAKA-YAは、レンディングがメインとなっており、以下の6種類の銘柄を貸し付けることができる。

テザーは、3種類のブロックチェーン上のものをサポートしている。

レンディング対象銘柄

貸出の期間は、3日30日60日90日180日365日の6パターンから選択できる。

またキャンペーンなどを除き、基本的に貸出の期間が長くなるほど、利回りも上がる仕様になっている。

IZAKA-YAのレンディングの貸出期間
出典:IZAKA-YA

銘柄と貸出期間の組み合わせ次第で、最大12%(年率)のリターンを得ることが可能だ。

レンディングの利回り
出典:IZAKA-YA

ビットコインなどのスワップもできる

IZAKA-YAには、仮想通貨同士を交換する機能(スワップ機能)も備わっている。

なおスワップの対象銘柄は、レンディングの対象銘柄と同じだ。

IZAKA-YAのスワップ機能
出典:IZAKA-YA

メアドの登録だけで使える

企業が運営する中央集権型のレンディングサービスの大半は、利用の際に本人確認手続きを必要とする。

一方でIZAKA-YAは、レンディングサービスがメインだが、「ウォレット」という名目でサービスを展開しているためか、利用開始時に本人確認がいらない

メールアドレスを登録するだけで、使用できるようになっている。

トラベルルールの対象外

IZAKA-YAは、

  • Albireo社が運営する中央集権型のサービス
  • 仮想通貨のスワップができる

といった性質を持つ。

またそれらの性質を鑑みると、「仮想通貨取引所」として扱われそうにも思える。

しかしIZAKA-YAは、名目上「ウォレット」として扱われており、仮想通貨取引所とはみなされていない。

したがってトラベルールの対象にもならず、どの仮想通貨取引所ともトラベルルールの弊害を被ることなく、資産をやり取りできるようになっている。

IZAKA-YA公式サイトはこちら

IZAKA-YAのデメリット

ここまでIZAKA-YAのポジティブな要素を挙げてきたが、一方でIZAKA-YAには次のようなデメリットもある。

主なデメリット

  • ウォレットとスワップの機能はおまけ程度
  • DAppsにはつなげない

ウォレットとスワップの機能はおまけ程度

IZAKA-YAは、レンディングサービスがメインとなっているウォレットで、利回りも十分に魅力的だ。

一方で正直なところ、ウォレットとスワップの機能は、ほとんど役に立たない仕様になっていると言わざるを得ない。

名目上「ウォレット」になってはいるが、保管・管理できるのは、レンディングの対象となっているたった6種類の仮想通貨だけだ。

他の銘柄は、レンディングに使えないどころか、ウォレットに入金することすらできない。

IZAKA-YAのウォレット機能
出典:IZAKA-YA

またスワップの対象も同じく6銘柄だけで、おまけ程度の機能となっている。

DAppsにはつなげない

オンラインのウォレットの大半は、DApps(分散型アプリ)とのゲートウェイ機能を有している。

ゲートウェイ機能を持つウォレットは、ウォレット内の仮想通貨を使って、DAppsでの各種決済やガス代(ネットワーク手数料)の支払いなどをおこなうことができる。

一方でIZAKA-YAは、オンラインのウォレットであるにもかかわらず、DAppsとつなぐことができない

やはり「ウォレット」とは名ばかりで、IZAKA-YAメインはレンディングサービスなのだ。

競合サービスとの利回りの比較

ここで、国内のレンディングプラットフォーム2種類(PBRレンディングHashHubレンディング)と、IZAKA-YAのレンディングプラットサービスの利回りを比較してみよう。

なおここでの比較サンプルは、ビットコインとイーサリアムとする。

2024年3月末時点でのそれぞれの利回りは、以下のとおり。

利回り【BTC】利回り【ETH】
IZAKA-YA年利8~11%*1年利8~11%*1
PBRレンディング年利10%または12%*2年利10%または12%*2
HashHubレンディング年利0.1%年利3%
  • *1:預け入れる期間によって変動
  • *2:通常は年利10%、貸出枚数と期間次第で年利12%になる
PBRレンディングの利回り
出典:PBRレンディング
HashHubレンディングの利回り
出典:HashHubレンディング

HushHubレンディングと比べるとIZAKA-YAの方が、はるかに利回りがいい

またPBRレンディングと比べると、貸し出しの条件次第ではIZAKA-YAの方が、利回りが良くなるケースもある。

IZAKA-YA公式サイトはこちら

IZAKA-YAでのウォレット作成方法

それでは続いて、IZAKA-YAでのウォレット作成方法を紹介しておく。

ウォレットの作成方法

  • メールアドレスを登録
  • メールによるアカウント認証をおこなう
  • 2段階認証を設定する

メールアドレスを登録

まずは、IZAKA-YAのサイトにアクセスし、「新規登録はこちら」と書かれたボタンをクリックする。

ウォレット作成方法1
出典:IZAKA-YA

以下の画面に切り替わったら、

  • 任意のメールアドレスを入力
  • ログインパスワードの設定
  • 居住国の設定

をおこなって、新規登録ボタンをクリックしよう。

ウォレット作成方法2
出典:IZAKA-YA

メールによるアカウント認証をおこなう

メールアドレスを登録すると、そのアドレスに本人確認用のメールが送られてくる。

メールを開き、「認証する」ボタンをクリックすれば、アカウントの作成手続きは完了だ。

また同時に、ウォレットも作成される。

ウォレット作成方法3
出典:Gmail

2段階認証を設定する

ここまでの手続きでウォレットが作成され、すでにすべてのサービスを使える状態になっている。

しかしセキュリティのことを考えると、2段階認証の設定もしておいた方が望ましい。

2段階認証の設定は、ログイン後のトップページ(マイページ)でおこなうことができる。

ウォレット作成方法4
出典:IZAKA-YA

また、設定の流れは以下のとおり。

2段階認証の設定方法

  • Googleなどの認証アプリを用意する
  • 認証アプリで設定用のQRコードを読み込む
  • 発行された認証コードをIZAKA-YAで入力
Google Authenticator

Google Authenticator

Google無料posted withアプリーチ

IZAKA-YAでのレンディングのやり方

次に、IZAKA-YAのメインのサービスであるレンディングのやり方も紹介しておこう。

なお今回は、貸付対象の例としてビットコインを取り上げる。

レンディングのやり方

  • 仮想通貨取引所でビットコインを調達
  • IZAKA-YAにビットコインを送金
  • 数量と期間を指定して申し込み

仮想通貨取引所でビットコインを調達

レンディングをおこなう際には、仮想通貨取引所で、元手となるビットコインやイーサリアムを調達してくる必要がある。

なお、数ある選択肢の中でも調達先としておすすめなのは「GMOコインだ。

GMOコイン
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコインなら、「取引所」形式の現物取引をとおして、ビットコインなどのメジャー銘柄をリーズナブルな手数料で買える。

また、買ったビットコインなどを送金手数料ゼロ円で、IZAKA-YAのウォレットに送ることができる。

無料で口座をつくれるので、まだ使ったことがなければぜひ、この機会にGMOコインの利用を検討してみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

IZAKA-YAにビットコインを送金

続いて、用意したビットコインをIZAKA-YAのウォレットに送金しよう。

IZAKA-YAのウォレットアドレスは、銘柄一覧にある「入金」ボタンをクリックすれば表示される。

レンディングのやり方1
出典:IZAKA-YA
レンディングのやり方2
出典:IZAKA-YA

数量と期間を指定して申し込み

入金が済んだら、あとはビットコインをIZAKA-YAに貸し付けるだけだ。

IZAKA-YAのトップメニューにある「レンディング」をクリックすると、レンディングの銘柄一覧が表示される。

レンディングのやり方3
出典:IZAKA-YA

その中にあるビットコインの「新規融資」ボタンをクリックしよう。

レンディングのやり方4
出典:IZAKA-YA

するとレンディングの申込画面が表示されるので、貸し付ける期間数量を設定したのち、規約をよく確認して「申し込み」ボタンをクリックしよう。

申し込みが受け付けられると、指定した銘柄・数量がロックされ、既定のタイミングで利息を受け取ることができる。

レンディングのやり方5
出典:IZAKA-YA

以上、IZAKA-YAのレンディングのやり方を紹介した。

仕組みは非常にシンプルであり、初心者でも取り組みやすいので、ぜひチャレンジしてみてほしい。

IZAKA-YA公式サイトはこちら

IZAKA-YAに関するQ&A

それでは最後に、IZAKA-YAに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • IZAKA-YAは安全ですか?
  • IZAKA-YAに年齢制限はありますか?
  • 仮想通貨を貸し付ける際に数量制限はありますか?

IZAKA-YAは安全ですか?

IZAKA-YAを運営するAlbireo社は、2023年4月創業のスタートアップ企業だ。

そのため、IZAKA-YAの安全性に不安を覚える方もいるかもしれない。

しかしAlbireo社は、デジタル資産の保護・管理ソリューションを開発している「Fireblocks社」のシステムをIZAKA-YAに導入することにより、業界トップ水準のセキュリティ環境を実現している。

したがって、安全面を過度に不安視する必要はないだろう。

IZAKA-YAに年齢制限はありますか?

IZAKA-YAは規約上、居住国での成年年齢(日本なら18歳)に達していないと、利用できないことになっている。

なお、IZAKA-YAは利用開始時に本人確認を求められないため、実際のところは未成年でも使えてしまう

ただ年齢がばれたときのリスクや、モラルなどを考えると、規約のとおり未成年は使わない方が無難だ。

仮想通貨を貸し付ける際に数量制限はありますか?

IZAKA-YAのレンディングサービスでは、銘柄と貸出期間に応じて、貸付数量の下限と上限が設定されている。

例えば、ビットコインを30日貸し付ける場合は、

  • 最小貸付数量:0.0025BTC(2024年3月末時点で約2万7,000円)
  • 最大貸付数量:0.10BTC(約100万円)

に設定されている。

利用の際は、こうした数量制限を事前によくチェックしておこう。

IZAKA-YAとは?まとめ

今回は仮想通貨ウォレットのIZAKA-YAについて、その特徴や使い方などを解説した。

この記事のまとめ

  • IZAKA-YAは、香港発の仮想通貨ウォレット
  • 日本語表記に対応している
  • ウォレットとは名ばかりで、メインはレンディングサービス
  • レンディングの利回りは最大12%(年利)
  • メールアドレスを登録するだけで使える

IZAKA-YAは、名目上「ウォレット」となっているが、メインはレンディングサービスだ。

ビットコインやイーサリムを貸し付けて、最大で年利12%の利息収入を得ることができる。

本記事をとおして興味を持った方はぜひ、ビットコインなどを用意し、実際にIZAKA-YAに触れてみてはいかがだろうか。

IZAKA-YA公式サイトはこちら

-IT・Web3
-,

Crypto Marker