本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

国内上場の仮想通貨

仮想通貨Chiliz(チリーズ/CHZ)とは?特徴や値動き、将来性を解説

仮想通貨のユースケースは多種多様で、昨今はスポーツチームのファンクラブ会員証のような役割を果たす「ファントークンも人気を集めている。

今回は、そのファントークンと深い関りを持つ仮想通貨「Chiliz(チリーズ)について、主な特徴や将来性などを解説していく。

Chilizへの投資に興味がある方は、ぜひ最後まで読んで、今後の参考にしてもらいたい。

この記事からわかること

  • Chilizの基本情報、主な特徴
  • Chilizのこれまでの値動き
  • Chilizの将来性
  • Chilizの価格予想
  • Chilizを購入できる仮想通貨取引所

Chilizを扱う国内取引所はいくつかあるが、その中でもGMOコインは、オリコン顧客満足度*で日本一になるほど、多くの投資家に支持されている*2023年 オリコン顧客満足度®調査 暗号資産取引所 現物取引部門・証拠金取引部門

オリコンランキング
出典:GMOインターネットグループ

Chilizに興味がある方は、ぜひこの機会にもGMOコインのこともチェックしてみてほしい。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコイン公式サイトはこちら

Chiliz(チリーズ/CHZ)とは?

Chilizのトップ画面
出典:Chiliz
名称Chiliz(チリーズ)
シンボル・通貨単位CHZ
ローンチ時期2018年
価格*0.146ドル/CHZ
時価総額ランキング*83位
サイトURLhttps://www.chiliz.com/
上場先GMOコイン
Coincheck
bitbank
DMM Bitcoin
*2024年3月27日時点、CoinMarketCap調べ

Chiliz(チリーズ)は、スポーツクラブとファンの交流を生み出すことを目的としたブロックチェーンのプロジェクト、およびそのプロジェクトのネイティブトークンだ。

Chilizの開発チームは、スポーツ団体のファントークンを発行したり売買したりすることができるプラットフォーム「Sosios.com」を手がけており、ChilizはそのSosios.comでファントークンを取引するための決済通貨に用いられている。

Chilizは、2022年10月にDMM Bitcoinから、国内市場への初上場を果たした。

また2024年3月時点では、GMOコインbitbankなどでも取り扱われている。

GMOコイン公式サイトはこちら

Chiliz(チリーズ/CHZ)の特徴

イメージ図

さて、仮想通貨Chilizは次のような特徴を有している。

主な特徴

  • ファントークンを取引するための決済通貨
  • Sosios.comのコンテンツから無料で入手可能
  • Chiliz Chainのネイティブトークンである
  • ChilizXでの取引にも使える
  • ステーキングが可能
  • 定期的にバーン(焼却)される

ファントークンを取引するための決済通貨

前述のとおりChilizは、ファントークンを扱うプラットフォーム「Sosios.com」において、決済通貨として用いられている。

Sosios.comのトップ画面
出典:Sosios.com

Sosios.comでは、プロサッカーチームやプロバスケットボールチームなど、世界25カ国の150を超えるスポーツチームのファントークンが揃う。

トークンを発行しているチームの例

  • FCバルセロナ(サッカー)
  • ユベントス(サッカー)
  • シャーロット・ホーネッツ(バスケ)
  • ロサンゼルス・レイカーズ(バスケ)
  • アストンマーティン(F1)
  • アルファロメオ(F1)
ファントークンの一例
出典:Sosios.com

各ファントークンは、有効期限のないファンクラブ会員証のような機能を持ち、ユーザーはファントークンを保有することによって、さまざまなサービスや特典を享受することができる。

Sosios.comのコンテンツから無料で入手可能

Sosios.comのアプリには、スマホのGPS機能と連動したゲーム「トークンハント」が用意されている。

ユーザーは、トークンハントのマップ上にプロットされた場所へ実際に行き、宝箱からChilizやファントークンを無料で獲得することができる。

Sosios.comのトークンハント
出典:Sosios.com

Chiliz Chainのネイティブトークンである

Chilizの開発チームは、2023年に独自のブロックチェーン「Chiliz Chain」をローンチした。

Chiliz Chainでは今後、スポーツとエンターテインメントに関わる様々なアプリやサービスが拡充されていく見込みだ。

またChilizは、同ブロックチェーンのネイティブトークンとして用いられている。

ChilizXでの取引にも使える

ChilizXは、ファントークンに特化した世界初の仮想通貨取引所だ。

シンプルなUIデザインがなされており、また日本語表記にも対応しているため、日本人でも直感的に操作することが可能だ。

また、ChilizXで取り扱われているファントークンはいずれも、Chilizとの通貨ペアで取引されている。

ChilizXの通貨ペア
出典:ChilizX

ステーキングが可能

Chiliz Chainのコンセンサスアルゴリズム(トランザクションを検証し、合意形成を図るための仕組み)は、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)から派生したPoSA(プルーフ・オブ・ステーク・オーソリティ)」だ。

コンセンサスアルゴリズムがPoSの派生形だということはつまり、Chiliz Chainでは、Chilizのステーキングでインセンティブを得ることができるということだ。

またバリデーター(トランザクションの検証者のこと)は、Chiliz Chainのガバナンスに参加することもできる。

定期的にバーン(焼却)される

Chilizの総発行枚数は88億8,888万8,888CHZであり、2018年のローンチ時にそのすべてが発行済みである。

またChilizは、定期的におこなわれるバーン(焼却)によって、少しずつ市場流通量が減少し続けている。

そうした希少価値を引き上げる仕組みを用いることにより、Chilizはインフレを抑制している。

Chiliz(チリーズ/CHZ)の値動き

ここで、Chilizのこれまでの値動きを確認しておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のチャートのとおり。

2023年末までの値動き

次にCHZ/USDチャートで、2020年1月から2023年末までの値動きをおさらいしていこう。

出典:TradingView

御覧のとおりChilizは、2021年2月末から突如として大きく高騰している。

この高騰の要因は、Chilizそのものに起因する部分よりも、世界の経済動向に起因する部分が大きい。

2020年に新型コロナが世界中で蔓延すると、各国政府は経済活動を支えるために、大規模な金融緩和政策へと舵を切った。

すると投資に回せるだけの余剰資金が生まれ、さまざまな銘柄が物色される中で、Chilizにも多額の資金が流れ込んできた。

なお金融緩和政策下での高騰は、バブルのようなものだった。

コロナの感染が終息し、世界各国の金融政策が緩和から引き締めへと切り替えられると、市場は一気に冷え込み、Chilizからも投資資金が流出していった。

長らく下落基調が続いたのち、2023年の後半からやや復調の兆しが見え始めているが、バブル時に付けた高値には遠く及ばない水準にある。

一方で現状をポジティブな目で見ると、「今のChilizは、安く買い付けられる状態にある」とも言える。

現状を安く買えるチャンスと見る方は、ぜひ今の内にGMOコインなどを使い、Chilizに投資してみるとよいだろう。

GMOコイン公式サイトはこちら

将来性に関わる注目ポイント

続いては以下の4つの要素から、Chilizの将来性を考察してみよう。

将来性に関わる注目要素

  • ファントークンを活用するスポーツチームが増加中
  • スポーツ関連の銘柄で時価総額トップ
  • Chilizエコシステムが拡大している
  • ステーキングによる中長期的な需要がある

ファントークンを活用するスポーツチームが増加中

ChilizおよびSosios.comは、ファントークンの火付け役のような存在だ。

Sosios.comが人気を集めたことにより、ファントークンを経営戦略に取り入れるスポーツチームが着実に増えてきている。

日本でも例えば、Jasmy Coinを手がけるジャスミー株式会社がプロサッカーチーム「サガン鳥栖」のファントークンを手がけるなど、ファントークンを活用する動きが広まっている。

サガン鳥栖のファントークン
出典:Jasmy

そうしたファントークンの市場拡大の流れは、Chilizの需要も中長期的に下支えしてくれるはずだ。

スポーツ関連の銘柄で時価総額トップ

仮想通貨のデータアグリゲーター「CoinMarketCap」において、スポーツに関連する銘柄に絞ってその時価総額を比べてみると、数ある銘柄の中でChilizの時価総額がもっとも大きい*。*2024年3月27日時点

Chilizの時価総額
出典:CoinMarketCap

今後、ファントークンの市場が拡大していく中で、次々と新しい銘柄が登場してくると思われる。

だがChilizは、先行者利益によって大きな需要を獲得している状態にあり、そう簡単に後発の銘柄から市場シェアを奪われることはないだろう。

Chilizエコシステムが拡大している

前述のとおりChilizの開発チームは、2023年に独自のブロックチェーン「Chiliz Chain」をローンチした。

今後そのブロックチェーンを基盤として、さまざまなアプリやサービスが展開されていく見込みだ。

Chilizのエコシステムが充実していけば、自ずとChilizの価格にもポジティブな影響が表れるはずだ。

ステーキングによる中長期的な需要がある

Chiliz Chainでは、Chilizを用いたステーキングをおこなうことができる。

また、ステーキングで利益を得るには、一定期間Chilizを保有し続けなければならない。

そうしたステーキングのための中長期的な需要は、Chilizの価格を下支えしていくことだろう。

Chiliz(チリーズ/CHZ)の価格予想

仮想通貨のデータアグリゲーターの中には、さまざまな銘柄の価格予想を発信しているところもある。

今回はその中から、「PricePrediction」と「DigitalCoinPrice」という2つのプラットフォームをピックアップし、Chilizの価格予想を紹介する。

まず、PricePredictionにおける今後10年の価格予想は以下のとおりだ。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2023$0.090$0.094$0.10
2024$0.13$0.13$0.16
2025$0.19$0.19$0.22
2026$0.27$0.28$0.32
2027$0.40$0.41$0.47
2028$0.57$0.58$0.69
2029$0.81$0.83$0.99
2030$1.14$1.19$1.41
2031$1.64$1.69$2.00
2032$2.28$2.36$2.81

またDigitalCoinPriceでは、次のような価格予想がなされている。

予想最低価格予想平均価格予想最高価格
2023$0.0685$0.16$0.17
2024$0.16$0.20$0.20
2025$0.23$0.27$0.28
2026$0.30$0.34$0.35
2027$0.30$0.34$0.35
2028$0.36$0.40$0.41
2029$0.52$0.55$0.57
2030$0.75$0.79$0.80
2031$1.06$1.08$1.10
2032$1.44$1.48$1.49

参考としてChilizの本記事執筆時点での価格と、史上最高値も示しておこう。

  • 本記事執筆時点での価格:0.146ドル(2024年3月27日)
  • 史上最高値:0.89ドル(2021年3月13日)

PricePredictionとDigitalCoinPriceはどちらも、今後10年でChilizの価格が上がっていく」という予想を立てている。

もちろん2者が値上がりを予想したからと言って、未来の値動きは確約されない。

しかし、投資すべきかどうかを検討する際には、有効な判断材料の1つとして扱えるはずだ。

こうした予想や現状の値動き、将来性などを総合的に勘案し、Chilizに投資対象としての魅力を感じた方は、GMOコインからChilizへの投資にトライしてみてはいかがだろうか。

GMOコイン公式サイトはこちら

Chilizを購入できる仮想通貨取引所

さて、2024年3月時点でChilizの取り扱いがある国内取引所は、以下の4社だ。

Chilizを扱う国内取引所

また、これらの中でもイチオシはGMOコインだ。

GMOコイン
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

冒頭に述べたとおりGMOコインは、オリコン顧客満足度調査において、現物取引と証拠金(レバレッジ)取引の両部門で満足度No.1を獲得している人気の仮想通貨取引所だ。

オリコンランキング
出典:GMOインターネットグループ

現物取引とレバレッジ取引ができるだけでなく、レンディングステーキング自動積立といったポピュラーなサービスが抜け目なく揃っている点が、ユーザーから評価される大きな要因となっている。

またChilizももちろん、現物取引だけでなく、自動積立やレンディングで運用することができる。

無料で口座をつくれるので、まだ使ったことがなければぜひ、この機会にGMOコインの利用を検討してみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

Chiliz(チリーズ/CHZ)に関するQ&A

最後に、Chilizに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • Chilizの開発者はだれですか?
  • MetaMaskでChilizを保管することはできますか?
  • Chilizのステーキングは、どこでおこなうことができますか?

Chilizの開発者はだれですか?

Chilizは、多国籍企業であるChiliz社によって開発された。

主要な開発メンバーやオフィス所在地は、Chiliz公式サイトで公開されている。

Chilizの開発チーム
出典:Chiliz

MetaMaskでChilizを保管することはできますか?

Chilizは、もともとイーサリアムチェーンを基盤としており、2023年に独自チェーンのChiliz Chainへと移行した。

また、新しい基盤であるChiliz Chainは、イーサリアムチェーンとの互換性を有している。

一方でウォレットのMetaMaskは、イーサリアムチェーンと、同チェーンと互換性を持つ各種ブロックチェーンに対応している。

したがってMetaMaskで、Chiliz ChainのネイティブトークンであるChilizを保管することは可能だ。

Chilizのステーキングは、どこでおこなうことができますか?

Chilizのステーキングは、以下のリンク先からおこなうことができる。

Chilizのステーキング
出典:Chiliz

Chiliz(チリーズ/CHZ)とは?まとめ

今回は仮想通貨Chiliz(チリーズ)について、主な特徴や値動き、将来性などを解説した。

この記事のまとめ

  • Chilizは、Sosios.comでのファントークンの取引に欠かせない仮想通貨
  • Sosios.comのサービス「トークンハント」で入手が可能
  • Chiliz Chainのネイティブトークンである
  • Chilizをステーキングすれば、ステーキング報酬を得られる

Chilizは、ファントークンを扱うSosios.comで取引に用いられている仮想通貨であり、同時にChiliz Chainのネイティブトークンでもある。

スポーツ関連の銘柄の中では現状、時価総額トップに立っており、ファントークンの活用が広まっていることから将来性も見込める。

本記事をとおして興味を持った方は、GMOコインなどの仮想通貨取引所を使い、Chilizへの投資に挑戦してみてはいかがだろうか。

GMOコイン公式サイトはこちら

-国内上場の仮想通貨
-, ,

Crypto Marker