本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

国内上場の仮想通貨

【日本発祥銘柄】FiNANCiE/フィナンシェトークンは値上がりする?特徴や将来性を解説

今回取り上げるFiNANCiE(フィナンシェ)は、「トークン発行型」のクラウドファンディングプラットフォームだ。

日本発祥のプラットフォームであり、プロサッカー選手の本田圭佑氏や実業家の箕輪厚介氏など、錚々たる顔ぶれがアドバイザーを務めていることでも知られている。

FiNANCiEのアドバイザー
出典:Corp.Financie

またFiNANCiEは、2023年にCoincheckのIEO(仮想通貨取引所がおこなうプレセール)にて独自トークンの「フィナンシェトークン(FNCT)」を販売し、話題を呼んだ。

本記事ではそんなFiNANCiEとフィナンシェトークンについて、特徴や将来性などをわかりやすく解説していく。

この記事からわかること

  • FiNANCiE/フィナンシェトークンの基本情報・主な特徴
  • フィナンシェトークンのリアルタイムの値動き
  • フィナンシェトークンの過去の値動き
  • FiNANCiE/フィナンシェトークンの将来性
  • フィナンシェトークンを買える仮想通貨取引所

Coincheckなら、リーズナブルな手数料*でフィナンシェトークンを買える。*現物取引(取引所)を利用した場合

また、自動積立レンディングなどのサービスを使い、自身の方針に合った方法でフィナンシェトークンを運用することもできる。

口座をまだお持ちでないなら、ぜひこの機会にCoincheckのこともチェックしてみてほしい。

出典:Coincheck

Coincheck の特長

  • ワンコイン(500円)から仮想通貨を購入できる
  • ビットコインの取引手数料が無料*
  • 裁量取引以外のサービスも充実(自動積立、レンディング他)
  • 口座を持てばNFTの取引も可能(Coincheck NFT)
  • 初めて販売されるNFTを優先的に買える(Coincheck INO)

*取引形式で「取引所」を選択した場合

Coincheck公式サイトはこちら

FiNANCiE/フィナンシェトークンとは?

FiNANCiEのトップ
出典:FNCT.xyz
名称フィナンシェトークン
シンボル・通貨単位FNCT
ローンチ時期2023年3月
価格*0.005ドル/FNCT
時価総額ランキング*3,111位
取り扱いのある仮想通貨取引所Coincheck
OKCoin Japan
サイトURLhttps://fnct.xyz/
https://financie.jp/
https://www.corp.financie.jp/
*2024年2月29日時点、CoinMaketCap調べ

FiNANCiE(フィナンシェ)は、ブロックチェーン技術を用いたクラウドファンディングのプラットフォームだ。

スポーツクラブやクリエイターは独自のトークン(コミュニティトークンという)を発行し、それを販売することで、ファン・サポーターから金銭的な支援を受けることができる。

また支援した側は、支援先からさまざまな特典をもらえる。

FiNANCiEの概要
出典:FiNANCiE

「フィナンシェトークン」はこのFiNANCiEのプラットフォームトークンであり、プラットフォームの運営に関わるさまざまな用途に用いられている。

ちなみにフィナンシェトークンは、2023年にIEO(仮想通貨取引所がおこなうプレセール)を経て、Coincheckに上場した。

また2024年2月時点では、OKCoin Japanもフィナンシェトークンを取り扱っている。

Coincheck公式サイトはこちら

FiNANCiE/フィナンシェトークンの特徴

さてFiNANCiEおよびフィナンシェトークンには、次のような特徴を有している。

主な特徴

  • 好きなスポーツクラブやクリエイターを支援できる
  • コミュニティの運営に参加できる
  • FNCTが複数のユーティリティを付与されている
  • FNCTのステーキングで稼げる

好きなスポーツクラブやクリエイターを支援できる

前述のとおりFiNANCiEは、ブロックチェーン技術を用いた、次世代型のクラウドファンディングのプラットフォームだ。

スポーツクラブやクリエイターは、FiNANCiE内で独自のコミュニティをつくり、「コミュニティトークン(CT)」を発行する。

またそのコミュニティトークンをファンやサポーターに買ってもらうことで、金銭的な支援を受けることができる。

一方、コミュニティトークンを買ったファン・サポーター側は、支援した相手からさまざまな特典をもらえる。

特典の例

  • コレクションカード(二次売買可能)
  • オリジナルグッズ
  • オリジナルグッズの抽選への参加権
  • イベントへの参加権
FiNANCiEの仕組み
出典:Note【FiNANCiE】

コミュニティトークンを売ることも可能

コミュニティトークンは、需給の変化に合わせて日々価格が変動する。

またコミュニティトークンは、買うだけでなく売ることもできる

そのため、保有後にコミュニティトークンの価格が上がっていけば、売って売買差益を得ることも可能だ。

FiNANCiEアプリ1
出典:FiNANCiEアプリ

コミュニティの運営に参加できる

コミュニティトークンの保有者は、参加したコミュニティの運営方針やイベント、グッズなどを決めるさまざまな投票に参加することができる。

また、投票での意思決定に対する影響力は、言わずもがなトークンの保有数が多いほど大きくなる。

FiNANCiEアプリ2
出典:FiNANCiEアプリ

FNCTが複数のユーティリティを付与されている

FiNANCiEには、スポーツクラブやクリエイターが発行するコミュニティトークン(CT)とは別に、「フィナンシェトークン(FNCT)」というプラットフォームトークンが存在する。

その主たる目的は、以下の2つだ。

フィナンシェトークンの目的

  • コミュニティの活動を活性化させる潤滑油となること
  • 流動性を高め、エコシステムの拡大に貢献すること

またそれらの目的を果たすために、フィナンシェトークンには以下のようなユーティリティが付与されている。

主なユーティリティ

  • ガバナンスへの参加権
  • コミュニティトークンの購入手段
  • 保有数に応じた特典を受けられる
  • 任意のコミュニティへの寄付手段
  • インセンティブの支払い手段
  • ネットワークの保全手段

FNCTのステーキングで稼げる

FiNANCiEはPolygonチェーンを基盤としており、同チェーンのコンセンサスアルゴリズム「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」によってセキュリティを担保されている。

またフィナンシェトークンの保有者は、セキュリティ維持に貢献(=ステーキング)することで、インセンティブを得ることができる

なおステーキングのことは、以下の記事で別途解説している。

そもそもステーキングが何なのかよくわからないという方は、そちらを参照してもらいたい。

フィナンシェトークンの値動き

ここで、フィナンシェトークンの値動きを確認しておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のとおりだ。

2024年2月末までの値動き

次にFNCT/USDチャートで、海外市場への上場を果たした2023年4月から、記事執筆時(2024年2月末)までの値動きをおさらいしていこう。

フィナンシェトークンのチャート
出典:TradingView

2023年中のフィナンシェトークンは、0.001ドル~0.003ドル程度のレンジの中で推移していた。

ところが2024年2月中旬に突如として高騰し、大幅に高値を更新している。

この高騰は、2月13日にCoincheck販売所(仮想通貨取引所とユーザーの間で取引する取引形式)で、フィナンシェトークンの取り扱いが開始されたことに起因していると見られている。

販売所での扱い開始のアナウンス
出典:Coincheck

これまでCoincheckのフィナンシェトークンは、取引所(仮想通貨取引所のユーザー間で取引する取引形式)のみでの取り扱いとなっていた。

しかし、販売所でより手軽に売買できるようになり、そのことが投資家から好感され、短期的な高騰につながったようだ。

このように現状のフィナンシェトークンを見ると、価格が上がり過ぎているように感じるかもしれない。

しかしフィナンシェトークンはそもそも歴史が浅い銘柄であり、今後さらに値上がりしていく可能性は十分にある。

上昇の波に乗りたい方はぜひ、Coincheckを使ってフィナンシェトークンを買ってみてはどうだろうか。

Coincheck公式サイトはこちら

FiNANCiE/フィナンシェトークンの将来性に関わるポイント

続いて以下の3つの要素から、FiNANCiEおよびフィナンシェトークンの将来性を考察してみよう。

今後に関わる注目要素

  • グローバル版のローンチを計画している
  • 独自ブロックチェーンへの移行を計画している
  • 上場先が増える可能性がある

グローバル版のローンチを計画している

FiNANCiEは、株式会社フィナンシェが手がける日本発祥のプラットフォームであり、2024年2月時点では日本のみでサービスを提供している。

だがロードマップによると、将来的にはグローバルにサービスを展開することも計画しているようだ。

FiNANCiEのロードマップ1
出典:FNCT.xyz

グローバル版FiNANCiE(FiNANCiE Ver.2)が登場し、海外でユーザーを上手く獲得できれば、フィナンシェトークンの需要も自ずと増していくだろう。

独自ブロックチェーンへの移行を計画している

ロードマップによるとグローバル版リリースのさらに先の計画になっているのだが、FiNANCiEの開発チームは、将来的に独自ブロックチェーンを開発する計画を立てている。

FiNANCiEのロードマップ2
出典:FNCT.xyz

現状不透明な部分が多いが、独自ブロックチェーンが実現すれば、そのネイティブトークンはフィナンシェトークンになる予定だという。

つまりフィナンシェトークンのユーティリティが増え、エコシステム内での重要性が増すということだ。

上場先が増える可能性がある

FiNANCiEは歴史の浅いプロダクトということもあり、今のところは国内・海外ともに、フィナンシェトークンの上場先が限られている。

フィナンシェトークンの上場先

しかし将来、計画通りにグローバル版が登場すれば、特に海外で必要に駆られて上場先が増えていくだろう。

上場先が増えれば、市場での流動性が向上し、値動きの安定性が増していくはずだ。

また、新規上場の話題が投資家に好感され、短期的な価格高騰につながっていくかもしれない。

フィナンシェトークンを買える仮想通貨取引所

繰り返しになるが2024年2月時点でフィナンシェトークンは、国内だと「Coincheck」と「OKCoin Japan」の2社に上場している。

ここではその2社の概要や特徴を紹介していく。

Coincheck

Coincheck
出典:Coincheck
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、ETC、LSK、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ、PLT、SAND、DOT、FNCT 、CHZ、LINK、MKR、DAI、MATIC、APE、AXS、IMX、WBTC、AVAX、SHIB
【全29種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
⇒ Maker・Takerともに無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料
(BTCの場合)
0.0005~0.016BTC*
*ガス代の変動に合わせて変動
その他のサービスCoincheckつみたて(自動積立)
貸暗号資産サービス
ステーキングサービス*
Coincheck IEO
Coincheck INO
Coincheck NFT
Coincheckでんき
Coincheckガス
*β版、一時停止中
*2024年3月時点

Coincheck の特長

  • ワンコイン(500円)から仮想通貨を購入できる
  • ビットコインの取引手数料が無料*
  • 裁量取引以外のサービスも充実(自動積立、レンディング他)
  • 口座を持てばNFTの取引も可能(Coincheck NFT)
  • 初めて販売されるNFTを優先的に買える(Coincheck INO)

*取引形式で「取引所」を選択した場合

Coincheckでは、フィナンシェトークンを含めて約30種類の銘柄が揃っている。

また前述のとおり2024年2月13日から、フィナンシェトークンを「販売所」と「取引所」の2種類の方法で取引できるようになった。

他にも自動積立やレンディングなどのサービスが揃っており、フィナンシェトークンに限らずさまざまな銘柄を、自身の方針に合わせて運用できる環境が整っている。

Coincheck公式サイトはこちら

OKCoin Japan

OKCoin Japanのトップ画面
出典:OKCoin Japan
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、ADA、APE、APT、ARB、ASTR、AVAX、BAT、BCH、DAI、DEP、DOGE、DOT、EFI、ENJ、ETC、FIL、FNCT、IOST、KYAY、LSK、LTC、MASK、MATIC、MKR、OAS、OKB、PLT、QTUM、SAND、SHIB、SOL、SUI、TRX、XLM、XRP、XTZ、ZIL
【全39種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
⇒ Maker ~0.07%、Taker ~0.14%
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
その他のサービスステーキング
Flash Deals
積立
API
*2024年4月時点

OKcoin Japanの特長

  • 取扱銘柄数が国内でトップクラス
  • マーケットの流動性が高く、安定した取引が可能
  • 積立やステーキングなど、サービスが充実している

OKCoin Japanは、国内トップクラスとなる37種類*もの仮想通貨がラインナップされている。*2024年2月末時点

また自動積立やステーキング、オリジナルの投資商品「Flash Deals」などが用意されており、サービスの充実度も上々だ。

なおフィナンシェトークンの扱いについては、Coincheck と違い、今のところ「取引所」のみでの取り扱いとなっている。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

以上、フィナンシェトークンの取り扱いがある国内2社を紹介した。

どちらも一長一短があるが、フィナンシェトークンの取引のみにフォーカスすると、より取引の自由度が高いCoincheck の方が秀でていると言えるだろう。

まだ使ったことがなければ、ぜひこの機にCoincheck公式サイトを覗いてみてほしい。

Coincheck公式サイトはこちら

FiNANCiE/フィナンシェトークンに関するよくある質問

それでは最後に、FiNANCiEおよびフィナンシェトークンに関してよくある質問を3つ紹介する。

よくある質問

  • 個人がコミュニティトークンを発行することは可能ですか?
  • フィナンシェトークンをコミュニティトークンに交換できますか?
  • フィナンシェトークンのステーキングのやり方を教えてください。

個人がコミュニティトークンを発行することは可能ですか?

FiNANCiEでは、プロジェクト掲載を申し込んで審査をクリアすれば、個人でもコミュニティトークンを発行し、資金調達をすることができる

FiNANCiEのオーナー
出典:FiNANCiE

くわしくは、以下のプロジェクトオーナー募集ページを見てみてほしい。

フィナンシェトークンをコミュニティトークンに交換できますか?

コミュニティトークンは、コミュニティがサポーターを募集している期間に限り、フィナンシェトークンで直接購入することができる。

またそれ以外の場合(=マーケットプレイスの場合)、コミュニティトークンは「FiNANCiEポイント」で取引する仕様になっている。

したがってマーケットプレイスを使う際は、フィナンシェトークンでコミュニティトークンを直接買うことはできず、以下のフロー図のように一旦ポイントを経由する必要がある。

コミュニティトークンの購入
出典:Note【FiNANCiE】

フィナンシェトークンのステーキングのやり方を教えてください。

フィナンシェトークンのステーキング手順は、以下のとおりだ。

ステーキングの手順

  • Coincheckなどでフィナンシェトークンを購入
  • ウォレット(MetaMaskなど)を用意
  • ウォレットにフィナンシェトークンを送金
  • フィナンシェトークンをブリッジ
  • FNCT.xyzにウォレットを接続
  • 数量を指定してフィナンシェトークンをステーキング

フィナンシェトークンのステーキングは、FNCT.xyz」というサイトの中でおこなうことができる。

フィナンシェトークンのステーキング
出典:FNCT.xyz

なおステーキングは、Polygonチェーン上でおこなう仕様になっているため、フィナンシェトークンもPolygonチェーンをベースとしたものである必要がある。

CoincheckOKCoin Japanで販売されているフィナンシェトークンは、いずれもイーサリアムをベースとしたものなので、ステーキングするならPolygonチェーンのものにブリッジしなければならない。

ブリッジは、Polygonチェーンのポータルにておこなうことができる。

フィナンシェトークンのブリッジ
出典:Polygon Potal

FiNANCiE/フィナンシェトークンとは?まとめ

今回は、クラウドファンディングのプラットフォーム「FiNANCiE」と、プラットフォームトークンの「フィナンシェトークン」について解説した。

この記事のまとめ

  • FiNANCiEは、ブロックチェーン技術を用いたクラウドファンディングのプラットフォーム
  • ファンは「コミュニティトークン」をとおして、プロジェクトを支援できる
  • フィナンシェトークンは、FiNANCiEで複数のユーティリティを付与されている
  • フィナンシェトークンのホルダーは、ステーキングで稼ぐことも可能

FiNANCiEは今のところ、日本のローカルなプラットフォームに過ぎない。

しかし、将来的にはグローバルにサービスを展開していくことを目論んでおり、実現すればその需要は大きく伸びていくはずだ。

そんなFiNANCiEの将来性に期待する方は、ぜひ今の内にCoincheckなどをとおして、フィナンシェトークンへの先行投資にトライしてみてはどうだろうか。

Coincheck公式サイトはこちら

-国内上場の仮想通貨
-, , ,

Crypto Marker