本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

DeFi

【人気のリキッドステーキング】Rocket Poolのサービス内容や使い方を解説

2022年にイーサリアムチェーンのコンセンサスアルゴリズム(トランザクションを検証するための仕組み)が変更されて以降、仮想通貨投資家の中でイーサリアムの「リキッドステーキング」が根強い人気を誇っている。

今回紹介するのも、そんなリキッドステーキングができるプラットフォームの1つ「Rocket Pool(ロケットプール)」だ。

本記事ではRocket Poolについて、サービスの内容や使い方などをわかりやすく解説していく。

この記事からわかること

  • Rocket Poolの概要
  • Rocket Poolでできること
  • Rocket Poolでのリキッドステーキングのやり方

イーサリアムのリキッドステーキングにトライするなら、言わずもがなイーサリアムを用意しなければならない。

大抵の仮想通貨取引所で買えるが、GMOコインならリーズナブルな手数料でイーサリアムを調達できる*。*現物取引(取引所)を使った場合

またGMOコインは、買ったイーサリアムを手数料無料でウォレットに移し替えられる。

気になる方はぜひGMOコイン公式サイトで、サービス詳細を確かめてみてほしい。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコイン公式サイトはこちら

Rocket Poolとは?

Rocket Pool
出典:Rocket Pool
名称Rocket Pool(ロケットプール)
サービス概要イーサリアムのリキッドステーキング
イーサリアムのノードステーキング
ローンチ時期2021年10月
ガバナンストークンRPLトークン
基盤のブロックチェーンイーサリアムチェーン
サイトURLhttps://rocketpool.net/

Rocket Pool(ロケットプール)は、イーサリアムに特化したステーキングプラットフォームだ。

後ほど詳しく紹介するがステーキングの種類は、「リキッドステーキング」と「ノードステーキング」の2種類から選べるようになっている。

またRocket Poolには、独自トークンの「RPLトークン」がある。

同銘柄は、ガバナンスへと参加権や、ノードステーキングをおこなう際の担保などに用いられている。

Rocket Poolの市場シェア

2024年2月時点におけるRocket PoolのTVL(預かり資産)は、以下のとおりだ。

Rocket PoolのSVL
出典:Defi Llama

金額を見比べるとトップのLido Financeにかなり水をあけられてはいるものの、イーサリアムチェーンのリキッドステーキングプラットフォームの中では、2番手の規模を誇っている。

Rocket Poolのサービス・特徴

さてRocket Poolには、次のような特徴がある。

主な特徴

  • ETHの「リキッドステーキング」ができる
  • ETHの「ノードステーキング」ができる
  • DAOでプロトコルのアップデートに関与できる

ETHの「リキッドステーキング」ができる

リキッドステーキングとは、ステーキング可能な仮想通貨をDeFi(分散型金融)プラットフォームに預け入れてロックする代わりに、預け入れた仮想通貨の債権を示すトークン(以下、債権トークン)を受け取ることができるサービスのことだ。

Rocket Poolの場合は、イーサリアムをステーキングすると、債権トークン「rETH」を受け取れる。

リキッドステーキングのイメージ
出典:Rocket Pool

またrETHには、イーサリアムとほぼ同等の価値がある。

rETHのレート
出典:Rocket Pool

そのためRocket Poolのユーザーは、ノーマルなステーキングサービスと同じように報酬を受け取りつつ、別途rETHを運用して稼ぐこともできる。

ETHの「ノードステーキング」ができる

イーサリアムチェーンにおいて、デリゲート(委任)サービスを使わずに1人でステーキング(ソロステーキング)をおこなう場合は、最低でも32ETHを用意する必要がある。

だが32ETHは、日本円に換算すると約1,400万円(2024年2月時点)であり、非常に高額だ。

そのためイーサリアムのソロステーキングは、個人投資家にとってあまり現実的な資産運用手段ではない。

そうした現状を緩和すべく生まれたのが、Rocket Poolの「ノードステーキングである。

ノードステーキングのイメージ
出典:Rocket Pool

ノードステーキングでは、Rocket Poolのステーキングプールに預け入れられた資産を用いることで、より少ない軍資金でバリデーター(トランザクションの検証者)になることができる。

具体的には最低8ETHと、指定された数量のRPLトークンを担保資産として用意すればOKだ。

8ETH(2024年2月時点で約360万円)でもかなりの数量ではあるが、ソロステーキングよりは遥かに参入ハードルが下がっているのは間違いない。

ちなみにノードステーキングは、参入ハードルの面だけでなく、利回りについてもソロステーキングよりも優れている。

ノードステーキングの利回り
出典:Rocket Pool

DAOでプロトコルのアップデートに関与できる

Rocket Poolは分散型(非中央集権型)のプロトコルであり、ユーザーが運営に関わる意思決定に関与できる。

具体的には、独自トークンの「RPLトークン」を保有・ステーキングすることにより、DAO(分散型自律組織)でのプロポーザル(提案)に対して投票できるようになっている。

また投票の権利は、信頼できる第三者に委任することも可能だ。

DAOのイメージ
出典:Rocket Pool

Rocket Pool「リキッドステーキング」の使い方

それではここで、Rocket Poolでの「リキッドステーキング」のやり方を紹介しておこう。

リキッドステーキングのやり方

  • イーサリアムを調達する
  • ウォレットを用意
  • Rocket Poolにウォレットを接続
  • 数量を決めてイーサリアムをステーキング

イーサリアムを調達する

まずは国内の仮想通貨取引所を使い、元手となるイーサリアムを調達しよう。

イーサリアムは大抵の国内取引所で買えるが、ここではその中でもGMOコインをおすすめしたい。

GMOコインのトップ画面
出典:GMOコイン
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
レバレッジ取引(販売所)
レバレッジ取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、 XEM、XLM、BAT、XTZ、 QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、 MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、 FCR、DOGE、SOL 、ASTR、FIL、SAND、CHZ
【全26種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
Maker-0.01%、Taker0.05%
レバレッジ取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
レバレッジ取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸暗号資産ベーシック
貸暗号資産プレミアム

つみたて暗号資産(自動積立)
ステーキング
IEO
外国為替FX
*2024年3月時点

GMOコインの特長

  • オリコン顧客満足度調査で満足度日本一*1
  • 取扱銘柄数が国内最多クラス
  • 低コストで仮想通貨を取引できる*2
  • 裁量取引以外のサービスも豊富
  • 仮想通貨の出金手数料が無料

*1:2023年 オリコン顧客満足度®調査 現物取引部門・証拠金取引部門

*2:取引形式で「取引所」を選択した場合

GMOコインなら、取引所形式の現物取引によって、リーズナブルな手数料でイーサリアムを買える。

また、イーサリアムをウォレットに送金する際に手数料がかからない

イーサリアムの調達先としてうってつけなので、まだ使ったことがないなら、この機会にGMOコインの利用をぜひ検討してみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

ウォレットを用意

次に、Rocket Poolに対応したウォレットを用意しよう。

選択肢は数多くあるが、おすすめはMetaMask(メタマスク)だ。

MetaMask
出典:MetaMask

MetaMaskは拡張性・汎用性に優れたウェブウォレットであり、PC版(Webブラウザ版)・スマホアプリ版ともに、だれでも無料で使える。

入手方法などMetaMaskの詳しい情報は、別途以下の記事で解説しているので、参考にしてもらいたい。

またMetaMaskなどのウォレットを用意できたら、そのウォレットのアドレス宛に、用意したイーサリアムを送金しておこう。

Rocket Poolにウォレットを接続

ひと通りの下準備ができたら、Rocket Poolにウォレットをつなごう。

Rocket Poolのサイトにアクセスし、「Launch」ボタンをクリックする。

Rocket Poolの使い方1
出典:Rocket Pool

するとリキッドステーキング用の画面が立ち上がるので、次は画面下部の「Connect」ボタンをクリックしよう。

Rocket Poolの使い方2
出典:Rocket Pool

ウォレット一覧が表示されたら、利用規約とプライバシーポリシーを確認したのち、自分が使用しているウォレットを選択しよう。

Rocket Poolの使い方3
出典:Rocket Pool

するとウォレットが起動して、接続の許可を求められる。

その要求に応じれば、接続手続きは完了だ。

数量を決めてイーサリアムをステーキング

あとは手持ちのイーサリアムをステーキングするだけだ。

預け入れたいイーサリアムの数量を入力し、

  • 受け取れるrETHの数量
  • 利回り
  • 支払うガス代(ネットワーク手数料)

を確認したら、「Stake」ボタンをクリックする。

Rocket Poolの使い方4
出典:Rocket Pool

するとウォレットが起動するので、示された内容をチェックして承認すれば、ステーキングが実行される。

以上、Rocket Poolにおけるリキッドステーキングのやり方を紹介した。

決して難しくはないので、まずはGMOコインなどの国内取引所でイーサリアムを調達するところから、ぜひトライしてみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

Rocket Poolに関するよくある質問

それでは最後に、Rocket Poolに関してよくある質問を4つ紹介しておく。

よくある質問

  • Rocket Poolでのガス代はRPLで払うのですか?
  • リキッドステーキングはいくらから始められますか?
  • 国内取引所のステーキングサービスとどちらがお得ですか?
  • Rocket Poolは安全ですか?

Rocket Poolでのガス代はRPLで払うのですか?

Rocket Poolは、イーサリアムチェーンを基盤としたステーキングプラットフォームだ。

そのためガス代(ネットワーク手数料)は、イーサリアムで支払う仕様になっている。

リキッドステーキングはいくらから始められますか?

Rocket Poolのリキッドステーキングは、0.01ETHから始めることができる。

リキッドステーキングの最小数量
出典:Rocket Pool

国内取引所のステーキングサービスとどちらがお得ですか?

Rocket Poolのリキッドステーキングの平均利回りは、2024年2月23日時点で年利2.94%と表記されている。

リキッドステーキングの平均利回り
出典:Rocket Pool

一方で、例えばSBI VCトレードのステーキングサービスの利回り(2024年1月の実績数値)は、手数料を差し引いて年利2.7%となっている。

SBI VCトレードのステーキング実績
出典:SBI VCトレード

あくまで一般論で言えば、仮想通貨取引所のステーキングサービスは利用手数料を差し引かれるため、便利な一方、分散型のステーキングサービスと比べて利回りでは劣りがちだ。

またRocket Poolのようなリキッドステーキングでは、別途運用可能な債権トークンが手に入ることも忘れてはならないだろう。

Rocket Poolは安全ですか?

Rocket Poolで用いられているスマートコントラクトは、複数の第三者機関から監査を受けており、一定の安全性が担保されている。

くわしくは、Rocket Pool公式サイトの以下のページをチェックしてみてほしい。

Rocket Poolとは?まとめ

今回はステーキングプラットフォームのRocket Poolについて、その特徴や使い方を紹介した。

この記事のまとめ

  • Rocket Poolは、リキッドステーキングおよびノードステーキングのプラットフォーム
  • リキッドステーキングでイーサリアムを預けると「rETH」が手に入る
  • rETHはイーサリアムと同等の価値があり、別途運用が可能
  • ノードステーキングでは、通常よりも少ない軍資金でバリデーターになれる

イーサリアムチェーン上のリキッドステーキングプロトコルの中で、Rocket PoolはLido Financeに次ぐ人気を持つ。

本記事の中で解説したように、仕組みは決して難しくないので、興味がある方は実際に使ってみてはどうだろうか。

なお、軍資金となるイーサリアムの調達先には、低コストで取引できて送金手数料もかからない「GMOコイン」がうってつけだ。

無料で口座をつくれるので、使ったことがなければぜひGMOコインの利用も検討してみてほしい。

GMOコイン公式サイトはこちら

-DeFi
-, ,

Crypto Marker