本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

国内取引所

【利回り日本一】BITPOINTのステーキングガイド|特徴や使い方を解説

国内の仮想通貨取引所の中には、仮想通貨のステーキングサービスを展開しているところがいくつかある。

その中でサービス開始以来、利回り日本一をキープしているのがBITPOINT」のステーキングサービスだ。

本記事ではBITPOINTのステーキングサービスについて、利回り日本一の要因その他の特徴などをわかりやすく解説していく。

ステーキングを始めてみたい方は、ぜひ参考にしてもらいたい。

この記事からわかること

  • BITPOINTのステーキングの概要
  • BITPOINTのステーキングの4つの特徴
  • ステーキングサービスの利用方法

BITPOINTは、最短で口座開設申し込みをしたその日の内に、取引を始められる。

まだ使ったことがなければ、ぜひこの機会にBITPOINTの口座をつくっておこう。

BITPOINT
出典:BITPOINT

BITPOINTの特長

  • あたらしい銘柄の取り扱いに積極的
  • SBIグループの傘下企業で安心
  • 仮想通貨の出金手数料が無料
  • 自動積立やレンディングなどのサービスが充実

\招待コード「XZRNJSEXRV」入力で、最大1,500円分の仮想通貨がもらえる!/

BITPOINT公式サイトはこちら

BITPOINTの評判、口座開設方法はこちら▷

BITPOINTのステーキングとは?

BITPOINTのステーキング
出典:BITPOINT
対象銘柄*ETH、ADA、TRX、ATOM 、DOT、SOL
【6種類】
仕組みの概要口座内に保有するだけでOK
期間無期限
対象となる数量上限・下限なし
利回り銘柄ごとで異なる
手数料無料
*2024年5月時点

BITPOINTのステーキングサービスは、対象となる銘柄を保有するだけで、ステーキング報酬の分配を受けられるサービスだ。

また、より正確に言うとBITPOINTのステーキングサービスは、デリゲート(委任)を代行してくれるサービスである。

自分でステーキングやデリゲートをおこなった場合と比べると、とにかく手間がかからず、専門知識もいらないのが魅力となっている。

ステーキングとは?

ステーキングは、ブロックチェーンのセキュリティを保つための仕組みだ。

ネットワーク参加者の一部がバリデーター(取引のデータを検証し、ブロックに記録する者)となってデータの検証作業などをおこない、その作業の見返りとして、報酬(仮想通貨)が支払われる。

また大抵の場合、バリデーターとなる権利はすべてのネットワーク参加者が持っており、自身の権利の委任(デリゲートという)をおこなうことも可能だ。

権利の委任をおこなうと委任者は、バリデーターから報酬の分配を受けられる。

BITPOINT公式サイトはこちら

BITPOINTのステーキングの特徴

さてBITPOINTのステーキングサービスには、次のような特徴がある。

主な特徴

  • 全銘柄で利回りが日本一
  • 手続きがかんたん
  • 出金・売却がいつでも可能
  • 数量やタイミングの制限がない

全銘柄で利回りが日本一

BITPOINTに限らず仮想通貨のステーキングサービスというのは、正確に言うとデリゲート(委任)の代行」サービスである。

そのため競合他社の中には、ステーキングの分配金から代行手数料を差し引かれるところもある。

主な競合他社の代行手数料

  • GMOコイン:ステーキング報酬×28%
  • SBI VCトレード:ステーキング報酬×25%

一方でBITPOINTは、代行手数料ゼロでサービスを提供している。

ステーキングの手数料
出典:BITPOINT

またその結果、国内他社と比べると、全ステーキング対象銘柄で利回り日本一*となっている。*2024年5月時点

BITPOINTのステーキングの利回り
出典:BITPOINT

手続きがかんたん

BITPOINTのステーキングサービスは、利用の際に小難しい手続きを必要としない。

自身のアカウントの資産管理画面にて、ステーキングをONにしておくだけで、毎月1回ステーキング報酬の分配を受けることができる。

また、報酬の受け取りをやめたいときも、ステーキングをOFFにするだけでOKだ。

ステーキングのON/OFF
出典:BITPOINT

出金・売却がいつでも可能

競合他社のステーキングサービスの中には、サービスを利用する際に対象資産の預け入れ(ロック)を求められるところもある。

かたやBITPOINTは、ON/OFFで意思表示するだけでよく、対象資産を拘束されない

そのためステーキングサービスを利用していたとしても、いつでも対象資産を出金したり売却したりすることができる。

数量やタイミングの制限がない

イメージ画像

国内他社ではステーキングサービスを利用する上で、対象資産の数量の下限・上限が設けられているケースもある。

また、別途預け入れ(ロック)が必要な場合は、受け入れの総量があらかじめ決まっていて、望んだタイミングでサービスを利用できないこともある。

一方でBITPOINTの場合は、数量の制限がなく、また基本的にいつでもサービスを利用できる

BITPOINT公式サイトはこちら

BITPOINTのステーキングのデメリット

BITPOINTのステーキングサービスの唯一のデメリットは、競合他社と比べて対象銘柄がやや少ないことだ。

主要他社と比較すると、以下のとおり。

ステーキングの対象銘柄数*

*2024年5月時点

BITPOINTのステーキングの使い方

ここで、BITPOINTのステーキングサービスの利用方法を簡潔に紹介しておこう。

ステーキングの利用方法

  • BITPOINTで口座を開設
  • 対象銘柄を調達する
  • ステーキングをONにする

BITPOINTで口座を開設

BITPOINTを使ったことがない方は、まずは同社の口座を開設しよう。

口座開設の流れは以下のとおり。

BITPOINTでの口座開設手順

  1. メールアドレスと携帯番号を登録
  2. 受信したメールからバスワードを設定
  3. 本人情報の登録と本人確認をおこなう

詳しくは以下の記事で、画像を交えながら解説しているので参考にしてもらいたい。

対象銘柄を調達する

取引口座を用意できたら、次は現物取引で、ステーキングの対象となっている銘柄を調達しよう。

なおBITPOINTでは、BITPOINTとユーザーの間で取引をする「販売所」と、ユーザー同士で取引できる「取引所」の2種類の取引形式が用意されている。

販売所取引所
概要仮想通貨取引所とユーザーの間で取引仮想通貨取引所のユーザー同士で取引
メリット仕組みがシンプル
約定力が高い
取引コストが割安
デメリット取引コスト(スプレッド)が割高思いどおりに約定するとは限らない
仕組みがやや難解

どちらを使っても問題はないが、リターンの最大化を狙うなら、より低コストで買える「取引所」を使うことをおすすめする。

ステーキングをONにする

ステーキングの対象銘柄を用意できたら、あとは資産一覧で、その銘柄のステーキングを「ON」にするだけだ。

自身のアカウントのサイドメニューから「入出金」を選択すると、次にように保有資産が一覧で表示される。

ステーキングのやり方1
出典:BITPOINT

また一覧表の右端にステーキングの項目があるので、用意した銘柄のステーキングを「ON」にすると、毎月決まった日に報酬の分配を受けられるようになる。

ステーキングのやり方2
出典:BITPOINT

以上、BITPOINTでのステーキングサービスの利用方法を紹介した。

非常に簡単なので、興味がある方はぜひBITPOINTの口座をつくるところからトライしてみてほしい。

BITPOINT公式サイトはこちら

BITPOINTのステーキングに関するQ&A

最後に、BITPOINTのステーキングサービスに関してよくある質問を3つ、紹介しておく。

よくある質問

  • ステーキング中の仮想通貨はどのように管理されますか?
  • ステーキング報酬はいつ支払われますか?
  • レンディングとステーキングを併用できますか?

ステーキング中の仮想通貨はどのように管理されますか?

ステーキング中の仮想通貨は、それ以外の銘柄と同じく、コールドウォレットで安全に管理される。

コールドウォレットとは?

ネットに接続されていない(=ハッキングのリスクがない)ウォレットのこと。

報酬はいつ支払われますか?

ステーキング報酬は毎月1回、あらかじめ定められた日に分配される。

なお分配日は、銘柄ごとでそれぞれ異なる。

報酬の分配日

  • ETH:毎月5日
  • ADA:毎月25日
  • SOL:毎月26日
  • DOT:毎月28日
  • ATOM:毎月27日
  • TRX:毎月12日

*土日祝日の場合は、翌営業日に分配

レンディングとステーキングを併用できますか?

BITPOINTのレンディングサービス(貸して増やす)に申し込み中、もしくは抽選中の銘柄は、ステーキングの対象になる。

しかしレンディングで貸出中のものは、ステーキングの対象から外れる

BITPOINTのステーキングまとめ

今回はBITPOINTのステーキングサービスについて、その特徴や使い方などを解説した。

この記事のまとめ

  • BITPOINTのステーキングは、対象銘柄を保有するだけで利用可能
  • 手数料がかからず、利回りが日本一
  • フレキシブルなサービスで、いつでも利用できる
  • サービス利用中にいつでも出金・売却が可能

BITPOINTのステーキングサービスは、デリゲートの代行手数料がかからない。

また手数料を取られないので、すべての対象銘柄の利回りが日本一*となっている。*2024年5月時点

本記事で紹介したようにお手軽に始められるので、興味がある方は、ぜひこの機会にBITPOINTのステーキングにトライしてみてほしい。

BITPOINT公式サイトはこちら

-国内取引所
-, , ,

Crypto Marker