本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

国内上場の仮想通貨

【人気プラットフォーム】TRONのTRXとは?特徴や値動き、将来性を解説

イーサリアムのようなプラットフォーム型のブロックチェーンの数は、今や数百種類に及んでいる。

そんな競合ひしめく中で市場シェア上位にいるのが、今回取り上げる「TRON(トロン)」だ。

本記事ではそのTRONと基軸通貨の「TRX」について、主な特徴や値動き、将来性などをわかりやすく解説していく。

この記事からわかること

  • TRON/TRXの基本情報
  • TRON/TRXの4つの特徴
  • TRXの値動き
  • TRON/TRXの将来性
  • TRXの価格予想
  • TRXを買える国内取引所

TRXを扱う国内取引所はいくつかあるが、その中でもBITPOINTは、手数料無料*で同銘柄を売買することができる。*現物取引(取引所)を利用した場合

またTRXのステーキングで稼げるのも、大きな魅力となっている。

まだ使ったことがなければ、ぜひこの機会にBITPOINTのこともチェックしてみてほしい。

BITPOINT
出典:BITPOINT

BITPOINTの特長

  • あたらしい銘柄の取り扱いに積極的
  • SBIグループの傘下企業で安心
  • 現物取引(取引所)の取引手数料が無料
  • 仮想通貨の出金手数料が無料
  • 自動積立やレンディングなどのサービスが充実

BITPOINT公式サイトはこちら

BITPOINTの評判、口座開設方法はこちら▷

TRON/TRXとは?

TRONのロゴ
出典:Tron.Network
名称TRX
TRONIX
シンボル・通貨単位TRX
価格*0.11ドル/TRX
時価総額ランキング*16位
主な上場先BITPOINT
BitTrade
OKCoin Japan
サイトURLhttps://tron.network/
*2024年6月7日時点、CoinMarketCap調べ

TRON(トロン)は、2017年にローンチされたプラットフォーム型のパブリックブロックチェーンだ。

汎用性のあるプラットフォームだが、どちらかと言えば、エンタメ分野に重点が置かれている。

TRXはそのTRONのネイティブトークンであり、DApps内での決済や、ガス代の支払いなどに用いられている。

またTRXは、BITPOINTBitTradeなど、国内でもいくつかの仮想通貨取引所に上場している。

BITPOINT公式サイトはこちら

TRON/TRXの特徴

さて、TRONおよびその基軸通貨TRXには、次のような特徴がある。

4つの特徴

  • プラットフォーム型のブロックチェーン
  • コンセンサスアルゴリズムはDPoS
  • TRXが複数の役割を与えられている
  • サイドチェーンにサポートされている

プラットフォーム型のブロックチェーン

前述のとおりTRONは、DApps(分散型アプリ)NFTの開発基盤となっている、プラットフォーム型のブロックチェーンだ。

DeFi(分散型金融)プロトコルやNFTゲームなどさまざまなアプリがあるが、特にゲームやデジタルコンテンツの配信といったエンタメ分野に強い

また独自の分散型ストレージ技術が、エンタメコンテンツを展開する際の一助となっている。

コンセンサスアルゴリズムはDPoS

TRONは、コンセンサスアルゴリズム*にDPoS(デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク)」を採用している。*取引を検証し、ブロックチェーンに記録するための仕組みのこと

DPoSでは、ネットワークの参加者が投票(ステーキング/デリゲート)によって、信用できるブロック生成者(バリデーターという)を選出する。

DPoSのイメージ
出典:OKX

競争ではなく投票という民主的な方法でバリデーターを決めるため、他のコンセンサスアルゴリズムと比べてDPoSは、トランザクションの処理効率に優れている。

TRXが複数の役割を与えられている

TRONのネイティブトークンであるTRXは、エコシステム内で複数のユーティリティを付与されている。

具体的には以下のとおり。

TRXの主なユーティリティ

  • 各種決済
  • ガス代の支払い
  • TRON基盤の他のトークンとの交換
  • ICO銘柄の購入
  • ステーキング

サイドチェーンにサポートされている

TRONのエコシステムでは、DAppChain」というサイドチェーンの構築が可能だ。

複数つくることができ、機能的にはそれぞれがほぼ独立した状態となっている。

また各サイドチェーンはTRONのメインチェーンとつながっており、メインチェーンの負荷を抑えつつ、柔軟性や拡張性に優れたエコシステムの実現に寄与している。

TRONのサイドチェーン
出典:Tron.Network

TRXの値動き

ここでTRXの値動きを確認しておこう。

リアルタイムの値動き

まず、リアルタイムの値動きは以下のチャートのとおりだ。

2024年6月までの値動き

次にTRX/USDチャートで、市場へ上場した2017年9月から、本記事執筆時までの値動きを振り返っていこう。

TRONのチャート
出典:TradingView

TRXは2017年の市場上場直後に、いわゆるビットコインバブル」の影響で大暴騰した。

その後は6年以上にわたり、ビットコインバブル時に付けた高値を更新できていない

ただビットコインバブルでの急騰というイレギュラーを除けば、これまで堅調な値動きを見せている

このまま順調に推移していけば、いずれは史上最高値を更新する日が来るかもしれない。

BITPOINT公式サイトはこちら

将来性に関わる注目ポイント

続いて以下の2つの要素から、TRONおよびTRXの将来性を考察してみよう。

今後に関わる注目要素

  • 大きな市場シェアを獲得している
  • 市場全体の動向にも注目

大きな市場シェアを獲得している

2017年に生まれたTRONは、プラットフォーム型のブロックチェーンの中では古参に当たる。

その先行者利益もあってTRONは、プラットフォーム型の中でトップクラスの市場シェアを獲得している。

ここで、市場シェアを測る要素の1つとして「DeFiのTVL(預かり資産)」を見てみよう。

プラットフォーム型のブロックチェーン275種でTVLを見比べると、TRONはイーサリアムに次ぐ2番目の規模*を誇っている。*2024年6月7日時点、DeFi Llama調べ

TRONのTVL
出典:DeFi Llama

こうした実需面の優位性は、今後も中長期的にTRXの価格推移を下支えしてくれるだろう。

市場全体の動向にも注目

2024年6月時点でTRXは、時価総額ランキングにて16位につけており、メジャーな銘柄の1つに数えられている。

またメジャーな存在であることも作用して、TRXの価格推移は、仮想通貨市場全体の動向とリンクしやすくなっている。

実際に、市場全体の時価総額の推移TRXの価格推移を見比べてみると、両者に相関関係があることは一目瞭然だ。

市場全体の時価総額の推移
市場全体の時価総額の推移【CoinMarketCap】
TRXの価格推移
TRXの価格推移【TradingView】

したがって市場全体の流れを大まかにでも把握しておくと、TRXの先行きを読みやすくなるだろう。

TRXを買える仮想通貨取引所

2024年6月時点でTRXは、以下の国内7社に上場している。

TRXを扱う国内取引所*

またこれらの中でも、TRXを取引する上でのイチオシはBITPOINTだ。

出典:BITPOINT
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、LTC、BCH、XRP、ETH、BAT、TRX、ADA、JMY、DOT、LNK、DEP、IOST、KLAY、SHIB、MATIC、FLR、GXE、TON、ATOM、TSUGT、OSHI、SOL
【全23種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
無料
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料無料
その他のサービス貸して増やす(レンディング)
自動積立
ステーキング
*2024年5月時点

BITPOINTの特長

  • あたらしい銘柄の取り扱いに積極的
  • SBIグループの傘下企業で安心
  • 仮想通貨の出金手数料が無料
  • 自動積立やレンディングなどのサービスが充実

BITPOINTの取扱銘柄数は2024年6月時点で23種類であり、ラインナップは国内他社にやや見劣りする

しかしTRXを取引する場合には、BITPOINTに以下の優位性がある。

BITPOINTの優位性

  • 現物取引(取引所)の取引手数料が無料
  • TRXをステーキングした場合の利回りが日本一*

*2024年5月28日時点

TRXのステーキング
出典:BITPOINT

無料で口座をつくれるので、TRXへの投資に興味がある方はぜひ、この機会にBITPOINTの利用を検討してみてほしい。

BITPOINT公式サイトはこちら

TRON/TRXに関するQ&A

最後に、TRONおよびTRXに関してよくある質問を3つ紹介しておく。

よくある質問

  • TRONの開発者はだれですか?
  • TRONのSNSアカウントはありますか?
  • TRON基盤のDAppsはどこで確認できますか?

TRONの開発者はだれですか?

TRONは、2017年に中国出身の実業家ジャスティン・サン氏によって開発された。

また現在は、分散型自律組織の「TRON DAO」によって、非中央集権的な開発・運営がなされている。

TRONのSNSアカウントはありますか?

TRONの主なSNSアカウントは、以下のとおり。

アップデートなどの最新情報をいち早くキャッチしたいなら、これらのアカウントをフォローしておこう。

TRON基盤のDAppsはどこで確認できますか?

TRON基盤のDAppsは、データアグリゲーターのDAppRadarで確認することができる。

TRON基盤のDApps
出典:DappRadar

TRON/TRXとは?まとめ

今回はTRONおよびTRXについて、その特徴や将来性などを解説した。

この記事のまとめ

  • TRONはプラットフォーム型のパブリックブロックチェーン
  • サイドチェーンを持ち、柔軟性・拡張性に優れている
  • 用途は限定されていないが、特にエンタメ分野に強い
  • DeFi分野でも、イーサリアムに次ぐ市場シェアを誇る

TRONは、2017年にローンチされた古参のブロックチェーンプラットフォームだ。

イーサリアムには及ばないものの、ブロックチェーンプラットフォームの中では上位の市場シェアを獲得している。

またその地位は、今後もそう簡単に揺らぐことはないだろう。

本記事をとおしてTRONに魅力を感じた方は、ぜひBITPOINTなどをとおして、TRXへの投資にトライしてみてほしい。

BITPOINT公式サイトはこちら

-国内上場の仮想通貨
-, ,

Crypto Marker