本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

国内上場の仮想通貨

Zilliqaのネイティブトークン「ZIL」とは?特徴や将来性を解説

2017年頃の多くのブロックチェーンは、需要過多によって処理の遅延や手数料の高騰が起こる「スケーラビリティ問題」に悩まされていた。

その問題を解消するために、世界で初めて「シャーディング」という技術を採用したのが、今回取り上げるZilliqa(ジリカ)だ。

本記事ではそのZilliqaとネイティブトークンの「ZIL」について、主な特徴や将来性などを解説していく。

この記事からわかること

  • Zilliqa/ZILの基本情報
  • Zilliqa/ZILの5つの特徴
  • ZILのこれまでの値動き
  • Zilliqa/ZILの将来性
  • ZILを買える仮想通貨取引所

2022年11月にZILは、OKCoin Japanから国内市場への初上場を果たした。

またOKcoin Japanでは、単にZILの取引ができるだけでなく、ステーキングで稼ぐことも可能だ。

ZILへの投資に興味がある方は、ぜひこの機会にOKCoin Japanのこともチェックしてみてほしい。

出典:OKCoin Japan

OKcoin Japanの特長

  • 取扱銘柄数が国内でトップクラス
  • マーケットの流動性が高く、安定した取引が可能
  • 積立やステーキングなど、サービスが充実している

OKCoin Japan公式サイトはこちら

Zilliqa/ZILとは?

Zilliqaのトップ画面
出典:Zilliqa公式サイト
通貨の名称ZIL
ティッカーシンボル・通貨単位ZIL
ローンチ時期2017年
価格*0.02ドル/ZIL
時価総額ランキング*110位
取り扱いのある国内取引所*OKCoin Japan
Binance Japan
サイトURLhttps://www.zilliqa.com
*2023年11月25日時点

Zilliqa(ジリカ)は、スケーラビリティ問題の解消を主たる目的とし、シンガポール国立大学のPrateek Saxena氏らの手によって開発されたブロックチェーンプラットフォームだ。

後ほど詳しく紹介するが、Zilliqaは世界で初めて「シャーディング」という技術を導入することで、スケーラビリティ問題の解消に成功した。

スケーラビリティ問題とは?

ブロックチェーンにおける「スケーラビリティ問題」とは、利用者からの需要過多に起因して、トランザクションの処理の遅延や手数料の高騰が起きる問題のこと。

Zilliqaのネイティブトークンは「ZIL」と言い、Zilliqaエコシステムにおいてガス代の支払いやステーキングなど、多くの役割を与えられている。

またZILは、2022年11月にOKCoin Japanから、国内市場への初上場を果たしている。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

Zilliqa/ZILの特徴

さてZilliqaおよびZILは、次のような特徴を有している。

主な特徴

  • DAppsや独自通貨などを開発できるプラットフォーム
  • シャーディングを世界初導入
  • 独自のスマートコントラクト言語を用いている
  • ZILをステーキングできる
  • ステーキングだけでなくマイニングも可能

DAppsや独自通貨などを開発できるプラットフォーム

Zilliqaは、イーサリアムチェーンやSolanaチェーンなどと同じく、DApps(分散型アプリ)や独自通貨、NFTの開発基盤としての機能を持つブロックチェーンプラットフォームだ。

DAppsのジャンルは限定されておらず、DeFi(分散型金融)プロトコルやNFTゲームなど、あらゆるコンテンツがZilliqaのエコシステムで稼働している。

そのコンテンツの数は、2023年11月末時点で120種類を超えている。

Zilliqaのエコシステム
出典:Zilliqa公式サイト

シャーディングを世界初導入

前述のとおりZilliqaは、世界で初めて「シャーディング」が導入されたブロックチェーンだ。

またシャーディングは、トランザクションを並列処理し、ブロックチェーンにおける処理負荷を分散する技術である。

従来のブロックチェーンは1本の鎖のような形状をしており、それ故に需要過多になると、処理が滞る傾向があった。

一方でシャーディングを取り入れたZilliqaでは、「シャードチェーン」というサイドチェーンを複数用いて、トランザクションの並列処理ができる

その結果、トランザクションを高速で処理することができ、利用コストも安く抑えられている。

Zilliqa公式サイトの情報によると、理論上Zilliqaの各種ガス代(ネットワーク手数料)は、イーサリアムチェーンの1/60から1/227に抑えられるとのことだ。

Zilliqaのガス代
出典:Zilliqa公式サイト

独自のスマートコントラクト言語を用いている

Zilliqaは、スマートコントラクトを作成するための言語として、独自のプログラミング言語「Scilla」を採用している。

Scillaは、バグを抑えてプログラミングができる点や、セキュリティリスクを軽減できる点を強みとしている。

Zilliqaのスマートコントラクト言語
出典:Zilliqa公式サイト

また独自の言語ではあるが、公式サイトにて使い方のレッスンを受けられるようになっており、エンジニアに負荷をかけない工夫がなされている。

Scillaの学習プログラム
出典:Zilliqa公式サイト

ZILをステーキングできる

ZilliqaのネイティブトークンZILは、ステーキングが可能だ。

ステーキングの方法は、大きく分けて以下の2通りがある。

ステーキングのパターン

  • DeFiプラットフォームでステーキングする
  • 仮想通貨取引所のステーキングサービスを利用する

DeFiプラットフォーム(Zillion)におけるZILのステーキング利回りは、本記事執筆時点(2023年11月下旬)で、年利13.07%となっている。

Zilliqaのステーキング
出典:Zilliqa公式サイト

一方で仮想通貨取引所のステーキングサービスの場合、例えばOKCoin Japanだと、中間マージンを取られるため、最高でも年利11%弱*となる。*2023年11月25日時点

OKCoin Japanでのステーキング
出典:OKCoin Japan

ただし仮想通貨取引所のステーキングサービスは、対象の仮想通貨を外部に持ち出す必要がなく、送金コストもいらないという利点がある。

もしもZILをステーキングするなら、DeFiと仮想通貨取引所それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、自分に合うものを選ぼう。

ステーキングだけでなくマイニングも可能

Zilliqaでのマイニング
出典:Zilliqa公式サイト

Zilliqaは、PBFT (practical Byzantine Fault Tolerance)PoW(プルーフ・オブ・ワーク)というアルゴリズムを組み合わせて使うことで、ネットワークの安全を保っている。

ビットコインなどと同じくPoWを用いているということは、それを維持する仕組みとして「マイニング」を必要とするということだ。

Zilliqaのネットワーク参加者は、自身の演算機器でZilliqaのネットワークの保全に貢献することにより、マイニング報酬としてZILを獲得することができる。

ZILのこれまでの値動き

ここでZILのこれまでの値動きを紹介しておこう。

2022年末までの値動き

まずはZIL/USD(米ドル)チャートで、2019年1月から2022年末までの3年間の値動きを紹介する。

ZILのチャート1
出典:TradingView

チャートを見てわかるとおりZILは、2020年末頃から大きく高騰した。

この高騰のタイミングは、新型コロナの感染が拡大する時期と重なる。

新型コロナの感染が広まると、各国政府は経済活動を支えるために、大規模な金融緩和政策を敢行した。

すると、投資に回せるだけの余剰資金が生まれ、ZILのみならず仮想通貨市場全体が潤うこととなった。

ところが、新型コロナおよび金融緩和に起因する高騰はバブルのようなものであり、新型コロナが終息して各国の金融政策が転換されると、その動きに沿うようにZILからも資金が流れ出ていった。

2022年末には、バブルが起きる前とほぼ変わらない水準まで価格が下がっている。

2023年の値動き

次に、2023年に入ってから本記事執筆時点(2023年11月下旬)までの値動きもおさらいしておこう。

ZILのチャート2
出典:TradingView

2023年のZILは、前半こそ堅調に推移していたが、4月中旬をピークに下落に転じてしまった。

ただ、1月始値付近の価格帯で買い支えられ、10月以降は再び上昇に転じている。

また、今後のさらなる復調に期待するなら、今のZILは割安な価格水準にあると言えるだろう。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

Zilliqa/ZILの将来性に関わるポイント

続いて以下の3つの要素から、ZilliqaおよびZILの将来性を考察してみよう。

将来性に関わる注目要素

  • メタバースプロジェクトを進めている
  • ファンドなどをとおして有望なプロジェクトを支援している
  • 競合プラットフォームとの位置関係の変化に注目

メタバースプロジェクトを進めている

2022年4月にZilliqaは、Zilliqaを基盤として独自のメタバース「Metapolis(メタポリス)」が開発中であることを発表した。

メタバースの市場は成長著しく、Metapolisが人気を集めれば、その需要がZilliqa エコシステムやZILにもポジティブな影響を与えることになるはずだ。

ファンドなどをとおして有望なプロジェクトを支援している

Zilliqa は、以下の3つの手段をとおして、有望なプロジェクトを金銭的に支援している。

資金調達のオプション

Zilliqaのファンド
出典:Zilliqa公式サイト
  • Zilhive金銭面のみならず、技術面なども含めて総合的にサポートするプラットフォーム
  • Zilliqa CapitalDeFiソリューションに投資するベンチャーキャピタル
  • Creator FundNFTやメタバースのイノベーションに対する投資ファンド

実際にこれまでZilliqa エコシステム内に限らず、29カ国で123種類以上ものプロジェクトが、Zilliqaの資金提供を受けてきている。

Zilliqaのファンドを利用したプロジェクト
出典:Zilliqa公式サイト

金銭的に有利なZilliqaの開発環境は、今後も優れたプロジェクトを呼び込むだろう。

競合プラットフォームとの位置関係の変化に注目

前述のとおりZilliqaは、2017年に世界ではじめてシャーディングを採用し、スケーラビリティの向上を実現した。

ただ最近では、シャーディングはもはや珍しい技術ではなくなり、またスケーラビリティ向上のためのソリューションは他にも数多くのものが登場してきている。

つまり、今のZilliqaに特段の優位性はないのだ。

Zilliqaと同等、もしくはより高性能なブロックチェーンプラットフォームが数多くなる中で、中長期的にZilliqaが需要を維持し続けられるのか要注目だ。

ZILを買える仮想通貨取引所

本記事執筆時点(2023年11月下旬)でZilliqaは、国内だとOKCoin JapanとBinance Japanの2社に上場している。

どちらも一長一短があるのだが、ZILへの投資に限って言えば、OKCoin Japanの利用をおすすめしたい。

OKCoin Japan
出典:OKCoin Japan
取引の種類現物取引(販売所)
現物取引(取引所)
取扱銘柄*BTC、ETH、ADA、APE、APT、ARB、ASTR、AVAX、BAT、BCH、DAI、DEP、DOGE、DOT、EFI、ENJ、ETC、FIL、FNCT、IOST、KYAY、LSK、LTC、MASK、MATIC、MKR、OAS、OKB、PLT、QTUM、SAND、SHIB、SOL、SUI、TRX、XLM、XRP、XTZ、ZIL
【全39種類】
取引コスト
(BTC/JPYの場合)
現物取引(販売所)
⇒ 無料、スプレッドあり
現物取引(取引所)
⇒ Maker ~0.07%、Taker ~0.14%
仮想通貨の入金手数料無料、ガス代は自己負担
仮想通貨の出金手数料銘柄ごとで異なる
その他のサービスステーキング
Flash Deals
積立
API
*2024年4月時点

OKCoin Japanの特長

  • 取扱銘柄数が国内でトップクラス
  • マーケットの流動性が高く、安定した取引が可能
  • 積立やステーキングなど、サービスが充実している

OKCoin Japanは、グローバルに仮想通貨取引のサービスを展開しているOKグループ傘下の国内取引所だ。

そうした背景からOKCoin Japanでは、高い流動性のもとで、安定した取引ができるようになっている。

取扱銘柄数は、国内トップクラスの30種類以上もの銘柄が揃う。

また先ほど少し紹介したようにOKCoin Japanでは、Binance Japanと違って、ZILのステーキングサービスを提供している。

OKCoin JapanでZILをステーキングすれば、ほとんど手間いらずでインカムゲインを受け取れる。

ZILへの投資に興味がある方は、ぜひこの機会にOKCoin Japanの利用を検討してみてはいかがだろうか。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

Zilliqa/ZILに関するよくある質問

それでは最後に、ZilliqaおよびZILに関してよくある質問を3つ、紹介しておく。

よくある質問

  • ZilliqaにはどのようなDAppsがありますか?
  • ZilliqaおよびZILに対応したウォレットを教えてください。
  • Zilliqaの公式SNSアカウントはありますか?

ZilliqaにはどのようなDAppsがありますか?

前述のとおりZilliqaのエコシステムには、DeFiプロトコルやNFTゲームなど、多種多様なDAppsがある。

詳しくは以下のリンクから、ご自身でチェックしてみてほしい。

ZilliqaおよびZILに対応したウォレットを教えてください。

ZilliqaとZILに対応しているウォレットは数多くあるが、その中でももっともメジャーなのは「トラストウォレット」だろう。

トラストウォレットは、Zilliqaだけでなくイーサリアムチェーンやビットコインチェーンなどにも対応していて、非常に汎用性が高い。

Trust: Crypto & Bitcoin Wallet

Trust: Crypto & Bitcoin Wallet

SIX DAYS LLC無料posted withアプリーチ

なお、トラストウォレット以外の対応ウォレットも知りたい方は、次のリンクをチェックしてみるとよいだろう。

Zilliqaの公式SNSアカウントはありますか?

Zilliqaの主要なSNSアカウントは、以下のようなものがある。

Zilliqa/ZILとは?まとめ

今回はブロックチェーンプラットフォームの「Zilliqa」と、そのネイティブトークン「ZIL」について、主な特徴や将来性などを紹介した。

この記事のまとめ

  • Zilliqaは、2017年にローンチされたシンガポール発のブロックチェーン
  • シャーディングの採用によって、スケーラビリティの向上に成功した
  • ZILのホルダーは、ステーキングで稼ぐこともできる
  • ZILに投資するなら、ステーキングサービスもあるOKCoin Japanがおすすめ

Zilliqaは、DAppsやNFTなどの開発基盤となっているブロックチェーンプラットフォームだ。

シャーディングというスケーリングソリューションによって、ユーザーに対し、高速・低コストで利用できる環境を提供している。

本記事をとおしてZilliqaに興味を持った方は、OKCoin JapanをとおしてZILへの投資にトライしてみてはいかがだろうか。

OKCoin Japan公式サイトはこちら

-国内上場の仮想通貨
-, , , ,

Crypto Marker