本サイトでは、各記事内にプロモーションが含まれています。

海外取引所

Bybitは日本人でも使える?日本人利用に関する現状と将来の見通しを解説

豊富な銘柄ラインナップとサービスで人気を集める海外取引所「Bybit(バイビット)」。

そんなBybitを使ってみたいと思いつつも、そもそも日本人がBybitを使えるのかわからないという方もいるだろう。

結論から言うと現状Bybitは、日本人でも問題なく使うことができる

また問題なく使えるどころか、日本語表記に対応するなど、むしろ日本人の利用を積極的に受け入れている。

本記事ではそんなBybitについて、日本人利用に関わる具体的な情報や将来の見通し、日本人が利用したときに享受できるメリットなどを解説していく。

特に海外取引所の口座選びで迷っている方は、今後の参考にしてもらいたい。

この記事からわかること

  • 日本人利用に関するBybitの現況
  • 日本人利用に関するBybitの今後の見通し
  • 日本人がBybitを利用するメリット
  • Bybitを利用する際の注意点
出典:Bybit

Bybitの特長

  • 1,000種類以上の仮想通貨を取引できる
  • 100倍125倍までレバレッジをかけられる
  • 取引手数料がリーズナブル
  • 日本語表記に完全対応
  • デリバティブ取引の種類が豊富

Bybit公式サイトはこちら

Bybitの特徴や口座開設方法はこちら▷

Bybitは日本人でも使える?

冒頭にも述べたとおり、本記事執筆時点(2024年1月)でBybitは、日本人でも何ら問題なく使用することができる

ただし、海外取引所であるBybitが日本人に対してサービスを提供するのは、日本の法律(資金決済法)に違反する行為だということを知っておくべきだろう。

資金決済法だと仮想通貨取引所は、法に基づいた事業者登録をしてからでないと、日本人向けにそのサービスを提供してはならないと定められている。

資金決済法63条の2

〔暗号資産交換業者の登録〕

暗号資産交換業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ、行ってはならない。

ところがBybitは、日本での事業者登録をおこなわず、上記の法律を無視して日本人に対するサービスを展開している。

ちなみにBybit自体は日本の法律上で違法状態にあるが、違法状態のBybitを使う日本人ユーザーに対し、法的ペナルティが科されることはないので、その点については安心してほしい。

ただもしもBybitを利用するなら、自身に直接的な影響がなくとも、Bybitが日本で違法状態にあることは”潜在的なリスクの1つ”として覚えておきたいところだ。

日本から撤退する可能性はある?

日本の規制当局も、Bybitのような事業者登録をしない海外取引所(無登録業者という)をただ傍観しているわけではなく、これまで再三に渡って警告を発している。

その結果、日本から撤退していった海外取引所もいくつかある。

また例えば業界最大手のBinanceは、違法状態だったグローバル版のサービスを撤退させる代わりに、正規の手続きを踏んで日本法人の「Binance Japan」を立ち上げた。

そうした事例のように、Bybitが将来的に日本から撤退したり、日本での事業の在り方を変えたりする可能性があるのかを考察してみよう。

結論から先に述べると現時点では、Bybitが日本から撤退する可能性は低いと言える。

なぜなら、Bybitがそのように公言しているからだ。

以下、Bybitの公式プレスから、該当部分を引用した。

Bybitが日本撤退する可能性は低い

Bybitは金融庁から警告を受けていますが、現時点で日本から撤退する可能性は極めて低いです。

Bybitは日本人向けのサービスに力を入れています。

日本語版の公式サイトはもちろん、スマホアプリも日本語に対応していますし、サポートも日本語で回答してくれるため、翻訳ツールを使う必要がありません。

また、Bybitでは日本人を対象にしたキャンペーンを何度も開催しています。

直近でBybitが日本から撤退する可能性はゼロに近いです。

出典:【Bybit公式サイト】Bybit(バイビット)は日本人利用を禁止していない!金融庁との関係や違法性を解説

このように「違法状態をこれからも続けます」と公言するのはいかがなものかとも思う。

しかし、正直なところ多くの日本人ユーザーは、グローバル水準のサービスを継続して提供してもらえて、非常にありがたいと感じていることだろう。

Bybitを利用するメリットは?

さてここまでの解説で、Bybitは日本人でも問題なく使える海外取引所の1つだということを理解してもらえただろう。

そこで続いては、Bybitを使うとどういったメリットを享受できるのかを知っておこう。

さまざまなメリットがあるが、日本人投資家にとって特に大きなメリットは以下の3つだ。

主たる3つのメリット

  • 取扱銘柄数が国内取引所と比べるとケタ違い
  • どの銘柄も割安な手数料で取引可能
  • 国内取引所にはないサービスを使える

取扱銘柄数が国内取引所と比べるとケタ違い

日本の仮想通貨取引所は、もっとも取扱銘柄数が多い「Binance Japan」でも、その数が50種類に及ばない*。*2024年1月時点

一方で、Bybitの取扱銘柄数は1,000種類を超えており*、国内取引所と比べものにならないほどの多くの銘柄に触れることができる。*2024年1月時点

Bybitの取扱銘柄数
出典:Bybit

どの銘柄も割安な手数料で取引可能

Bybitの現物取引における取引形式は、ユーザー同士で取引できる「取引所」がメインとなっている。

また「取引所」は手数料がリーズナブルであることが魅力の1つであり、Bybitの場合は0.1%以下の手数料で取引を楽しめる。

国内各社の現物取引(取引所)のサービスと比べたときに、手数料だけを見ると両者に大差はない。

しかしBybitなら、国内取引所と違って、1,000種類を超えるさまざまな仮想通貨を割安な手数料で取引することが可能だ。

国内取引所にはないサービスを使える

Bybitでは、現物取引以外にも以下のような多種多様なサービスが揃っている。

Bybitの代表的なサービス

  • 現物取引(取引所)
  • ワンクリック購入
  • マージン取引
  • レバレッジトークン
  • 取引ボット
  • 先物取引
  • コピートレード
  • デモ取引
  • ステーキング
  • レンディング
  • 暗号資産ローン

これらのサービスの中には、国内取引所では提供されていないものも多く含まれている。

また、こうしたサービスを有効活用できれば、より効率よく資産を増やしていくことができるはずだ。

ちなみに各サービスの概要は、以下の記事で1つ1つ解説している。

興味がある方はぜひ覗いてみてほしい。

Bybitを利用する際の注意点

それでは最後に、Bybitを利用する際に注意すべきポイントを3つ、紹介しておく。

注意すべきポイント

  • 日本円を口座に直接入金することはできない
  • 取扱銘柄が玉石混合
  • ハイリスクな商品も多く扱っている

日本円を口座に直接入金することはできない

海外取引所であるBybitは、国内取引所にあるような、日本円を口座に直接入金する機能は存在しない

そのため取引をおこなう際は、国内取引所を併用し、以下のような手順を踏むことが基本となる。

利用時の基本の流れ

  • 国内取引所で、元手となる仮想通貨(ビットコインなど)を購入
  • 国内取引所からBybitへ、元手の通貨を送金
  • 用意した仮想通貨を、Bybitでステーブルコインに換金
  • ステーブルコインを使って、Bybitでさまざまな銘柄を取引

なお、「ワンクリック購入(クレカ決済、電子マネー決済)」を使えば、Bybitでも円建てで仮想通貨を買うことはできる。

ワンクリック購入
出典:Bybit

しかしワンクリック購入は、便利な一方で、割高な利用コストがかかってしまう

そのため特段の事情がある場合を除き、利用はあまりおすすめしない。

取扱銘柄が玉石混合

前述のとおりBybitでは、1,000種類以上の仮想通貨が用意されている。

しかしそれらの銘柄の中には、将来性に乏しいものや詐欺まがいのものも混じっている。

そのためBybitで、特にマイナー銘柄への投資にトライする際には、ユーザーが自身の責任の下で投資対象を厳しく精査・ピックアップしなければならない。

ハイリスクな商品も多く扱っている

国内取引所のレバレッジ取引のサービスは、消費者保護の観点から、レバレッジ倍率が最大で2倍までに抑えられている。

一方でBybitのレバレッジ取引(先物取引)では、最大で125倍までのレバレッジをかけられる。

Bybitのレバレッジ倍率
出典:Bybit

その他にもBybitには、大きなリターンを狙えるものの、高いリスクを課せられる金融商品がいくつかある。

したがって利用の際には、国内取引所の金融商品を利用するとき以上に、それぞれの商品のリスク・リターンを理解し、自分に合ったものをよく吟味する必要がある。

まとめ:Bybitは日本人でも問題なく使える!

今回はBybitの日本人利用に関する情報や、Bybitを利用するメリットなどを解説した。

この記事のまとめ

  • Bybitは、日本人でも使うことができる海外取引所
  • 今のところ、Bybitが日本から撤退する可能性は低い
  • Bybitを使えば、1,000種類以上の銘柄割安な手数料で取引できる
  • 多彩なサービスを有効活用すれば、より効率的に資産を運用できる

海外取引所のBybitは、日本の法律を無視した状態にある。

しかしユーザー側からすると、Bybitが違法状態だろうと、法的に何ら問題なくサービスを利用することができる

より多くの銘柄への投資にトライしてみたい方は、ぜひこの機会にBybitの利用を検討してみてはいかがだろうか。

Bybit公式サイトはこちら

-海外取引所
-, ,

Crypto Marker